RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Feb
07
 2月7日、アルファロメオF1チーム・ステークは、2023年型の新マシン『C43』を発表した。  2022年のアルファロメオは、メルセデスから移籍してきたベテランのバルテリ・ボッタスと、ルーキーの周冠宇を起用し、コンストラクターズ選手権で6位に入った。新しい技術規則が導入された2022年、アルファロメオはC42の空力開発に成功し、シーズン序盤の時点でマシン重量は全10チーム中最も軽かった。  競争力を持ったアルファロメオは、開幕戦からダブル入賞を果たした。ボッタスは第9戦カナダGPまでに7度の入賞を果たし、そのカナダでは周とともに再び揃って入賞を果たした。ところがカナダ以降はポイントから遠ざかり、後半戦での入賞はボッタスが2回、周が1回。ライバルのアストンマーティンがシーズン後半にパフォーマンスを改善したこともあり、コンストラクターズ選手権での獲得ポイント数では並んだが、アルファロメオは選手権6位を守り切った。...
asimg_C43_Front-High_LM_BOT_4000x3000_150DPI_e063e21b33946fd-660x440.jpg
Feb
07
 2月7日に発表されたアルファロメオF1チーム・ステークの2023年型マシン『C43』およびドライバーをギャラリー形式でお届け。2023年シーズンもバルテリ・ボッタスと周冠宇のコンビを継続するアルファロメオF1。公開されたC43はレッド×ブラックカラーとなり、新タイトルスポンサー『ステーク』のロゴが入れられている。 . アルファロメオF1チーム・ステークの2023年型マシン『C43』(フロント)...
asimg_XPB_1139622_HiRes_ff62663967059af-660x440.jpg
Feb
07
 各F1チームがシーズンに2回、F1昇格を狙うドライバーを金曜プラクティスで起用しなければならないという規則が2022年に導入された。その目的は、テストの機会が非常に限られる状況のなかで、若手ドライバーにF1マシンに乗るチャンスを与えることだ。  当連載では、F1ジャーナリストのクリス・メッドランド氏が、FP1ドライバーとして選ばれたドライバーひとりひとりのここまでのパフォーマンスを評価し、将来性を探る。今回はザウバーのジュニアチームのメンバーで、アルファロメオでFP1に出場、2023年のリザーブドライバーに就任したテオ・プルシェールに焦点を当てた。 ───────────────────────────────────  2022年にFP1で走行したドライバーのなかで、F1レースドライバーの座をつかむ可能性が非常に高いと思われたひとりが、テオ・プルシェールだった。  しかし、周冠宇は素晴らしいデビューイヤーを送り、アルファロメオのシートを他のドライバーに渡さざるを得ないような隙を見せなかった。それもあるが、プルシェール自身、2022年のFIA...
asimg_02_The-No.-22-Shell-Pennzoil-Ford-driven-by-Joey-Logano-is-parked-on-the-track-during-practice-for-the-NASCAR-Busch-Light-Clash-at-The-Coliseum._063e1e72b4de09-660x440.jpg
Feb
06
 アメリカ大陸が誇る最高峰ストックカー、NASCARカップシリーズで恒例となる開幕前エキシビジョン戦『ブッシュ・ライト・クラッシュ・アット・ザL.A.コロシアム』が、2月5日にカリフォルニア州のL.A.コロシアムで開催され、150周で16回のコーションが乱発の荒れた長期戦を、マーティン・トゥルーエクスJr.(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)が制する結末に。新規定車両“Next-Gen”導入初年度となった昨季も安定した戦績を残しながら、プレーオフ進出を逃していた2017年チャンピオンが“復活の狼煙”となる勝利を飾っている。  早くも2023年の開幕を迎えたカップ戦の一行は、伝統の開幕戦『デイトナ500』を約半月後に控え、初開催の前年度に続きロサンゼルスの4分の1マイル決戦で今季最初の腕試しに臨んだ。  その会期直前にはシリーズ規約の一部改訂もアナウンスされ、従来から明記されていた規定条文の運用を厳格化し、昨季プレーオフ進出権で決定的な瞬間を演出した“壁走り”が、正式にタイムペナルティの対象となることが確認された。...
