RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

8e9b8440-f1fc-11e9-9dfd-43c59ef88206
Oct
19
Filed under: .,.,. A decade ago, high labor costs helped drag a bloated and...
5d95f75d2e50cc6f96e7dfd9_o_U_v1.png
Oct
19
Filed under: .,.,. Spiderman-like net stops speeding cars. ArrestNet by Pacsci EMC is...
Oct
19
 MotoGP第16戦日本GPの予選を終え、姿を現した中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)の表情は前日よりも明るいものになっていた。レースへの出場について悩むほど、怪我がもたらすフィジカルコンディションとその影響によるパフォーマンスの低下に苦しんだ前日から一転。中上は前向きな決断を下した。  日本GPの予選日は、ツインリンクもてぎに朝から雨が降り注いだ。午前中に行われたフリー走行3回目では、フルウエット。水しぶきを上げながらの走行になった。決勝日にはドライコンディションが予想されているだけに、常ならばこうした合間の雨という状況は歓迎されるものではない。  そう、通常ならば。右肩に怪我を抱えている中上にとっては、今回ばかりはこの雨がいい方向に作用した。中上の「今日は“運よく”ウエットで走行ができた」という言葉が状況を物語る。中上は初日を終えて、自身のフィジカル面とパフォーマンスの状況を考え「自分のなかでレースをするべきなのか、というところまで悩んでいる」とまで語っていたのだ。右肩に怪我を負った中上の腕にはしびれが出て痛みもひどかったと言い、バイクを支えることができなかった。...
IMG_9944a-660x440.jpg
Oct
19
 MotoGP第16戦日本GPの予選がツインリンクもてぎで行われ、MotoGPクラスでフロントロウを獲得したマルク・マルケス、フランコ・モルビデリ、ファビオ・クアルタラロが会見に登場し、予選を振り返った。 ■マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム(予選ポールポジション) . マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム) 「予選ではトラックがミックスコンディションで、2コーナーだけ少し濡れていたけどほぼドライだった」 「もてぎでポールポジションをはじめて獲得することができたからとても嬉しいよ。そしてBMW・M・アワードも獲得できたからね」...
T1_0624a-660x440.jpg
Oct
19
 MotoGP第16戦日本GP MotoGPクラスの予選がツインリンクもてぎで行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がもてぎで、同クラスとしては初めてポールポジションを獲得した。負傷をおして出場している中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は、13番グリッドを獲得している。  MotoGPクラスのフリー走行3回目は雨による路面状況の悪化により、セッションのスタートがディレイ。定刻よりも10分ほど遅れて始まった。気温17度、路面温度20度で、フルウエットの路面コンディション。  セッション序盤はマルケスがトップタイムをマーク。マルケスはラップごとにタイムを更新し、トップをキープする。ここにドゥカティ・チームのダニロ・ペトルッチとアンドレア・ドヴィツィオーゾが続き、前日の初日で上位につけたヤマハ勢はトップ5に食い込めずにいたが、セッション開始20分を過ぎて、マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が3番手に浮上した。...
Oct
19
 MotoGP第16戦日本GP MotoGPクラスの予選が栃木県のツインリンクもてぎで行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がポールポジションを獲得した。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は13番手だった。 ■MotoGP第16戦日本GP MotoGPクラス予選順位結果 天候:曇り 路面:ハーフウエット Pos. No. Rider Team Motorcycle session Time
1​
93​
M.マルケス レプソル・ホンダ・チーム ホンダ
Q2​
1’45.763​
2​
21​
F.モルビデリ ペトロナス・ヤマハSRT ヤマハ
Q2​
1’45.895​
3​
20​
...
Oct
18
 10月19日、MotoGP第16戦日本GP Moto2クラスの予選が栃木県のツインリンクもてぎで行われ、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)がポールポジションを獲得した。  13時30分から15分間で行われたMoto2予選Q1は、天候は曇り、路面はウエットでスタート。FP3までの総合結果で15番手以下の18名が走行する。  セッション開始とともにドミニク・エガーター(MV Agusta Temporary Forward)以外の全ライダーがコースイン。エガーターはセッションが2分半を過ぎたあたりで遅れてコースインしていった。  5分が経過しようとした時に9コーナーでジェイク・ディクソン(Gaviota Angel Nieto Team)がスリップダウン。そして、その時点ではソムキャット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia)がトップタイムだった。  ウエットのなか各マシンがタイムを更新し、10分が経過した時点ではホルヘ・ナバーロ(Beta Tools Speed Up)が首位にたち、レミー・ガードナー(ONEXOX...
Oct
18
 MotoGP第16戦日本GP Moto2クラスの予選がツインリンクもてぎで行われ、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)がポールポジションを獲得した。長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)は16番手だった。 ■MotoGP第16戦日本GP Moto2クラス予選順位結果 天候:曇り 路面:ウエット Pos. No. Rider Team Motorcycle session Time
1​
10​
L.マリーニ SKY Racing Team VR46 カレックス
Q2​
2’00.985​
2​
40​
A.フェルナンデス FLEXBOX HP 40 カレックス
Q2​
2’02.133​
3​
...
Oct
18
 10月19日、MotoGP第16戦日本GP Moto3クラスの予選が栃木県のツインリンクもてぎで行われ、ニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)がポールポジションを獲得した。  15分間で行われたMoto3予選Q1は、セッション開始直前に雨がやんだが、ウエットコンディションでスタート。FP3までの総合結果で15番手以下の16名が走行する。  Q1スタートの日本人ライダーは山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)、真崎一輝(BOE Skull Rider Mugen Race)のふたり。長谷川聖(Team Anija Club Y’s)は3回行われたフリー走行で107%ルールのタイムを満たすことができず出走できなかった。  セッション開始とともにほとんどのライダーがコースイン。山中が3周目に2分11秒776で上位につけ、真崎は2分13秒649と伸びず。  8分が過ぎたところ、10コーナーでマカー・ユルチェンコ(BOE Skull Rider Mugen Race)が転倒を喫す。終盤にはジャウマ・マシア(Mugen...
