RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Dec
14
 2019-2020世界耐久選手権(EWC)第2戦、セパン8時間耐久ロードレースの決勝が12月14日にマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで行われ、YART – YAMAHAが優勝した。  2位はHonda Asia-Dream Racing with SHOWAが入り、3位はBMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAMだった。SSTクラス最高位はMOTO AINで4位フィニッシュだった。 ■2019-2020EWCセパン8時間耐久ロードレース 暫定決勝順位結果(編集部集計) 天候:雨、曇り 路面:ウエットからドライ Pos. No. Class Team Rider(BULE/YELLOW/RED) Motorcycle Lap/Gap
1​
7​
EWC YART – YAMAHA B.パークス/K.ハニカ/N.カネパ ヤマハYZF-R1
80Laps​
...
IMG_6163-660x440.jpg
Dec
14
 12月14日、一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)は大手町・日経ホールで二輪の全日本選手権ランキング認定表彰式『MFJ MOTO AWARDS 2019(モト・アワード2019)』を開催。国内主要シリーズのチャンピオンたちが表彰された。  モト・アワード2019は、MFJが開催する二輪の全日本選手権におけるランキング認定表彰式だ。各カテゴリーのランキング上位3名に加え、ルーキー・オブ・ザ・イヤー、自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長杯、世界選手権参戦功労賞などの表彰が行われる。  表彰式では、まず2019年の6月からMFJ会長になった鈴木哲夫氏があいさつ。2019年の各カテゴリーを振り返り、2020年シーズンについての展望などを述べた。...
b04-660x440.jpg
Dec
13
 12月10〜13日、スペインのヘレスでDTMドイツ・ツーリングカー選手権のヤングドライバーテストが行われた。BMWからはロバート・クビサがニック・イェロリーとともに参加し、3日間のテストで最新DTMカーであるBMW M4 DTMのステアリングを握っている。  2019年はウイリアムズからF1に参戦していたクビサは、BMWザウバー時代に深い関係があったBMWからDTMテストに参加。チャイナGTでBMWにタイトルをもたらしたイェロリーと1台のBMW M4 DTMをシェアした。BMWからはもう1台が参加しており、こちらはエース格のマルコ・ウィットマンとフィリップ・エングがドライブしている。  テストを終えたクビサは、「とても生産的なテストだったね」とBMW M4 DTMの印象を語った。クビサにとっては、2013年にメルセデスをドライブしたテスト以来のDTMドライブとなった。...
gt33-660x440.jpg
Dec
13
 2003年のル・マン24時間レース王者であるベントレーがフランス、サルト・サーキットに帰ってくる。スペイン南部マラガに本拠を置くブリット・レーシングは12月10日、ベントレー・コンチネンタルGT3を使用して2020年シーズンのミシュラン・ル・マン・カップに参戦すると発表した。  2016年より、マラガ県エステポナをベースに活動しているブリット・レーシングは、GT4ヨーロピアンシリーズで2台のメルセデスAMG GT4を走らせ、2019年シーズンも2勝を挙げている有力チームだ。  そんなチームは将来、ル・マン24時間への出場資格を得るという長期的な目標の一環として、LMP3カーとのマルチクラスレースであるミシュラン・ル・マン・カップへのステップアップを決断。それに伴いブリティッシュチームのサポートを得て、ベントレーの第2世代コンチネンタルをベース車とするGT3カーの導入を決定した。...
Dec
13
 ル・マン24時間を運営するACOフランス西部自動車クラブ、FIA WEC世界耐久選手権、さらにヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)は、WECとELMSのLMP2クラスにおける複数年の新しい契約を結び、技術およびマーケティングパートナーシップを結んだと発表した。  この契約はACO、WEC、ELMS、そしてグッドイヤーの間で結ばれた契約で、グッドイヤーがLMP2の単一タイヤサプライヤーとなり、関係を強化。WECにおいてはプレミアムパートナーとなる。WECでは、2020年9月にスタートする2020-2021シーズンからの契約となり、ELMSでのタイヤ供給は2021年4月にスタートする。  またグッドイヤーは、モータースポーツに由来するテクノロジーを搭載した新しい市販タイヤをコース内外でアピールするべく、ブランディングとマーケティングの大幅な増加を行うとしている。...
WEC_2019-2020_Rd.4_087-660x440.jpg
Dec
13
 12月13日、WEC世界耐久選手権第4戦バーレーンの公式予選が、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、LMP1クラスに参戦しているTOYOTA GAZOO Racingは8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組)が総合3番手、チームメイトの7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)が総合4番手につけた。  2019年最後のレースとなるバーレーン8時間をランキング1位、2位で迎えたトヨタ。前戦上海と比べるとややサクセス・ハンディキャップの量が減らされたものの、依然としてラップあたり最大2.5秒以上のハンディを受けるトヨタTS050ハイブリッドは、13日の日中に行われたフリープラクティスで8号車がトップタイムを記録。夕方の予選にも期待がかかった。    しかし、ナイトセッションとして実施された公式予選では、ライバルであるレベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・ギブソンと、チームLNTが走らせる5号車ジネッタG60-LT-P1・AERが速さをみせる。  ...
k06-660x440.jpg
Dec
13
 2019年、これまで活動していたスーパーGT GT500クラス、全日本スーパーフォーミュラ選手権に加え、GT300ではリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rを、そしてニュルブルクリンク24時間にニッサンGT-RニスモGT3を投入するなど、新たな挑戦を続けて来たKONDO Racing。その挑戦を牽引し続けてきた近藤真彦監督に、2019年の活動と2020年に向けて聞いた。  近藤監督率いるKONDO Racingは、2019年はスーパーGT GT500クラスにリアライズコーポレーション ADVAN GT-Rを投入し、高星明誠とヤン・マーデンボローがドライブ。加えてGT300クラスでは日産自動車大学校と組み、リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rで参戦を開始。学生たちが携わる環境ながら、平峰一貴とサッシャ・フェネストラズのドライブでランキング5位という成績を残した。...
