RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_02_DSC_5229_d36094b4cb9ba59-660x440.jpg
May
06
 アルゼンチンはブエノスアイレス近郊に位置する高速トラック、サン・ニコラスで5月1~2日に開催された2021年のスーパーTC2000(STC2000)第4戦は、今季からプーマ・エナジー・ホンダ・レーシングに移籍した2017-18年シリーズ連覇のファクンド・アルドゥソ(ホンダ・シビックSTC2000)が予選ポールポジションから土曜クオリファイレース、日曜フィーチャーレースを制し、週末完全制覇の“ハットトリック”を決めている。  金曜ルーキーテストから始まったサン・ニコラスの週末は、続く公式練習こそシボレーYPFチームの2016年王者アグスティン・カナピノ(シボレーYPFクルーズ)がタイムボード最上位を得るも、土曜公式予選で新生ホンダ・シビックSTC2000をドライブする元王者が輝きを放つ。  規定変化でより高速化したシーズンにあって、慣れ親しんだルノー・フルーエンスGTからシビックへのスイッチを決断したアルドゥソは、この第4戦にして早くもそのスピードを引き出す術を体得し、カナピノに加えてTOYOTA GAZOO Racing...
May
06
 2020年シーズンのFIA−F2でチャンピオンを獲得し、2021年から念願のF1デビューを果たしたミック・シューマッハー(ハース)。言うまでもなく彼の父親は7度のワールドチャンピオンを獲得したミハエル・シューマッハーであるが、イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙によるインタビューでミックは、父にプロドライバーになりたいと伝えた日の思い出を語った。 「ふたりで話しているときに、父は僕に『お前はレースを単なる趣味と捉えているのか。それとも本気でやりたいと思っているのか』と聞いてきた」 「僕はハッキリと、自分は本気でレースに取り組みたいと答えた」  この会話のとき、ふたりはドイツ・ケルペンのカート場にいたという。現在はミハエル・シューマッハー・カートセンターという名で知られるこの場所は、ミハエルとその弟ラルフが幼少期から走りこんだ『ホームコース』。そしてミックもまた、シューマッハー家ゆかりのこの地でプロドライバーとしての第一歩を踏み出したことになる。...
asimg_02_2021-AUS-Sydney-33-Dylan-OKeeffe_46-jpg_e96094b1167eea8-660x440.jpeg
May
06
 5月1~2日の週末にシドニー・モータースポーツパークで争われたTCRオーストラリア第4戦は、全3ヒートともにシリーズ初優勝者が誕生するフレッシュな結果となった。まずは初年度チャンピオンチームのHMOカスタマー・レーシングに所属するジョシュ・バカン(ヒュンダイi30 N TCR)が、レース1初優勝からの2連勝を達成。続く最終ヒートでは、かつてのVASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーなどで活躍したマイケル・カルーソ(アルファロメオ・ジュリエッタ・ヴェローチェTCR)が、待望のTCR初勝利を飾っている。  このシドニーの週末に向けても、第2戦の2ヒートに続き、第3戦バサーストでの週末スプリント3ヒートすべてを制し、ここまで5連勝と波に乗るチャズ・モスタート(アウディRS3 LMS)が、シリーズ序盤ゲスト参戦のプログラムを拡大して乗り込んできた。...
asimg_c58f43a7-6d6a-fe3b-15dc-e8ae2300497c_476094b38031b24-660x440.jpg
May
06
 ディスカバリー社とその子会社であるユーロスポーツ・イベントは2023年に発足する予定のFIAエレクトリックGT選手権のプロモーション・オーガナイザーとして指名された。  FIA国際自動車は5月6日、世界各地の常設サーキットで430kW(584PS)の電動GTカーによる45分レースを行う新シリーズのプロモーターとして、グローバルメディアグループであるディスカバリー社が入札を通じて選ばれたことをアナウンスした。  ディスカバリーが保有するユーロスポーツは現在、WTCR世界ツーリングカー・カップのプロモーターを務めている他、2022年からFIA eツーリングカー・ワールドカップのステータスにアップグレードされる予定の電動ツーリングカーシリーズ、ピュアETCRでも同様の役割を果たす。  世界的の電動GT選手権の共催者としてのその役割には、FIAと協力して電気自動車メーカーがモータースポーツを通じて革新的な技術を紹介するための「長期プラットフォームを開発する」ことが含まれる。...
