RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Jun
26
 6月26日、2022年MotoGP第11戦オランダGP Moto2クラスの決勝がオランダのTT・サーキット・アッセンで行われ、アウグスト・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)が優勝を飾った。2位は小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)、3位はジェイク・ディクソン(Inde GASGAS Aspar Team)が続いた。  小椋は4番手から5番手となるが、上位をキープしていた。しかし、2度リヤを滑らせてたことで体勢を崩して9番手、17番手とポジションダウンした。  その後は追い上げていき、前車の転倒などもありレース折り返しの時点で9番手まで挽回。さらにペースを上げてポイントリーダーのセレスティーノ・ビエッティ(Mooney VR46 Racing Team)を仕留めると、7台のトップ集団に追いつく。その勢いのまま残り3周で2番手に浮上すると2位表彰台を獲得した。 ■2022年MotoGP第11戦オランダGP Moto2決勝(24周) 天候:晴れ 路面:ドライ Pos. No. Rider Team...
Jun
26
 6月26日、2022年MotoGP第11戦オランダGP Moto3クラスの決勝がオランダのTT・サーキット・アッセンで行われ、佐々木歩夢(Sterilgarda Husqvarna Max)が優勝を飾った。2位はイサン・グエバラ(GASGAS Aspar Team)、3位はセルジオ・ガルシア(GASGAS Aspar Team)が続いた。  日本勢は4位が鈴木竜生(Leopard Racing)、8位が山中琉聖(MT Helmets – MSI)、10位が鳥羽海渡(CIP Green Power)、21位が古里太陽(Honda Team Asia)となっている。 ■2022年MotoGP第11戦オランダGP Moto3決勝(22周) 天候:晴れ 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle
1​
71​
佐々木歩夢 Sterilgarda Husqvarna Max ハスクバーナ
2​
...
asimg_A72I0116_2c62b81ab29ad84-660x440.jpg
Jun
26
 2022年のフォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ(FRJ)の第2大会(第4戦〜第6戦)が6月25〜26日に岡山国際サーキットで開催され、第4戦は片山義章(Team LeMans F111/3)が制した。第5戦・第6戦は小山美姫(TGR-DC F111/3)が制し、小山はFRJ初優勝とともに2連勝を飾った。  4月2〜3日に行われた開幕富士大会は、澤龍之介(Sutekina Racing/岡山大会不参加)が3戦連続のポール・トゥ・ウインを飾っている。前大会から2カ月以上のインターバルを経て開催された第2大会には全8台が参戦。舞台は片山のホームコースであり、片山が昨年3連勝をマークした岡山国際サーキットのため、今年も片山の好調が予想された。  25日午前に行われた公式予選ではやはり片山が好走を見せ、公式予選1でトップタイムとなる1分27秒391を、また公式予選2でもトップタイムとなる1分26秒980をマーク。さらに第6戦のグリッドが決せられる公式予選1のセカンドベストでも片山がトップとなり、地元でトリプルポールポジションを獲得。...
asimg_8ae7ef28-4dc8-6e84-3663-983b9cb402f5_9762b8054bcce5f-660x440.jpg
Jun
26
 6月26日、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスにドゥカティのマシンで参戦しているグレシーニ・レーシングは、2023年にファビオ・ディ・ジャンアントニオを継続参戦させ、アレックス・マルケスと新たに契約して起用すると発表した。  グレシーニ・レーシングは、アプリリア・レーシングとタッグを組んでいたが、2022年シーズンからドゥカティ・デスモセディチGPにスイッチして参戦している。  今季はディ・ジャンアントニオとエネア・バスティアニーニを走らせているが、2023年はディ・ジャンアントニオのみ継続参戦させる。そして現在LCRホンダ・カストロールに参戦しているアレックス・マルケスと契約を締結した。  アレックス・マルケスは、レプソル・ホンダ・チームに所属しているマルク・マルケスの弟だ。2014年にはMoto3クラス、2019年にMoto2クラスでチャンピオンに輝いた。2020年から3年間はホンダRC213Vを駆っているが、ドゥカティ・デスモセディチGPを駆るのは初となる。...
