RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_large-2021-United-States-Grand-Prix-Thursday_e66176e0a7a270a-660x440.jpg
Oct
25
 2021年F1第17戦アメリカGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは11位、キミ・ライコネンは13位でレースを終えた。 ■アルファロメオ・レーシング・オーレン アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=11位 . 2021年F1第17戦アメリカGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)...
asimg_GP2117_194019_54I6179_706176e2a4bdfa4-660x440.jpg
Oct
25
 2021年F1第17戦アメリカGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのランス・ストロールは12位でレースを終えた。 ■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム ランス・ストロール 決勝=12位  僕たちの週末ではなかったね。昨日の予選ではイエローフラッグの影響を受けたし、今日は最初のラップのターン1で衝突されたんだ。この接触で僕は後方に下がってしまい、フロントウイングに大きなダメージを負ってしまった。そのせいでパフォーマンスにも影響が出たが、それでも順位を上げるためになんとか戦ったよ。  それでも結局のところポイントには少しのところで届かなかった。これは忘れるべきレースだ。僕たちは前進して、メキシコでは強くなって戻ってくるよ。...
asimg_XPB_1116402_1200px-1_d86176e46eb5d58-660x440.jpg
Oct
25
 2021年F1第17戦アメリカGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは14位、ニコラス・ラティフィは15位でレースを終えた。 ■ウイリアムズ・レーシング ジョージ・ラッセル 決勝=14位 . 2021年F1第17戦アメリカGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)  今日は楽しめたけれど、今週末はポイントを獲得できる順位に挑戦できるペースがなかった。僕はいいスタートを切って、20番グリッドから14番手まで順位を上げた。そしてフェルナンド(・アロンソ)とセバスチャン(・ベッテル)を後ろに抑えておくのに苦戦したんだ。...
asimg_1018867939-LAT-20211023-GP2117_183329_ONY9112-213_b36176e718cfe22-660x440.jpg
Oct
25
 2021年F1第17戦アメリカGPの決勝レースが行われ、ハースのミック・シューマッハーは16位、ニキータ・マゼピンは17位でレースを終えた。 ■ウラルカリ・ハースF1チーム ミック・シューマッハー 決勝=16位 . 2021年F1第17戦アメリカGP ミック・シューマッハー(ハース)...
asimg_XPB_1116759_1200px_be6176ea4407c6f-660x439.jpg
Oct
25
 2021年F1第17戦アメリカGPの決勝レースが行われ、アルピーヌのフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンはリタイアでレースを終えた。 ■アルピーヌF1チーム フェルナンド・アロンソ 決勝=リタイア . 2021年F1第17戦アメリカGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)...
asimg_WEC_2021_R3_001_2d61769d52de4b4-660x440.jpg
Oct
25
 WEC世界耐久選手権に参戦しているTOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、4年連続でル・マン24時間レースを制した後、約2カ月のインターバルを挟んで行われる2021年シーズン終盤の“バーレーン2連戦”に臨む。小林可夢偉組の7号車と中嶋一貴組8号車、2台のトヨタGR010ハイブリッドでハイパーカークラスに出場する同チームは、第5戦でのチームタイトル獲得、ならびに最終戦でのドライバーズタイトル獲得を目指して戦っていく。  全6戦で争われることになった今季のWECは、8月21~22日に開催された第4戦ル・マンののち、約2カ月のインターバルを置いて戦いの舞台を中東バーレーンへと移す。この間、本来であれば日本の富士スピードウェイで6時間レースが開催されるはずだったが、残念ながら新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となっている。...
lucid-air-deliveries.jpeg
Oct
25
Filed under: .,.,.,.,.,....
asimg_m02_3b6176b15730d39-660x440.jpg
Oct
25
 10月25日、マカオグランプリ組織委員会は、2021年の第68回マカオグランプリについて、11月19〜21日に開催すると発表した。ただ新型コロナウイルス感染拡大の影響が残り、2020年に続いてメインレースは中国F4が務めることになる。  マカオ市街地のギア・サーキットを舞台に争われる伝統のマカオグランプリは、2021年に第68回を迎える。メインレースは長年F3規定で争われており、そのウイナーは多くがF1ドライバーに巣立ってきた。日本からも全日本F3選手権のトップランカーが挑んでおり、日欧のF3対決が大きな見どころとなっていた。  ただ、FIA国際自動車連盟によるフォーミュラ再編の影響もあり、2019年はFIA-F3車両で争われ、さらに2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で国外からのドライバー、チームの入国が叶わず、中国F4をメインレースとして開催した。  2021年に向けては、GT3カーで争われてきたFIA...