RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_XPB_1084912_1200px_2b60954f7b2dfa3-660x440.jpg
May
07
 2021年F1第4戦スペインGPのフリー走行2回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは9番手、セルジオ・ペレスは10番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6番手、角田裕毅は7番手となっている。  現地時間午後3時からのFP2は、気温はFP1開始時とほぼ同じの21度ちょうど、路面温度は40度と、7度上昇した。風向きはメインストレートからのターン1ブレーキングで、右側からの横風に変わっている。  セッション序盤は、全車がミディアムタイヤを履いてコースインした。このタイヤではまずメルセデス2台が1−2タイムを出したが、フェルスタッペンが2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)に0.046秒差をつけてトップに立った。しかし再度のアタックに出たボッタス、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が再び1−2を形成した。  カルロス・サインツ(フェラーリ)がターン9ではみ出して縁石に乗り上げた際に空力パーツを飛ばし、マーシャルが回収する間VSCが導入された。...
May
07
 2021年F1第4戦スペインGPのフリー走行2回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは9番手、セルジオ・ペレスは10番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6番手、角田裕毅は7番手となっている。 ■2021年F1第4戦スペインGPフリー走行2回目 リザルト Pos. No. Driver Team Time Laps
1​
44​
L.ハミルトン メルセデス
1’18.170​
32
2​
77​
V.ボッタス メルセデス
1’18.309​
31
3​
16​
C.ルクレール フェラーリ
1’18.335​
28
4​
...
May
07
 現地時間5月7日(金)、2021年FIA-F3開幕戦となる第1戦スペイン予選がカタロニア・サーキットで開催され、デニス・ホーガー(プレマ・レーシング)がトップタイムを記録。昨季フランスF4王者で今季ステップアップを果たした日本の岩佐歩夢(ハイテックGP)は19番手だった。  今シーズンのF3はレースウィークエンドに3レースを行うフォーマットに変更された。レース1のスターティンググリッドは予選上位12台がリバースグリッドとなるため、12番手タイムを記録したジョニー・エドガー(カーリン)がレース1のポールポジションからスタートすることとなった。  レース2のスターティンググリッドはレース1の上位12台がリバースグリッドとなり、レース3は予選の結果がそのまま反映される。そのためホーガーはレース3をポールから発進する。決勝レース1は日本時間8日(土)の17:35からスタートだ。 ■FIA-F3第1戦スペイン予選 リザルト Pos. No. Driver Team Time
1​
...
asimg_XPB_1084367_1200px_ef60952bb85c689-660x440.jpg
May
07
 第4戦スペインGP木曜会見のトップバッターは、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)とカルロス・サインツ(フェラーリ)のふたりのスペイン人ドライバーだった。1週間前のポルトガルGPでのアロンソは、13番手スタートから8位入賞と、素晴らしい結果を出した。ところが「母国グランプリへの準備はさぞや万端なのでは」と訊かれたアロンソは、「いや、全然だ」と答えた。 「新しいマシンを理解し、ピレリタイヤの挙動を思い出すには、まだもう少し時間がかかりそうだ。何も考えずに身体が自然に反応して操作するようにならなければ、マシン性能を100%引き出せないからね」  対照的にサインツのポルトガルGPは、欲求不満の溜まるレース展開だった。 「5番手からスタートして11位でチェッカーという結果、しかも特に重大なトラブルもなかったことを思えば、何かが間違っていたという結論しか出ない。アグレッシブな戦略でいったけど、うまくいかなかったね」  とはいえサインツにとっては、フェラーリドライバーとしての凱旋帰国となる。しかしこれまた、手放しでは喜べない状況だ。...
asimg_XPB_1084626_1200px_9360951f5f5563f-660x440.jpg
May
07
 2021年F1第4戦スペインGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、セルジオ・ペレスは9番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは7番手、角田裕毅は11番手となっている。  先週のポルトガルGPからの連戦となるスペインGP。フリー走行1回目の始まる現地時間午前11時30分時点で、天候は快晴、気温21度、路面温度33度と、この時期のバルセロナとしては平均的な気候だ。メインストレートでは向かい風となる南西の風が、時折り強く吹いている。  このセッションはアルファロメオがキミ・ライコネンに代えてロバート・クビサを、ウィリアムズがジョージ・ラッセルに代えてロイ・ニッサニーを出走させている。...
