RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Feb
17
 レーシングポイントF1チームは、2月17日(月)にオーストリアのモンゼーで体制発表会を行い、2020年型新マシン『RP20』を発表した。  2019年はカナダ国際オートショーで体制発表会を行ったレーシングポイントだが、今年はチームの主要スポンサーである水処理システムメーカー『BWT』の本社があるモンゼーにて発表会を行った。  レーシングポイントは、前身のフォースインディアをローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムが買収し、2018年シーズンのサマーブレイク明けから『レーシングポイント・フォースインディアF1チーム』に、2019年から正式に『レーシングポイント』の名前で承認されたチームだ。  2018年は活動資金が不足したまま2019年型マシン『RP19』の開発を始める時期を迎えてしまった。これによりRP19の開発に十分には注力できず、RP19は2018年型マシンのパーツを複数使用したマシンとなった。...
9f76a890-5187-11ea-bf55-dfdf40f7629f
Feb
17
Filed under: .,.,. A German court on Sunday ordered Tesla Inc to stop clearing forest...
holden_commodore_vf_ii.jpg
Feb
17
Filed under: .,.,.,. ...
X4I1740-845-660x451.jpg
Feb
17
 ハースF1チームは、スペインのバルセロナ-カタロニア・サーキットで2020年型マシン『VF-20』のシェイクダウンを行った。  2月6日に先陣を切って2020年仕様のカラーリングを発表したハース。2019年はタイトルスポンサーを務めていたエナジードリンクメーカー仕様のブラックとゴールドのカラーリングだったが、今年のカラーリングは薄いグレーにブラックを基調とした、2018年までのおなじみのカラーリングだ。  実車の発表は第1回目のプレシーズンテスト初日となる2月19日だが、それに先立つ形でシェイクダウンを実施。ハースの公式ツイッターに掲載された動画では、ロマン・グロージャンがシェイクダウンを担当したようだ。 . グロージャンとマグヌッセンが2020年仕様のレーシングスーツを着用...
WEC_2019-2020_Rd.4_112-660x440.jpg
Feb
17
 WEC世界耐久選手権に参戦しているTOYOTA GAZOO Racingは2月22~23日、アメリカ・テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で行われる2019/2020年シーズン第5戦ローン・スター・ル・マンで、今季4勝目を狙う。  当初予定されていたサンパウロ・ラウンドの代替戦として開催が決まったローン・スター・ル・マンは、第6戦セブリング1000マイルと合わせた“アメリカ2連戦”のファースト・ラウンド、2019/20年シーズンでは全8戦中の5戦目となるイベントだ。  その舞台となるのはヘルマン・ティルケが設計したCOTA。WECでは2012年の現行シリーズ初年度から行われてきたが、2017年の開催を最後にカレンダーから外れていた。また、トヨタにとってはメキシコシティ、ニュルブルクリンクとともに現行シリーズで勝利を挙げていないサーキットのひとつとなっている。...
2640.png
Feb
17
 ルノーF1チームが2月17日、スペイン・バルセロナで2020年型マシン『R.S.20』のシェイクダウンを行った。チームは12日に体制発表会を実施したものの、ニューマシンについては、プレシーズンテスト用カラーが施された車体の一部が写った画像を紹介するにとどまった。  チーム代表シビル・アビテブールは、本格的なお披露目はプレシーズンテストの場であるバルセロナで行うと述べていた。17日、ルノーはフィルミングデーを利用して新車のシェイクダウンを行ったが、現地午前の時点では、エステバン・オコンが乗っているとみられるマシンのモノクロームの写真と動画しか公開していない。
And away she goes… See you in Barcelona!....​
n02-660x440.jpg
Feb
17
 2月15日、東京都足立区千住関屋町にあるレンタルカートコース『CITYKART』で、野尻智紀、中山雄一、富田竜一郎の3人のレーシングドライバーたちによる『のじさんぽ』の第1回カート大会が行われ、ゲストドライバーとともにファンがのじさんぽの3人と初のイベントを楽しんだ。 『のじさんぽ』とは、SNS等で知る人ぞ知る3人のレーシングドライバーのこと。年齢も近い野尻、中山、富田の3人は、所属チーム&メーカーもバラバラだが、ふだんから食事を楽しんだり、その名のとおり散歩を楽しんだりという親友関係だ。  2019年にはスーパーGTオフィシャルステージでトークショーも実施。その反響も大きく「何かイベントを」というファンからの要望、さらに本人たちの希望もあって、今回中山の出身コースであるCITYKARTでのカート大会開催にこぎ着けた。...