asimg_P2360703_156094a0e082dc2-660x989.jpg
May
06
 2020年には現場での取材ができなかったので、今回の『あなたは何しに?』は2019年以来2年ぶりの復活となる。  そして、その復活1回目に登場するのは、このコーナーで最多となる3回目の登場となるケリー・ピケだ。  ケリーが最初に登場したのは2017年のシンガポールGP。このときはトロロッソのモーターホームで1対1の取材に応じてくれ、ネルソン・ピケの長女であり、ダニール・クビアトのガールフレンドという話をうかがった。 . 2017年F1シンガポールGP トロロッソのモーターホームで取材に応じたケリー・ピケ...
asimg_d03_b45f83f3964cdf5-1280x853.jpg
May
06
 5月7日、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するThreeBond Drago CORSEは、5月15〜16日に大分県日田市のオートポリスで開催されるスーパーフォーミュラ第3戦で、タチアナ・カルデロンに代わって塚越広大を起用すると発表した。  2020年からカルデロンを擁しスーパーフォーミュラに参戦しているThreeBond Drago CORSEは、今季も継続してカルデロンを起用し、第1戦富士、第2戦鈴鹿を戦ってきた。ただ、カルデロンは5月1日に決勝レースが行われたWEC世界耐久選手権第1戦スパに参戦しており、新型コロナウイルス感染拡大防止の水際対策による日本入国後の自主隔離期間が十分に確保できない状況となったという。  そこでチームは、協議の結果第3戦オートポリスでカルデロンに代わり塚越を起用することになった。塚越は2020年もカルデロンが参戦できなかった際に代役を務めており、1台体制で参戦するチームに有益なデータをもたらしていた。...
asimg_21R03PorSu-Bot-XPB1_ae608fa1f98e96f-660x440.jpg
May
06
 メルセデスが2021年シーズン途中でバルテリ・ボッタスを降ろしてジョージ・ラッセルを起用するのではないかといううわさを一部メディアが報じたが、ボッタスはそのような懸念を全く持っていないと語った。  第4戦スペインGP木曜に、ボッタスはこのうわさについて聞かれ、「それはない。シーズン途中で交代させられたりしないことは分かっている」と答えた。 「チームとして僕たちはそういうことはしない。僕はチームと今年の契約を結んでいる。F1でそういうこと(シーズン途中でドライバーを変更すること)をするのは1チームだけだ。そしてそれは僕たちのチームではない」 「だからプレッシャーはかかっていない。状況は自分たちで把握している。でたらめが広められるのは、このスポーツの一部だ」  ボッタスが言う、シーズン途中でドライバーを変更する唯一のチームとは、レッドブルのことであるとみられる。...
asimg_21R04SpaTh-VerPerGasTsu-RBR1_4a6094798f93d76-660x440.jpg
May
06
 2021年第4戦スペインGPを前に、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは、前戦ポルトガル同様、パワーユニット(PU/エンジン)にトラブルなく戦い、ポテンシャルを最大限発揮したいと語った。  ポルトガルではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番グリッドから2位を獲得した。メルセデスのルイス・ハミルトンとフェルスタッペンのポイント差は8点、メルセデスとレッドブル・ホンダの差は18点と、両選手権において僅差の戦いが続いている。  ホンダはスペインで通算80勝目をかけて戦うことになる。 ....
asimg_2021ConstructionWorkRedBullPowertrainsFacility-RBR1_d8609469f04b340-660x440.jpg
May
06
 レッドブル・パワートレインズは、5月6日、自身のパワーユニット(PU/エンジン)設計に向け、技術部門を率いる5人のメンバーの加入を発表した。同社はテクニカルディレクターにメルセデスに長く所属したベン・ホジキンソンを起用することを、4月に明らかにしている。  F1パワーユニットマニュファクチャラーのホンダは2021年末でF1活動を終了することを決め、その後の交渉によって、そのパワーユニットプロジェクトをレッドブルが引き継ぐことで合意がなされた。レッドブルは今後自社でパワーユニットを製造していくため、レッドブル・パワートレインズを設立した。  レッドブルは2022年から自社でパワーユニットの開発を行い、レギュレーションが変更される2025年に向けて新パワーユニットを設計することになる。そのためにレッドブル・パワートレインズは優れた技術チームの形成を目指し、人員確保に取り組んでいる。...