May
07
 2021年F1第4戦スペインGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、セルジオ・ペレスは9番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは7番手、角田裕毅は11番手となっている。 ■2021年F1第4戦スペインGPフリー走行1回目 リザルト Pos. No. Driver Team Time Laps
1​
77​
V.ボッタス メルセデス
1’18.504​
25
2​
33​
M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
1’18.537​
19
3​
44​
L.ハミルトン メルセデス
1’18.627​
22
4​
...
asimg_Photo02_90s-vol2_photo_07_c7609393cc67af8-660x440.jpg
May
07
 『Racing on』とオートスポーツwebのコラボでお届けしているweb版『Racing on』。これまで『忘れがたき銘車たち』と題して、懐かしのレーシングカーを紹介してきましたが、今回はちょっと番外編。JGTCのGT300クラスで伝説を残したつちやMR2と、そのMR2を手がけた土屋春雄さんと筆者の忘れられない思い出について語ります。 * * * * * *  2021年4月11日、スーパーGT開幕戦岡山の決勝日でもあったこの日、つちやエンジニアリングの創始者として、数々の名レーシングカーを手がけられきた土屋春雄さんが亡くなられた。  1971年に産声を上げたつちやエンジニアリングだから、マイナーツーリング、グループA、JTCC、JGTCなど、さまざまなカテゴリーに春雄さんの思い入れのあるマシン、情熱を注いだマシンがあったはず。...
asimg_SUPERGTJGTC_2021_Rd.2_241_7a6094f891e62ae-660x440.jpg
May
07
2021 AUTOBACS SUPER GT ROUND 2 富士スピードウェイ 開催地:富士スピードウェイ(静岡県)/4.563km 5月3日(予選)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:無発表 5月4日(決勝)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:無発表 久々の500kmレースではペースも良好! 入賞の期待も2度のトラブルに見舞われて……  今年もスーパーGTに、aprはTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV(ZVW52)の2台体制で挑み、#31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTを3年目のコンビとなる、嵯峨宏紀選手と中山友貴選手に託す。タイヤは信頼のブリヂストンを使用する。  富士スピードウェイが舞台のシリーズ第2戦『FUJI GT 500km...
asimg_SUPERGTJGTC_2021_Rd.2_085_f56094f4c4f2fa0-660x440.jpg
May
07
2021 AUTOBACS SUPER GT ROUND 2 富士スピードウェイ 開催地:富士スピードウェイ(静岡県)/4.563km 5月3日(予選)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:無発表 5月4日(決勝)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:無発表 ペナルティで沈むもノートラブルで500kmレースを完走! マシンの進化を改めて確認!  コロナ禍によって依然として予断は許されないとはいえ、今年のスーパーGTは順調にスケジュールをこなせている。2年ぶりに岡山国際サーキットでレースが行われてシリーズは幕を開け、第2戦もまた2年ぶりとなる『FUJI GT500km Race』として開催された。今年もaprは2台体制で挑み、#30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTをドライブするのは永井宏明選手と織戸学選手。タイヤも信頼高いヨコハマが継続して使用される。  ...
asimg_2021May-JamesBower-Williams1_726094f4727f8e2-660x439.jpg
May
07
 ウイリアムズ・レーシングは、新たに加入するジェームズ・バウアーを商業担当取締役に任命すること、2020年にコマーシャル&マーケティング担当取締役として加入したティム・ハントをチーフマーケティングオフィサーに任命することを発表した。  バウアーは、14年間をマクラーレンで過ごし、最近ではマクラーレン・レーシングのヘッド・オブ・マーケティング&コマーシャル・ストラテジーを務め、商業部門の主要メンバーとして、新たなパートナーシップの獲得などに携わってきた。  バウアーは、CEOであるヨースト・カピートの直属として、ウイリアムズの商業パートナーのポートフォリオ拡大のための責任を担う。  カピートは「彼の任命は、両者に価値をもたらす効果的かつ長期的なパートナーシップの拡大などにより、商業活動をさらに発展させていきたいという、チームの野心を示すものである」とコメントした。 「彼は貴重な経験を豊富に備えた人物であり、成果を見るのが楽しみだ」...
asimg_XPB_1083941_1200px-1_dc6093c3ebd6220-660x440.jpg
May
07
 前戦ポルトガルGPについてホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは、両チームともに、「なかなか厳しい週末でした」と総括した。2位に入ったものの、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は勝者ルイス・ハミルトン(メルセデス)を脅かすことはできず。アルファタウリのふたりも、期待外れの結果だった。  今週末スペインGPが開催されるバルセロナ-カタロニア・サーキットは、マシン性能の優劣が最もラップタイムに反映しやすいコースとして有名だ。田辺TDも「各チームの強み弱みが、いっそうはっきり見えるはず」と、審判を待つ心持ちのようだった。 ──────────────────── ──今シーズン初めての連戦です。 田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):はい。ホンダスタッフもポルトガルから直接、バルセロナに入りました。例年は開幕前テストも行われ、慣れ親しんだサーキットであり、町なのですが、今年は新型コロナウイルスのためにテストはバーレーンになりました。ですので今年のクルマでカタロニア・サーキットを走るのは、今回が初めてになります。...