20Williams-FW43-Wil2-660x440.jpg
Feb
17
 ウイリアムズF1チームは、2月17日、オンラインで2020年型マシン『FW43』の画像を公開した。  昨年のホワイトとライトブルーのカラーリングを大きく変更、ホワイト、ブルー、レッドの鮮やかなデザインに変更したウイリアムズ。2018年、2019年とF1コンストラクターズ選手権で最下位10位に沈んだだけに、当然、今年は挽回を狙っており、チーム副代表クレア・ウイリアムズは、2020年は「チームにとって新たなスタートの年になります」と語っている。 「これまで、弱点だった分野に取り組むことに時間を費やし、競争力の高いレースカーを作り上げるために、適切な人材、構造、手順、リソースを、正しい状況に置くよう心掛けました」 「全員が、ウイリアムズを再建し、競争力ある状態に戻すことに力を注いでいます。2020年シーズンの目標は前進することです。ファイティングスピリットはいまなお健在です。今年、全員がチームを望む位置に戻すまで戦っていきます」...
WilliamsF1_17039_HiRes-660x440.jpg
Feb
17
 2月17日(月)に公開されたウイリアムズF1チームの2020年型マシン『FW43』をギャラリー形式でお届け。今年はジョージ・ラッセルとルーキーのニコラス・ラティフィという若手コンビで、この2シーズン続いている不振からチームを立て直したいところだ。  FW43のカラーリングは、チームの主要スポンサーのひとつである携帯電話会社『ロキット』のカラーであるレッドがメインカラーとなり、ヘイローやフロントノーズなどにブルーがあしらわれている。 . 2020年型ウイリアムズF1マシン『FW43』...
02_TESTSARDEGNA_AUS_0800-660x440.jpg
Feb
17
 ERCヨーロッパ・ラリー選手権で通算5勝を記録するクレイグ・ブリーンが、インド国籍の企業であるMRFタイヤとジョイントして2020年シーズンに復帰参戦することが決まり、コドライバーのポール・ネイグルとともに、トップ・プライベーターのBRCレーシングが走らせるヒュンダイi20 R5をドライブすることとなった。  2月13~16日に行われた2020年のWRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンでヒュンダイi20クーペWRCをドライブしたブリーンは、2011年のWRCアカデミー、2012年のSWRCとふたつのサポートカテゴリーでタイトルを勝ち獲った経験を持つなど、国際レベルのドライバーとして活躍を演じてきた。  2013年からはERCの本格プログラムを開始し、2年連続ドライバーズランキング3位を記録。2015年の同ランキング2位を足がかりにシトロエンのワークスチームに加入し、念願のWRC最上位クラス昇格を果たした。...
2020SWEDEN_AUS_3160-660x440.jpg
Feb
17
 2月16日に大会最終日を迎えた2020年のWRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデン。最終日はSS18の1SSのみが行われ、前日から総合首位につけていたエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が逃げ切り、トヨタに2020年シーズン初勝利をもたらした。そのSS18ではトヨタの若手、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)がキャリア初のステージ優勝を飾り、総合3位を手にしている。  走行を終えた各ドライバーのコメントは次のとおりだ。 ■ヒュンダイ・シェル・モビスWRT ●ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)/総合6位 ....