asimg_ER3_4257_7462b808f1d21ab-660x440.jpg
Jun
26
 6月26日、2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 筑波大会のJ-GP3クラス 決勝が茨城県の筑波サーキットで行われ、上原大輝(Team Plusone)が優勝を飾った。2位は尾野弘樹(P.MU 7C GALESPEED)、3位は木内尚汰(Team Plusone)となっている。  25周でスタートしたレースはポールスタートの尾野がホールショットを奪い、Team Plusoneの上原、木内尚汰が続く。尾野のペースが良く上原と木内は離されそうになるが、上原が食らいつき5周目の1コーナーでトップに浮上した。 . 2022全日本ロード第5戦筑波 J-GP3 決勝 オープニングラップ...
asimg_XPB_1149567_HiRes_9962a2503a2df01-660x440.jpg
Jun
26
 6月11日〜12日に決勝レースが開催されたWEC世界耐久選手権第3戦、第90回ル・マン24時間耐久レース。WRTからLMP2クラスに参戦したアウディワークスドライバーのレネ・ラストは6年ぶりのル・マン参戦を果たしたが、ル・マン24時間の会場でひさびさのル・マン、そして将来のビジョンについて聞いた。 * * * * * ──ル・マン24時間レースには2015年にアウディでLMP1に初参戦。その翌年にはGドライブでLMP2に参戦し、その後はしばらくル・マンからは遠ざかっていましたね。今回はひさびさのル・マンでしたが、どんな感触がありましたか? レネ・ラスト(以下RR):6年ぶりのル・マンはとても気分が良かったし、ここにまた来られる、またここを走れることはとても光栄で嬉しかったね。雰囲気やサーキットの感じ、ル・マンの町の感じは6年前とはほとんど変わってないね。特に僕にとっての6年ぶりとなるル・マンで、コロナ規制が解除となって大勢のファンが再びサーキットへ応援に駆けつけてくれたことがなによりも嬉しいよ。...
asimg_WRC_2022_Rd.6_334_bc62b7f1d25b384-660x440.jpg
Jun
25
 6月25日、WRC世界ラリー選手権の2022年シーズン第6戦ケニアは競技3日目を迎え、同国のナイバシャを中心にSS8~13が行われた。TOYOTA GAZOO Racing WRTはカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組が総合首位を堅守し、チームメイトのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組が総合2番手に。さらに、TOYOTA GAZOO Racing WRTネクストジェネレーションから参戦の勝田貴元/アーロン・ジョンストン組が3番手、前日にパンクに見舞われ6番手に後退したセバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組も総合4番手に順位を上げ、4台のトヨタGRヤリス・ラリー1がトップ4を占めた。  今季3戦目のグラベル(未舗装路)イベントとして行われている『サファリ・ラリー・ケニア』のデイ3は、SS合計距離150.88kmと今大会最長の1日。ナイバシャ湖近くのサービスパークを中心に、3本のグラベルステージを日中のサービスを挟んで各2回走行するかたちで進められた。...
asimg_WRC_KENYA-1175_8e62b7d2d19f68d-660x440.jpg
Jun
25
 6月25日、WRC世界ラリー選手権第6戦『サファリ・ラリー・ケニア』のデイ3はSS8~13が行われ、午後は降雨の影響で泥のステージでの戦いとなるなか、前日のデイ2で総合首位に立ったカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がリードを拡大している。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は表彰台圏内の総合3番手につけた。そんな今戦の競技3日目を終えた各陣営からドライバーコメントが発表されている。 ■Mスポーツ・フォードWRT ●クレイグ・ブリーン(#42 フォード・プーマ・ラリー1)/デイ3総合7番手 「それほど愉快じゃないね! ひどいものだし、戦う目的がないよ。リスクをまったく取らずに行こうとしている」 ※SS13後インタビュー ●アドリアン・フルモー(#16 フォード・プーマ・ラリー1)/デイリタイア...
asimg_WRC_2022_Rd.6_288_8d62b7c0c462c41-660x440.jpg
Jun
25
 6月25日、WRC世界ラリー選手権第6戦『サファリ・ラリー・ケニア』のデイ3はSS8~13が行われ、午後は降雨の影響で泥のステージでの戦いとなるなか、前日のデイ2で総合首位に立ったカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がリードを拡大している。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は表彰台圏内の総合3番手につけた。  サファリ・ラリーの競技3日目は、サービスパークを中心に3本のグラベル(未舗装路)ステージを日中のサービスを挟んで各2回走行するスケジュールが組まれ、6本のSS合計距離は150.88kmと今大会最長となった。このデイ3を総合首位で迎えたロバンペラは、主に曇天となった午前中のループでは後続とのギャップを見ながらの走行で手堅くポジションをキープする。...