asimg_02_collage_5e63e1ec50248f5-660x440.jpg
Feb
06
 創設2年目の『Nitro Rallycross(ナイトロ・ラリークロス/NitroRX)』は、2023年に入った1月21~22日にケベック州で第7戦を開催し、引き続き雪と氷のカナダ連戦として2月4~5日に同じくカナダはカルガリーのスタンピード・パークで第8戦を実施。イベント直前に現地を襲った“チヌーク風”によりトラックの氷の量が減少し、土壇場でフォーマットを変更する波乱にも動じず、ケビン・エリクソン(オルスバーグMSE AB)がシリーズ初優勝を飾っている。  1988年の冬季オリンピック開催地での雪と氷のイベントには、2日間で2万人を超える観衆が集まり、北米大陸で史上最高の動員者数を記録したラリークロス・イベントとなった。しかし準備段階で、ロッキー山脈の東側に吹きおろしてくる偏西風“チヌーク”がカルガリーを通過したことにより、フェーン現象に見舞われた現地は異常に高い気温を記録する。  これによりシリーズ主催者は、チームとドライバーとともに土壇場での再考を余儀なくされ、急遽“Nitro...
asimg_02_5b63e1e08701670-660x440.jpg
Feb
06
 2月7日、静岡県の富士スピードウェイで、GTエントラント協会が主催する専有走行がスタートした。15台のGT300クラス車両が参加しており、今季初テストとなるチームも多く見られたほか、専有走行らしいメニューをこなすチームも見られた。  すでにGT500クラスでは鈴鹿や富士などでメーカーテストが行われているが、近年GT300はメーカーテストへの相乗りができない。そこでGT300チームを集め行われたのが、GTエントラント協会主催の専有走行だ。2022年も富士で行われる予定だったものの降雪のため中止となったが、今季は2月7日から、曇り空のもと15台のGT300車両が参加しテストが行われた。  2023年に向けてはすでに体制発表を行っているチームも多いが、GOODSMILE RACING & Team UKYOは初日は片岡龍也と谷口信輝が参加。カラーリングは2月12日のワンダーフェスティバルで発表予定だが、この日は同じくRSファインがメンテナンスするスーパー耐久のTKRI 松永建設 AMG GT3のパーツも使用するなど、テストらしさを感じさせるカラーリングとなった。...
60d456123e19f70586440274a5c02452-660x440.jpg
Feb
06
 F1世界選手権に参戦するオラクル・レッドブル・レーシングと、eコマーステクノロジー企業のRokt(ロクト)は、2023年シーズンから新たに公式チームパートナーシップ契約を締結したことを発表した。  アメリカ・ニューヨークに本社を構えるロクトは、eコマーステクノロジーのグローバルリーダーとして近年急速な成長を遂げるグローバル企業だ。同社の機械学習テクノロジーは、ライブ・ネイションやペイパル、ウーバー、フールーといった世界2500社を超える企業に利用され、年間25億件以上の収益化を支えている。  そんなロクトがレッドブルF1とのパートナーシップ契約を締結した。今後はF1レースなどでの多様性強化に向けたさまざまな取り組みを共同で進めていくほか、オラクル・レッドブル・レーシングeスポーツチームにさまざまな立場で関わる女性eスポーツプレイヤーの発掘に着手し、女性プレイヤーが安全かつ真に楽しめるレースシミュレーションの実現を推進していく。...
asimg_bsb220925001_008H_736393a60a4ad01-660x440.jpg
Feb
06
 全日本ロードレース選手権に参戦しているAstemo Honda Dream SI Racingは2022年12月に参戦体制を発表したが、2月7日に未定としていたJSB1000とST600のライダーを明かした。  昨年12月12日に、チームのスポンサーを務める日立Astemo株式会社は2023年シーズンの国内モータースポーツスポンサー活動について発表。全日本ロードに参戦するエス・アイレーシングの体制を一部明らかにした。  その際には、今季もAstemo Honda Dream SI Racingとして伊藤真一監督がチームを率いて、ライダーにおいてはJSB1000が2台体制でひとりは作本輝介、ST1000は渡辺一馬、ST600は未定とされていた。...
asimg_WRC_2023_Rd.1_537_1a63e08182bf27c-660x440.jpg
Feb
06
 トヨタのヤリ-マティ・ラトバラ代表は微笑んでいた。彼は自分がうわさをされたことを知っていた。彼の考えていた計画は露呈していたのだ。  セバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)とカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がワン・ツー体制を築いたまま迎えたラリー・モンテカルロ最終日の前夜、陽気なフィンランド人と話すなかで、彼は熱心に意見に耳を傾けていた。  もちろん、オジエはこのイベントで優勝するはずだ。彼は優勝に値する走りを見せ、実際にオジエはそれを掴んだ。この勝利を、2022年モンテカルロの最後の瞬間に起きたパンクによって彼から奪われたものの“見返り”とみなす人もいるかもしれない。 ■狙いどおり? のワン・ツー・フィニッシュ...