DSC01735-660x440.jpg
Feb
17
 2月16日、メキシコ・メキシコシティでABBフォーミュラE選手権のサポートレース『ジャガーIペース eトロフィー』第3戦の決勝レースが行われた。  今戦より『TEAM YOKOHAMA CHALLENGE(チーム・ヨコハマ・チャレンジ)』として参戦を開始した青木拓磨はレースを総合5位、クラス3位でフィニッシュし初戦を表彰台で飾った。  2月6日に神奈川県のジャガー・ランドローバー横浜 みなとみらいショールームで記者会見を行い、フォーミュラEの横浜誘致と、元GPライダーの青木拓磨がドライバーとしてジャガーIペース eトロフィーに第3戦から参戦することを発表したチーム・ヨコハマ・チャレンジ。  ドライバーを務める元GPライダーの拓磨は、1990年代にロードレース世界選手権(WGP、現MotoGP)で活躍したライダー。拓磨はテスト中の転倒によって下半身不随となってしまい、車椅子での生活を送ることになったが、レース活動を諦めることなく、四輪レースに積極的に挑戦している。...
Feb
17
 2月17日(月)、ロキット・ウイリアムズ・レーシングは2020年シーズンを戦う新マシン『FW43』をオンラインで公開した。  2019年シーズンは、ラリーでの大事故から復帰を果たしたロバート・クビサと、メルセデスの育成ドライバーで、2018年のFIA-F2チャンピオンであるジョージ・ラッセルを起用したウイリアムズ。2018年シーズンの不振から立て直しを図りたいところだったが、プレシーズンテストまでにマシンが完成せず、出だしから躓く格好となってしまった。  シーズン中も2台揃って後方に沈むことが多く、ポイント獲得は第11戦ドイツGPでクビサが10位に入賞した1回のみで、ラッセルは入賞を果たせず。コンストラクターズランキングにおいて2年連続で最下位となった。  2020年はラッセルがチームに残留し、2年目のシーズンを迎える。クビサは2019年限りでチームを離脱し、リザーブドライバーだったニコラス・ラティフィが後任を務める。若手ドライバーコンビで、今年こそは不振からの脱却を目指したいところだ。...
Feb
16
 2014年からファンの皆さんに、よりスーパーGT、そしてモータースポーツに親しんでもらおうとニコニコ生放送でお届けしてきた『脇阪寿一の言いたい放題!』。2019年からは『脇阪寿一のSUPER言いたい放題』としてリニューアルしましたが、2020年第2回目の放送を2月20日(木)の20時からお届けします。  モータースポーツに特化してさまざまなゲストをお招きしながらお届けしてきた『脇阪寿一の言いたい放題!』。2019年から『脇阪寿一のSUPER言いたい放題』と題してお届けしています。  2020年2回目の放送は、いよいよ開幕迫るスーパーGTの新シーズンに向けて。この放送時には、すでにTOYOTA GAZOO Racingから2020年の体制が発表されている(はず)。いったい脇阪寿一はどんな体制で2020年に挑むのか……!?  そして今回のゲストは、レーシングプロジェクトバンドウの坂東正敬監督と、オートスポーツ田中康二編集長。バンドウの体制はいったいどうなっているのか、そしてライバル陣営含めどんな体制なのか、関係者が知る情報てんこ盛りでお届けします。...
IMG_3258-660x440.jpg
Feb
16
 2月17日、インディカードライバーの佐藤琢磨が出演するFWD富士生命の新テレビコマーシャル発表会が東京・日本橋のFWD富士生命保険本社で行われ、琢磨本人と琢磨の母、昭子さんらが登場した。  2017年のインディ500ウイナーであり2020年シーズンも引き続きNTTインディカー・シリーズに、レイホール・レターマン・ラニガンからフル参戦する琢磨。今回、製作されたTCVMはそんな琢磨をサポートする、FWD富士生命が掲げる『はじめては、一生つづく。』というテーマの下で展開されているブランドキャンペーンCMの第2弾だ。  CMでは琢磨と昭子さんによって早くに亡くなった父、和利さんとの思い出が語られ、四輪モータースポーツに進むか否かを迷っていた琢磨を後押しをした父の一言や、もし生きていたらしたいことなどが本人の口から明かされている。  完成したCMについて感想を求められた琢磨は「とてもうれしいです。僕のレース人生はチャレンジの連続でしたが、母とこういった形で一緒にCM撮影するなんて思いもよらなかった」とコメント。...