XPB_1025589_1200px-660x439.jpg
Dec
13
 ウイリアムズF1チーム副代表のクレア・ウイリアムズは、過去14カ月にわたるチームのハードワークと変革による成果が現れてきていると語った。  ハイブリッド時代の始まりであった2014年、ウイリアムズはグリッド上で3番手のチームだった。しかし次第にチームは序列を滑り落ちていき、中団のライバルチームに抜かれていった。また、数年にわたって徐々にパフォーマンスレベルを損なってきたエンジニアリング上の問題も、大きな打撃となった。  2019年シーズン開幕直前にテクニカルディレクターであるパディ・ロウの離脱が発表された。チームはさらに混乱し、シーズン中、ドライバーたちはグリッド最後尾で低迷することになった。  こうした苦難を経験してきたものの、クレア・ウイリアムズは事態が好転していくだろうと確信している。...
IMG_9793-660x465.jpg
Dec
13
 2019年のF1最終戦アブダビGPは、2020年のシートを獲得することができなかったニコ・ヒュルケンベルグにとって、F1ドライバーとして最後になるかもしれないレースだった。そのため、グリッド上ではルノーのスタッフがヒュルケンベルグに感謝の意を込めて、ヒュルケンベルグの髪型を模したカツラをかぶって記念撮影を行い、最後になるかもしれないレースに臨んだ。 . 2019年F1最終戦アブダビGP ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)  しかし、そのレースでヒュルケンベルグは入賞圏内を走行しながら、立て続けにオーバーテイクを許して、ポイント圏外でレースを終えた。レース後にドライバーたちがやってくるミックスゾーンには大勢のメディアがヒュルケンベルグの生を聞こうと集まったが、ヒュルケンベルグはなかなかやってこない。...
Dec
13
 11月から1カ月に渡って投票が行われたGOODRIDE日本レースクイーン大賞2019。ファーストステージを通過し、ファイナルステージに進む20名のレースクイーンが発表された。  ファン投票でその年の人気No.1レースクイーンを決定するレースクイーン総選挙「日本レースクイーン大賞」。2019年で10年目を迎えたこのイベントは、今シーズンもレースクイーンとそのファンたちによって熱戦が繰り広げられている。  2019年にサーキットに登場した400名を超えるレースクイーンの中から、今年も100名がノミネートされ11月5日からファーストステージの投票がスタート。SNS上ではファンたちによる応援合戦が繰り広げられ、動画配信サービスなどで毎日ファンとの交流を行うレースクイーンも少なくない。  ファーストステージは12月6日まで投票が行われ、12月13日にファイナリスト20名が発表された。  ファイナルステージに進むのは以下の20名のレースクイーンだ。 相沢 菜々子 生田 ちむ 一瀬 優美 今井 みどり 太田 麻美 織田 真実那 神尾 美月 川村 那月 霧島 聖子 小嶋 みやび...
XPB_995365_1200px-660x439.jpg
Dec
13
 レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)について、馬力に関してはメルセデスにかなり近いところまでいっていると語った。メルセデスは現在のターボ・ハイブリッド時代に入ってから6年連続でダブルタイトルを獲得している。  ホンダは2015年にマクラーレンのパートナーとしてF1に復帰。その契約を解消した後、2018年からはトロロッソに、2019年からはレッドブルにもパワーユニットを供給している。  レッドブル・ホンダとして迎えた初めてのシーズンで、フェルスタッペンはオーストリア、ドイツ、ブラジルで勝利を挙げた。一方、トロロッソ・ホンダも2019年には大きな成功を収め、ダニール・クビアトがドイツで3位、ピエール・ガスリーがブラジルで2位と、2回の表彰台を獲得した。...
Pistone_GP14_totale-nella-scatola_UC126924_Previewa-660x440.jpg
Dec
13
 12月9日、ドゥカティとドゥカティ・コルセは、MotoGPやスーパーバイク世界選手権(SBK)で使用されたレーシングバイクのパーツを数量限定で一般販売することを発表した。  2019年の12月より、ドゥカティは『Ducati Memorabilia(ドゥカティ・メモラビリア)』というプロジェクトを開始した。このプロジェクトは、この数年MotoGPやSBKで使用されたバイクの認定パーツを販売するためのものだ。  ドゥカティの公式サイトによると、販売されるコンポーネントの一例にはコネクティングロッド、ピストン、カムシャフト、クランクシャフトなどが挙げられている。これらのパーツは、アンドレア・ドヴィツィオーゾをはじめとするドゥカティを代表するライダーが駆ったバイクのエンジンに関するものだ。  販売されるパーツは展示用だが、これが本物であることを証明するために、パーツの名前や、このパーツが使用されたバイクの名前が刻印され、アクリル製のケースに収められるという。...