asimg_marino_4663dbc441186f6-660x440.jpg
Feb
06
 2023年のELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズの暫定エントリーリストが、2月6日付で発表された。最高峰となるLMP2カテゴリーには18台が参戦し、グリッド全体としては42台のエントリーを集めることとなった。 ■モントーヤ親子も参戦  LMP2へのエントリーは、プロ/アマクラスが11台を占めており、昨年より大幅に増加している。これは、WEC世界耐久選手権のLMP2カテゴリーにおいて、今季からプロ/アマが廃止される影響を受けたものだ。  昨年のLMP2王者であるプレマはELMSでのタイトル防衛は目指さず、2023年はWECに2台体制で参戦するため、エントリーリストには含まれていない。  しかしながらユナイテッド・オートスポーツ、アルガルベ・プロ・レーシング、IDECスポール、デュケイン・チーム、インターユーロポール・コンペティション、クール・レーシング、パニス・レーシングが、このクラスをリードしている。...
asimg_img_313937_2_3a62b0032a2415b-660x440.jpg
Feb
06
 2月7日、三陽工業株式会社は『KRP三陽工業&RS-ITOH with VISSEL KOBE』のチーム名で、2023年全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスに柳川明、新たにST1000に佐野優人を起用して参戦すると発表した。また、鈴鹿8時間耐久ロードレースにも参戦を予定している。  1980年に設立された三陽工業は、2016年からレースの参戦をスタートさせ、2018年までJSB1000クラスを戦った。その後はST600クラスに変更したが、2021年は参戦自体を撤退していた。  ところが、RS-ITOHと再度タッグを組み、2022年にレース活動を復活。カワサキNinja ZX-10RでJSB1000クラスに柳川を擁して参戦し、鈴鹿8耐にも挑戦した。  参戦復活から2年目となる同チームは、2023年も柳川を継続させてJSB1000にエントリー。さらに佐野を加入させてST1000に参戦させることとなった。  監督は伊藤一成氏、カワサキNinja ZX-10Rを走らせることに変わりはない。また、鈴鹿8耐にも参戦するが、ライダーの発表は2月17日を予定しているという。...
asimg_06f80ed5d118acc980a07746f37d2508fc3a99df-7953x5302_6f63e10b2c262e5-660x440.jpg
Feb
06
 ウイリアムズ・レーシングの新パートナー、ガルフ・オイル・インターナショナルは、2023年シーズン中に、ウイリアムズFW45にワンオフのスペシャルカラーリングを施して走らせる可能性があると明かした。  2月6日、ウイリアムズが2023年型FW45のカラーリングを発表した際に、ガルフ・オイルと複数年にわたるパートナーシップ契約を結んだことも明らかにした。この契約に伴い、ガルフのロゴが、FW45やドライバースーツに飾られる。 ....
asimg_Pierre_Gasly_completes_2023_BWT_Alpine_F1_Team_driver_line_up_ac639d59c8bf15e-660x440.jpg
Feb
06
 ピエール・ガスリーのアルファタウリからアルピーヌへの移籍は一種の昇格に相当するが、彼は2019年のレッドブル移籍のときとはまったく異なる考え方で臨んでいる。  当時22歳だったガスリーは、ダニエル・リカルドに代わるマックス・フェルスタッペンのチームメイトにふさわしいと、レッドブル上層部にみなされていた。しかしガスリーは、最初からフェルスタッペンと同等のパフォーマンスを発揮するのに苦戦した。2019年シーズンの12戦が終わると、強硬派のヘルムート・マルコ(レッドブルのモータースポーツアドバイザー)はガスリーをトロロッソへ降格させ、ルーキーのアレクサンダー・アルボンにレッドブル・レーシングのシートを与えた。  そして今、ガスリーはふたたびレッドブルの姉妹チームを離れ、レッドブルファミリーの外の、より競争力のあるチームに移籍した。ガスリーは4年前とはまったく異なるドライバーとなって、新たな試みに乗り出している。 「レッドブルにいたのがはるか昔のことのように感じられる。あれから仕事でも私生活でもたくさんのことがあった」とガスリーは語った。...
asimg_t06_ed63e12e12992d7-660x440.jpg
Feb
06
 2月7日、スーパーGT GT500クラスにTGR TEAM au TOM’S/TGR TEAM Deloitte TOM’Sとして参戦するトムスは、2023年の参戦体制およびカラーリングを発表した。2台ともに『チャレンジャーとしてあらゆる方向に挑戦していく力』を基本デザインとし、大幅に変更された一体感をもつカラーリングをまとう。  すでにTOYOTA GAZOO Racingから発表されているとおり、36号車を走らせるTGR TEAM au TOM’Sは坪井翔と宮田莉朋、37号車を走らせるTGR TEAM Deloitte TOM’Sは笹原右京とジュリアーノ・アレジを起用。強力な体制でGT500クラスに参戦する。  そんな2台だが、2023年はカラーリングデザインが大きく変更されることになった。36号車はau、37号車はデロイトトーマツと、それぞれの企業カラーを活かしながら、『チャレンジャーとしてあらゆる方向に挑戦していく力』を基本デザインに一体感あるカラーリングをまとう。  チームアテンダントは36号車は『au Circuit...