18C0312_01-660x440.jpg
Feb
16
 2020年シーズンのピレリスーパー耐久に新チーム『Mercedes-AMGTeam HIRIX』が参戦を表明した。使用するマシンはメルセデスAMG GT3(MY2020)で、ドライバーは 山脇大輔 と女性ドライバーのベティー・チェン、スーパーGT参戦経験のあるショウン・トン、そしてメルセデスAMGパフォーマンスドライバーのディルク・ミューラーとバラエティに富んだ構成だ。  3月21~22日に鈴鹿サーキットで開幕を迎え、6月5~7日には天王山の富士24時間レースも行われる2020年のスーパー耐久。年々、国内外のエントラントからの注目も高まっており、2020年に向けては暫定エントリーの時点で8クラス総勢64台が名を連ねている。  新たに参戦を表明したメルセデスAMGチーム・ヒリックスは最新モデルのAMG GT3でシリーズ最高峰のST-Xクラスに参戦する。使用するカーナンバーは44、メンテナンスはクインゲルト株式会社が担当する。チーム監督は牛嶋哲司が務める。...
XPB_1020853_1200px-660x439.jpg
Feb
16
 メルセデスは、シミュレータードライバーを務めていたストフェル・バンドーンと、シミュレーター兼開発ドライバーであったエステバン・グティエレスのふたりを、2020年シーズンよりリザーブドライバーとして起用する。  2018年シーズンを最後にF1のシートを失ったバンドーンは、2019年よりメルセデスのシミュレータードライバーを務めると同時にフォーミュラEにも参戦。現在はメルセデスのワークスチームであるメルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチームに所属している。  一方グティエレスは、F1のシートを失った後もフォーミュラEやインディカーなど様々なカテゴリーに参戦し、2018年にシミュレータードライバーとしてメルセデスに加入。2019年はシミュレーター兼開発ドライバーを務めていた。...
02_724171c4-d43d-4ef0-ab00-d7b9b693a069-900x600-660x440.jpg
Feb
16
 2020年シーズン開幕を目前に控え、VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーの各陣営が新年度に向けたチーム体制とマシンが続々と発表されている。デビューイヤーの2019年を席巻したフォード・マスタングは新加入のケリー・レーシングがカストロールカラーのリック・ケリー車をお披露目したほか、ホールデン勢もニューカラーのコモドアZBを相次いで披露している。  2月23日の開幕が目前に迫ってきたVASCシリーズは、2月12日にイプスウィッチのクイーンズランド・レースウェイでプライベートテストを開催。現地では直前のシーズンラウンチで登場したチーム・シドニーのジェームス・コートニー車がシェイクダウンを実施し、新鮮なコカ・コーラカラーのホールデン・コモドアZBでトラックを周回するなど、新シーズンへのテンションが高まってきている。  そんななか、2月18日から始まるザ・ベンド・モータースポーツパークでの開幕直前プレシーズン・テストを前に、今季からフォード陣営に移ったケリー・レーシングがエースカーとなる2台目のフォード・マスタング・スーパーカーを披露した。...
XPB_1035535_HiRes-660x440.jpg
Feb
16
 2月13~16日に行われた2020年WRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンでTOYOTA GAZOO Racing WRTが優勝したことを受け、トヨタ自動車社長である豊田章男チーム総代表がコメントを発表。チームのワークスドライバーをねぎらうとともに、勝田貴元、ヤリ-マティ・ラトバラにも言葉を贈った。  スウェーデンとノルウェーを舞台に争われるラリー・スウェーデンは、本来であればシリーズ唯一のフルスノーイベントだが、2020年は暖冬により雪不足に見舞われたため、例年とは違った景色と路面コンディションのなか争われた。  そんなラリー・スウェーデンには合計で5台のトヨタ・ヤリスWRCが出走。このうちワークスチームの3台ではエルフィン・エバンスが優勝、カッレ・ロバンペラが総合3位、セバスチャン・オジエが総合4位と3台すべてがトップ4に入った。  またTOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムとしてラリー・スウェーデンに臨んだ勝田は、総合9位で完走し、第1戦モンテカルロに続いて2戦連続でのトップ10フィニッシュを飾っている。...