asimg_ER3_3548_6362b7c9f71fd30-660x440.jpg
Jun
25
 6月26日、2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 筑波大会のJ-GP3クラス予選が茨城県の筑波サーキットで行われ、尾野弘樹(P.MU 7C GALESPEED)がポールポジションを獲得した。  晴天で気温33度、路面温度45度のなか、ドライコンディションで25分間のJ-GP3予選が9時20分にスタート。序盤に若松怜(BOWCS.SRK.Racing)が1分01秒266でトップに立つと木内尚汰(Team Plusone)が1分00秒367で首位を奪う。その後、高杉奈緒子(TEAM NAOKO KTM)が1分00秒546で2番手となる。  10分が経過するとトップ3の木内、若松、尾野をはじめ、多くのライダーが1分00秒で周回。そして、上原大輝(Team Plusone)が3番手に浮上した。  その後、最終コーナーで江澤伸哉(BOWCS SRK Racing)が転倒を喫したことで、開始約16分に赤旗中断となった。...
asimg_M22_2731_fine_f162b63b8a934a2-660x440.jpg
Jun
25
 6月24日に正式発表されたポルシェの新型LMDh車両『963』。2023シーズンは既報のとおり、ファクトリーチームの“ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツ”がWEC世界耐久選手権に2台、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に2台をエントリーさせるが、この4台の他に963を走らせるカスタマーチームが、相次いで発表されている。  2023年の投入を目指し、2022年1月のシェイクダウン以来、開発作業が進められていたポルシェのLMDhマシンは、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード開催に合わせた6月24日の発表で、車名が『ポルシェ963』となることが明かされた。同時に搭載されるエンジンの詳細や、ファクトリーチームのドライバー陣容などが明らかにされたが、この発表を受け、ポルシェ963をカスタマーとして走らせるチームが、相次いで明らかとなった。  ポルシェは以前、2023年のIMSAとWECの双方で、ファクトリーエントリーに加えてそれぞれのシリーズで最大2台ずつ、カスタマーカーをサポートすると表明している。...
asimg__JRB8666_ee62b7b79661066-660x440.jpg
Jun
25
 6月25日、2022年MotoGP第11戦オランダGP MotoGPクラスの予選がオランダのTT・サーキット・アッセンで行われ、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は12番手を獲得した。  初日のウエットコンディションから一転、2日目は青空が広がりドライコンディションで行われた。この日最初のフリー走行3回目で中上は快調にラップを刻み、着実にタイムを上げた。ラストアタックでは、さらにタイムを縮め1分32秒355を記録してトップから0.191秒差の4番手で終え、ダイレクトQ2進出を果たした。  予選前のフリー走行4回目ではフロントにミディアム、リヤにソフトタイヤを装着して、マシンのセッティングも変更し決勝に向けてのテストに集中した。このセッションでのベストタイムは1分33秒377で15番手となったが、計16周回と周回を重ねて決勝に向けて手応えを掴んだ。...
Jun
25
 6月25日、WRC世界ラリー選手権第6戦『サファリ・ラリー・ケニア』のデイ3はSS8~13が行われ、午後は降雨の影響で泥のステージでの戦いとなるなか、前日のデイ2で総合首位に立ったカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がリードを拡大している。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は表彰台圏内の総合3番手につけた。 ■2022年WRC世界ラリー選手権第6戦サファリ・ラリー・ケニア暫定結果 SS13後 Pos. No. Driver Machine Gap
1​
69​
K.ロバンペラ トヨタGRヤリス・ラリー1
2h52’39.7​
2​
33​
E.エバンス トヨタGRヤリス・ラリー1
+40.3​
3​
18​
勝田貴元...