P90371724_highRes_valencia-esp-16th-oc-660x440.jpg
Oct
18
 2019/20年のABBフォーミュラE選手権は10月18日、公式プレシーズンテスト最終日を迎え、マキシミリアン・ギュンター(BMW i アンドレッティ・モータースポーツ)が計4日間のテストで最速となる1分15秒087を記録した。  シーズン6のフォーミュラEにはポルシェとメルセデスがワークス参戦を開始し、シリーズ史上最多の12チーム、24台が揃う。  スペインのバレンシア・サーキットで行われたプレシーズンテストは10月15〜18日の4日間の日程で行われたが、17日の走行はなし。1日に午前、午後の2セッションが行われたため、3日間の走行で計6セッションが行われた。  休息日を挟んで迎えたテスト最終日もドライコンディションのなか走行が行われ、午前のセッションではこの日が25歳の誕生日だったパスカル・ウェーレイン(マヒンドラ・レーシング)が1分15秒190を記録。2番手にニコ・ミューラー(ジェオックス・ドラゴン)が1分15秒198、3番手にアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチーター)が1分15秒293で続いた。...
Oct
18
 MotoGP第16戦日本GP Moto3クラスの予選がツインリンクもてぎで行われ、ニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)がポールポジションを獲得した。日本人ライダーとしては、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が3番手に入り母国GPで最前列を確保した。 ■MotoGP第16戦日本GP Moto3クラス予選順位結果 天候:曇り 路面:ウエット Pos. No. Rider Team Motorcycle session Time
1​
23​
N.アントネッリ SIC58 Squadra Corse ホンダ
Q2​
2’09.293​
2​
21​
A.ロペス Estrella Galicia 0,0 ホンダ
Q2​
2’09.379​
...
T1_9112-660x440.jpeg
Oct
18
 MotoGP第16戦日本GPのフリー走行3回目が栃木県のツインリンクもてぎで行われ、ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ・チーム)がトップタイムを記録した。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は15番手だった。  初日はドライコンディションだったが、予選日は雨が降りフリー走行3回目はウエットコンディションでの走行となった。そのため、各ライダーはFP2までのタイムを更新することはなく、初日の2セッションでの総合順位のトップ10ライダーが予選Q2への進出を果たした。  以下、第16戦日本GPフリー走行の3セッションで予選Q2進出を決めた10名。 1:ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT) 2:マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP) 3:マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム) 4:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム) 5:バレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP) 6:フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT) 7:ジャック・ミラー(プラマック・レーシング)...
2764.png
Oct
18
 全国各地に甚大な被害をもたらした台風19号の影響で土曜日のセッションがすべて中止となり、予選、決勝を日曜日に行う1デイレースとなった今年の鈴鹿・日本GP。各ドライバーたちは急に休みになった土曜日をそれぞれの方法で楽しみ、変則的なスケジュールとなった週末を過ごした。ドライバーや関係者のSNSで今年の日本GPを振り返っていこう。 ──────────────────────────────── 鈴鹿入りする前の水曜日、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは栃木で1965年のホンダRA272をドライブ。これまでマックスが乗った最も古いF1マシンは2008年型だったが、それよりも何世代も前のマシンに乗り、「あのクルマにはシートベルトすらついてないんだよ」とカルチャーショックを受けていた。
....​
19R17Ja-all4-RBR100-660x440.jpg
Oct
18
 スクーデリア・トロロッソのチーム代表フランツ・トストは、現在のダニール・クビアトとピエール・ガスリーを2020年も引き続き起用したいと語った。  2019年に向けてトロロッソ・ホンダは、いったんレッドブル傘下を離れたクビアトを呼び戻し、そのチームメイトにはルーキーのアレクサンダー・アルボンを選んだ。  昨年所属していたピエール・ガスリーは、今年レッドブルに昇格したが、シーズン前半戦で期待されたパフォーマンスを発揮することができず、サマーブレイク後にトロロッソに戻り、アルボンが代わってレッドブルに加わった。  2020年、レッドブル・ホンダにマックス・フェルスタッペンが残留することは決まっており、レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、そのチームメイトはアルボンとガスリーのどちらかから選ぶと発言している。日本GP後にレッドブル代表クリスチャン・ホーナーは、アルボンのここまでの仕事には満足していると語り、このままいけば彼を残す可能性が高いと示唆した。...
XPB_1015847_HiRes-660x440.jpg
Oct
18
 元F1世界チャンピオンのデイモン・ヒルは、メルセデスのルイス・ハミルトンはイギリスがこれまでに生み出したもっとも偉大なドライバーであると称賛、しかしその才能にふさわしい評価を受けていないと考えている。  2019年のF1シーズンも残すところあと4戦、ドライバーズ選手権で現在首位のハミルトンはチームメイトで同2位のバルテリ・ボッタスに64ポイント差をつけており、6度目のF1世界チャンピオンを獲得する可能性が高まっている。  F1の伝説的な存在であるミハエル・シューマッハーのタイトル7回獲得に迫るハミルトンは、通算優勝回数に関しても、シューマッハーの91勝という歴史的な記録にあと9勝で追いつく。  別の時代に活躍したドライバー同士を比べることは無意味との考え方もあるものの、1996年のF1世界チャンピオンであり22回のグランプリで優勝経験を持つヒルは、ハミルトンはイギリスから出たベストドライバーだと主張している。...