asimg_03_c263e125fec2cbd-660x371.jpg
Feb
06
 2月7日、神奈川県横浜市のアネスト岩田株式会社は、2023年のスーパーGT GT300クラスに『ANEST IWATA Racing』として参戦すると発表した。レクサスRC F GT3、そして3人の若きスピードあふれるドライバーを起用する充実の体制が敷かれた。また、参戦にあたり2月12日(日)には、横浜市港北区のアネスト岩田本社で、参戦体制発表を行うイベントが開催される。  2023年のスーパーGTで大きな注目を集めそうなエントリーが誕生した。空気圧縮機、真空機器、塗装機器・設備ならびに液圧機器・設備をグローバルに製造、販売するアネスト岩田が、『ANEST IWATA Racing』としてGT300クラスに参戦することになったのだ。  今回、ANEST IWATA Racingとしての活動は、今までのアネスト岩田にとって未知未踏の領域を切り開く“挑戦”の象徴的な突破口であり、かつモータースポーツを通じて社会と繋がるプラットフォームとなるとしている。モビリティビジネスへの進出や、異業種企業とのオープンイノベーション、地域との交流、優秀な人材の採用などを展開していく。...
asimg_22R16ItaSu-DeVries-XPB2_cd631ec6358a38c-660x440.jpg
Feb
06
 ニック・デ・フリースのモータースポーツのキャリアはF1に昇格したことで変わったが、それにより身体トレーニングのメニューの「大幅な」改良も余儀なくされた。  1年前、デ・フリースはメルセデスでフォーミュラEの新シーズンを迎えており、このシリーズは彼にとって当面のホームとなっていた。その一方でデ・フリースはメルセデスF1のリザーブドライバーを務めていたことから、メルセデスやカスタマーチームのウイリアムズ、アストンマーティンでフリー走行1回目を担当した。  そしてモンツァでのイタリアGPの週末にアレクサンダー・アルボンが急性虫垂炎にかかったことから、ウイリアムズはデ・フリースに代役を依頼した。これはデ・フリースにとって千載一遇のチャンスだった。彼は堂々たる走行で代役ながらトップ10フィニッシュを飾ったため、レッドブルが大きな関心を持ち、最終的にピエール・ガスリーのアルピーヌ移籍で空いたアルファタウリのレースシートが彼に与えられた。...
asimg_2023-01-23-14.31.37_6063ce1c2adea6e.jpg
Feb
06
 2023年シーズンのスーパーGT開幕まであと2カ月……。レースが待ちきれないというファンの方に向けて、熱い戦いが繰り広げられた2022年シーズンを凝縮したスーパーGTの動画が『.』で公開されている。  今シーズンも熱いバトルが期待されるスーパーGT。しかし、開幕まではまだ2カ月強は待つ必要がある。そこで、スーパーGTの魅力を映像(動画)で伝える.では、2022年のスーパーGTを凝縮した動画を1〜2月中に公開している。  今回公開された動画は『GT300 2022シリーズチャンピオンマシンを松田次生が解説...
asimg_WilliamsF1_86032_LoRes_b763e10ada6ffb5-660x440.jpg
Feb
06
 ウイリアムズ・レーシングは、2月6日、イギリス・グローブの本拠で2023年型F1マシン『FW45』のカラーリング発表会を行い、新しいパートナーとして、世界有数の潤滑油&燃料製品メーカー、ガルフ・オイル・インターナショナルと複数年にわたるパートナーシップ契約を結んだことも発表した。この日披露したのは新カラーリングのみだったが、チームは『FW45』の開発コンセプトについてもコメントしている。  2022年末でマクラーレンとの契約を終えたガルフがウイリアムズのパートナーとなり、そのロゴがマシンに加わった。この契約は発表前から予想されており、2023年型ウイリアムズはライトブルー&オレンジのガルフカラーに一新されるのではないかという推測もあったが、発表されたカラーは、「昨年型FW44の発展形」ということで、ブルーを基調にレッドのラインが入ったものになった。なお、今年のカラーリングには、コース上でのビジュアルを強化するため、マット塗装が取り入れられた。...