asimg_02_KN_bf6094dbe8b3802-660x440.jpg
May
07
 スーパーGT第2戦富士、GT300クラスで長丁場の戦いを制したのはSYNTIUM LMcorsa GR Supra GT、0.7秒差の2位にはSUBARU BRZ R&D SPORTが続き、ダンロップタイヤがワン・ツー・フィニッシュを飾った。  このほか、最終ラップに入るまではGAINER TANAX with IMPUL GT-Rも4番手を走行しており(リザルトは5位。理由は後述)、ダンロップ勢は3台がポイントを獲得。また、優勝したSYNTIUM LMcorsa GR Supra GTは、2レース連続で河野駿佑が決勝ファステストラップも記録するなど、今季導入したGRスープラ+ダンロップタイヤというパッケージを、早くも手懐けているように見える。 ■アンダーステア対策が奏功しロングラン性能が向上  昨年はBRZ、GT-R、RC...
asimg_IMG_6349_da6094b44f7c101-660x440.jpg
May
07
 アルガルベ・サーキットのメディアセンターの下の階にある食堂へ行ったら、ルーチョ・カブートに出会った。カブートは元F1ドライバーのヤルノ・トゥルーリのマネージャーなのだが、「どうして、ここへ?」と尋ねると、「ヤルノの息子がレースに出るんだ」とカブート。そしてこう続けた。「詳しくは、後ろのテーブルにいるヤルノに聞いて」 . 一番右に写っているのがヤルノ・トゥルーリのマネージャーを務めるルーチョ・カブート  そこで後ろのテーブルに目を移すと、そこにはヤルノがふたりの少年とランチを摂っているではないか。「やあ、久しぶり」と挨拶すると、「懐かしいじゃないか、マイ・フレンド」と言って、グータッチした。...
asimg_R6_21757_f560935f7d193e9-1280x853.jpg
May
06
 5月7日、全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーションは、5月15〜16日に大分県日田市のオートポリスで開催されるスーパーフォーミュラ第3戦のエントリーリストを発表した。5月3〜4日のスーパーGTで復帰した牧野任祐がDOCOMO TEAM DANDELION RACINGから参戦する。  阿蘇の山並みにあるオートポリスで開催されるスーパーフォーミュラ第3戦。このレースには第2戦鈴鹿同様、19台が参戦することになった。まず前戦から参戦を開始したB-MAX RACING TEAMは、今回は松下信治のみエントリー。1台体制での参戦となる。  一方、すでにThreeBond Drago CORSEがタチアナ・カルデロンに代わって塚越広大の起用を発表したが、他にもWEC世界耐久選手権に参戦したドライバーについては、代役ドライバーが起用されることになった。開幕から3戦連続でKCMGは小林可夢偉に代わって小高一斗が起用されるほか、来日できていないサッシャ・フェネストラズに代わって中山雄一が継続して参戦する。  また、Kuo VANTELIN TEAM...
asimg_SI202105010057_hires_jpeg_24bit_rgb_8a6090246b23b40-660x440.jpg
May
06
 ポルトガル、スペインの2連戦。バルセロナ-カタロニア・サーキットからリモート取材に答えた角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、曲がらないクルマのことがやはり気になるようだった。前戦ポルトガルで顕著になった傾向だが、それは「バーレーンから出ていた」と。一方でこの3戦を振り返って、「自分はF1マシンをコントロールできていると勘違いしてたのかもしれません」とも語っていた。  これまでのイケイケムードだった角田とは打って変わって、殊勝な雰囲気。それだけ悩みも深いということか。それでも「悩むこと自体は悪くないと思ってます」と、あくまで前向きだった。 ──────────────────── ──前戦ポルトガルGPでは終始グリップ不足に悩んでいましたが、一方でチームメイトのピエール・ガスリーとフィードバックが違うとか、クルマに対する違和感もあるんでしょうか。...
asimg_02_DSC_5229_d36094b4cb9ba59-660x440.jpg
May
06
 アルゼンチンはブエノスアイレス近郊に位置する高速トラック、サン・ニコラスで5月1~2日に開催された2021年のスーパーTC2000(STC2000)第4戦は、今季からプーマ・エナジー・ホンダ・レーシングに移籍した2017-18年シリーズ連覇のファクンド・アルドゥソ(ホンダ・シビックSTC2000)が予選ポールポジションから土曜クオリファイレース、日曜フィーチャーレースを制し、週末完全制覇の“ハットトリック”を決めている。  金曜ルーキーテストから始まったサン・ニコラスの週末は、続く公式練習こそシボレーYPFチームの2016年王者アグスティン・カナピノ(シボレーYPFクルーズ)がタイムボード最上位を得るも、土曜公式予選で新生ホンダ・シビックSTC2000をドライブする元王者が輝きを放つ。  規定変化でより高速化したシーズンにあって、慣れ親しんだルノー・フルーエンスGTからシビックへのスイッチを決断したアルドゥソは、この第4戦にして早くもそのスピードを引き出す術を体得し、カナピノに加えてTOYOTA GAZOO Racing...