asimg_R6_13130_126093fc6fbb166-660x440.jpg
May
06
 すべてが完璧だった。『その瞬間』までは。  全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦鈴鹿、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は走り始めのフリー走行から一貫して速く、土曜日は予選を含む全セッションでトップタイムをマーク。自身初のポールポジションを参戦20戦目で遂に獲得した。  クルマはほぼ完璧に決まっており、セッティングをほとんど変えずにQ3まで進んだ。 「クルマは良く、走りだけに集中できる環境が整っていました」と笑顔の福住。しかし、初ポールの喜びを爆発させるシーンは見られなかった。 「はしゃぎ過ぎると恥ずかしいなと思っただけで、めちゃくちゃうれしいです。スーパーGTと違い、自分とエンジニアさんが作ったクルマでのポールなので尚更です。ただ、まだ決勝では勝ったことがないので、すぐに明日の決勝のことを考えていました」  テレビ中継のマイクが向けられ「いまの喜びを誰に伝えたいですか?」と聞かれた際は、少し間をおいて「ファンのみなさんと家族に」と答えた。おそらくインタビュアーは、新婚の福住に「妻に」と言わせたかったのだろう。...
asimg_OGAH9291_a76094328332c22-660x440.jpg
May
06
「クルマとエンジンがメーカーごとにどうだったかより、どちらかと言うとタイヤ……。それでスティントごとに『このメーカーのこのタイヤが速かった』とか、次のスティントは『これが速かった』みたいななかで、たまたま(レース距離も)110周で最後に4台になったのかな、って。見方を変えると、トヨタさんが第1スティントのタイヤを当てていたら、我々はもう全然叶わないなぁ、って」  17号車Astemo NSX-GTが2021年初勝利を挙げ、第2戦という早い段階、そして富士スピードウェイという“敵地”を制した週末を、そんな謙虚な言葉で振り返ったのは、ホンダのGT500開発を率いる佐伯昌浩ラージ・プロジェクトリーダーだ。  2年ぶりゴールデンウイーク開催の500km戦、2度のピット作業義務付け条件での勝負となった第2戦は、現行規定2年目を迎える2021年型では初の挑戦。昨季からFRとした新生NSX-GTとしてはもちろん、未知の耐久戦となる。...
May
06
 前戦エミリア・ロマーニャGPに続き、F1第3戦ポルトガルGPも角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)にとって厳しいレースとなった。予選ではタイヤのグリップに苦しみ14番手。決勝でもペースを上げることができず15位でレースを終えた。角田にとっても求めていたような結果ではなかったが、海外メディアは彼のレースをどう見たのだろうか。今回も採点を通して彼らの評価をみていこう。  20人のドライバー全員を10点満点で採点するイギリスの放送局スカイ・スポーツは角田に、レース序盤にチームメイトとの接触で姿を消したキミ・ライコネン(アルファロメオ)と同じ5点の裁定を下した。他車と危うく接触しかけ5秒ペナルティを受けたニキータ・マゼピン(ハース)も同じ5点で、これは全ドライバー中ワーストの点数。「ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)のペースに大きく差をつけられてしまった」ことがこの低評価に繋がってしまった。...
3f8f3040-add5-11eb-bffd-07bf003a3879
May
06
Filed under: . . ....
asimg__D7A2208_1460943d7069dfc-660x440.jpg
May
06
2021 AUTOBACS SUPER GT Round.2 IN FUJI 500km RACE 45kgのサクセスウエイトを積むも、ベストを尽くして4位入賞! 公式練習 5/3(月・祝)9:05~ 天候:晴れ 路面:ドライ 気温:15度 路面温度:25度  SUPER GTの第2戦は、富士スピードウェイを舞台に、2年ぶりのゴールデンウィーク開催、そして500kmレースとして行われた。開幕戦で2位入賞を果たした結果、ウエイトハンデ改めサクセスウエイトを45kgも積むことになり、 苦戦も覚悟で臨んだ一戦ではあった。  公式練習においては、先ず蒲生選手が順調に周回を重ね、序盤のうちに1分37秒159をマークする。そして、ほぼ30分経過したところで菅波選手と交代。  季節の変わり目とあって、温度変化も激しいことからタイヤ選択は慎重に行われつつ、菅波選手も徐々に速さを磨き続けていく。終盤の専有走行では1分37秒382を記すまでとなる。...