asimg_XPB_1099624_HiRes_fb62b6225a647a5-660x440.jpg
Jun
25
 大ヒット公開中の映画『トップガン・マーヴェリック』主演のトム・クルーズが、イギリスのシルバーストン・サーキットに登場。デビッド・クルサードとマーク・ウェバーを相手に、映画さながらの『ドッグファイト』を演じた。  トム・クルーズが登場したのは、イギリスの放送局『Channel 4』が公開したビデオ。同局のF1番組『Channel 4 F1』出演陣の前に突如現れたクルーズは、映画の主人公“マーヴェリック”に成り代わり、クルサードとウェバーとのバトルを繰り広げる。  ただし、これはレースではなく、あくまで“ドッグファイト”だ。トップガン・マーヴェリックの劇中シーンとサーキットでのショットが交錯するなか、愛機F-14をポルシェ911GT3に、操縦桿をステアリングに持ち替えたマーヴェリックは、パドルシフトの機関銃で元F1ドライバーふたりを次々に撃墜していく。もちろんBGMはケニー・ロギンスの『デンジャー・ゾーン』だ。 「That’s right! Iceman. I am dangerous.(そうともアイスマン。俺は危険だ)」「I feel the need, the need...
asimg_XPB_1128413_HiRes_98621c91bda6e5c-660x440.jpg
Jun
25
 ロシアのウクライナ侵攻の影響で、F1シートを失ったロシア人ドライバーのニキータ・マゼピンは、F1復帰は困難と分かっているものの、「奇跡は起こるものだ」としてチャンスを待っていると語った。  2022年、マゼピンにとってF1での2シーズン目が始まろうとしていた矢先、母国ロシアがウクライナ侵攻を開始したことを受けて、ハースは彼の解雇を決めた。 . 2022年F1バルセロナテスト3日目 ニキータ・マゼピン(ハース)  チームは、肥料大手企業ウラルカリとのタイトルスポンサー契約も解除。同社はマゼピンの父親で後援者でもある、ドミトリー・マゼピンが所有する企業だ。...
asimg_XPB_1152764_HiRes_862b576e065811-660x440.jpg
Jun
25
 アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルはモントリオールで行われたF1第9戦カナダGPに、『タールサンドの採掘をやめろ』というメッセージとパイプラインの写真が印刷されたTシャツを着て到着し、トラブルに見舞われることになった。ベッテルのヘルメットには、『カナダの気候犯罪』とのメッセージもあった。  どちらのメッセージも、アルバータ州での採掘事業への意識を高める目的があった。 . F1第9戦カナダGPでベッテルが使用したヘルメットには『タールサンドの採掘をやめろ』『カナダの気候犯罪』と書かれていた...
Jun
25
 MotoGP第11戦オランダGPの予選がTT・サーキット・アッセンで行われ、MotoGPクラスでフロントロウを獲得したフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)、ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、ホルヘ・マルティン(プリーマ・プラマック・レーシング)が会見に出席。予選日を振り返り、決勝レースへの展望を語った。 ■フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)/予選:ポールポジション 「これ以上(完ぺきなラップタイム)はない、と思ったから(オールタイムラップ・レコードを更新するトップタイムを記録したあとに)ピットインしたんだ。誰かがそのタイムを更新してもかまわないと思った。この予選にはとても満足だよ。午前中はコンスタントに力強い走りをするのにすごく苦労していたから。チームのおかげで、うまくいった」 「フリー走行4回目でレーシング・タイヤでうまくいくやり方がわかった。そして、タイムアタックでも僕たちはいつも強い。だからとても満足なんだ。でもそれ以上に、前進したことがうれしい」...
asimg_t01_f262b74ac5715cb-660x440.jpg
Jun
25
 6月25日、ドイツのニュルブルクリンクでNLSニュルブルクリンク耐久シリーズ第4戦『45. RCM DMVグレンツラント・レンネン』が開催され、TOYOTA GAZOO RacingからSP-PROクラスに参戦した345号車レクサスLC(石浦宏明/松井孝允/片岡龍也)、SP4クラスに参戦した244号車トヨタGR86(片岡龍也/佐々木雅弘)はともに完走を果たし、ニュルへの復帰初戦を終えた。  TOYOTA GAZOO Racingは、その活動の原点として「人とクルマを鍛える」、「モータスポーツを起点としたもっといいクルマづくり」のために長年ニュルブルクリンク24時間に参戦してきたが、2020〜22年は新型コロナウイルス感染拡大による渡航制限のため参戦が実現していなかった。  そんななか2023年以降を見据え、TOYOTA GAZOO...