RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_10_c16017c25db662b-1280x853.jpg
Feb
01
 2月1日、岡山国際サーキットで8台のGT300車両が参加して行われた『GT3特別スポーツ走行』と題されたスポーツ走行が行われたが、ここで1月29日にスーパーGT GT300クラス参戦を発表していていたTeam LeMans with MOTOYAMA Racingが初めての走行を行った。本来のチームが走らせる車両ではないが、三度のスーパーGTチャンピオンの本山哲と、スーパーフォーミュラ・ライツで経験を積んできた片山義章がドライブした。  2021年のスーパーGTのなかでも、大きな話題のひとつとなっている帝王・本山の復帰とTeam LeMans with MOTOYAMA RacingとしてのスーパーGT参戦。2018年を最後に「GT500クラスからの引退」を表明した本山が、2020年末のフォーミュラでの「リハビリ」を経て、この日ひさびさにGTカーのコクピットに乗り込んだ。  午前、午後と2時間ずつ行われたこの日の走行では、まだチームがオーダーしているアウディR8 LMSが到着していないため、2020年にチーム・ルマンがメンテナンスを担ったAudi Team...
asimg_20R01AusSu-Vet-XPB5_3e5fb623fc2d92c-660x440.jpg
Feb
01
 F2、F3のグリッド、また他のシリーズについては言うまでもないが、F1グリッドのほぼすべてのドライバーも、ルイス・ハミルトンが2020年に7度目の世界タイトルを獲得したメルセデスの『W11』をドライブすることができれば、F1のチャンピオンシップを制することができると確信している。  もちろんこうしたドライバーのほとんどは、たとえ最高のF1マシンを与えられても、チャンピオンシップどころかグランプリで1勝もできないだろう。しかし元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、昨年のメルセデスのマシンでタイトルを獲得できる可能性を持ったドライバーがふたりいると確信している。 「シャルル・ルクレール(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のふたりは優れたドライバーだ。だがハミルトンが世界でも最も競争力があり、完成されたドライバーであることは変わらない」とベルガーはイタリアの『Autosprint』に語った。...
asimg_02_900-Mike-and-Michelle-Halder-Photo-Michelle-Halder-1024x683_7e60177e9f8d9e6-660x440.jpg
Feb
01
 複数年にわたってFK8型ホンダ・シビック・タイプR TCRで戦ってきたドイツ出身のドライバー、マイクとミシェルのハルダー兄妹は、2021年のWTCR世界ツーリングカー・カップへのステップアップを計画していることを明かし、2020年のTCRヨーロッパ挑戦からわずか1年で世界戦へのチャレンジを決断した。また、WTCRは今季からP1 Racing Fuels(P1レーシング・フューエルズ)と2年契約を結び、15%のバイオ燃料を導入するとアナウンスしている。  現在24歳の兄マイク・ハルダーは、2017年にTCRドイツでドライバーズランキング2位を獲得したのを最上位に例年タイトル争いを繰り広げ、3歳年下の妹ミシェル・ハルダーとともに、家族経営の組織“Team Halder(チーム・ハルダー)”でTCR規定ツーリングカーのシリーズを戦ってきた。...
asimg_XPB_1004940_1200px_546017b952b5cef-660x439.jpg
Feb
01
 2020年のFIA-F2終了後にFIAルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた角田裕毅が、アルファタウリ・ホンダから2021年シーズンのF1に参戦する。海外でもその走りで注目を集めている角田だが、ヨーロッパのファンたちは彼のどんな面に共感をもったのだろうか。スペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアが2018年のFIA-F4時代から角田の走りを振り返る。 ———————————————  2014年にケータハムに在籍した小林可夢偉以来となる、日本人F1ドライバーが誕生した。2021年に角田裕毅がアルファタウリ・ホンダからF1に参戦する。角田はピエール・ガスリーのチームメイトとなるが、ガスリーも2017年にスーパーフォーミュラに参戦していたので、日本とのつながりを持っているドライバーだ。  日本のモータースポーツファンにとって非常にエキサイティングな状況であることは間違いない。実際のところ、ヨーロッパの誰もがこのドライバーに何ができるのか見ることを楽しみにしているのだ。このことは、これまでの彼の成功を評価するための良い方法だと感じている。...
asimg_f1201213011H_d6017b0f70ea66-660x440.jpg
Feb
01
 モータースポーツだけでなく、クルマの最新技術から環境問題までワールドワイドに取材を重ねる自動車ジャーナリスト、大谷達也氏。本コラムでは、さまざまな現場をその目で見てきたからこそ語れる大谷氏の本音トークで、国内外のモータースポーツ界の課題を浮き彫りにしていきます。  第7回目のお題は『自動車メーカーとモータースポーツの関わり』です。  2020年は国内外の自動車メーカーがモータースポーツ戦略を大きく見直すニュースが数多く発信された1年でした。『撤退』『参戦終了』などマイナスイメージの動きが大きく取り上げられていますが、決してそんなことはありません。自動車メーカーの“新たな”モータースポーツ活動は、熱く積極的に動き出しているのです。 * * * * * * *  前回はモータースポーツ界の2020年を振り返るとともに、2021年に向けての提言をしましたが、今回は自動車メーカーとモータースポーツの関わりというテーマで最近の動向をまとめてみました。...
asimg_01_756017c24e82f4d-1280x853.jpg
Feb
01
 2月1日、岡山県の岡山国際サーキットで、『GT3特別スポーツ走行』と題されたスポーツ走行がスタートした。この走行にスーパーGT GT300クラスに参戦する8台のマシンが参加し、不安定な天候のなかながら、2セッション4時間に渡って走行している。  2021年のスーパーGT開幕戦の舞台として予定されている岡山国際サーキット。まだ日中でも気温6度ほどと厳しい冷え込みのなかではあるが、GT3カーなら参加が可能な『GT3特別スポーツ走行』に8台のGT300マシンが参加した。10時からスタートした午前は曇天だったものの、昼ごろに小雨が舞いはじめ、午後はウエットとなった。なお、各車ともスポーツ走行なのでフロントウインドウに“スポーツ走行券”を貼っている。  すでに体制発表済みのチームでは、2020年12月に谷口信輝/片岡龍也の続投を発表したGOODSMILE RACING & Team UKYOのグッドスマイル 初音ミク AMGが参加。この日は午前を片岡が、午後を谷口がドライブした。  また同様に発表済みのチームでは、TEAM...
asimg_2210129-goldwing_005H_546017c532b08da-660x440.jpg
Feb
01
2021年01月29日 プレスリリース 「Gold Wing」シリーズの商品魅力を向上させるとともにカラーバリエーションを変更し発売  ホンダは、モーターサイクルとしては唯一※1となる水平対向6気筒1,833ccエンジンを搭載した、大型プレミアムツアラー「Gold Wing(ゴールドウイング)」シリーズの使い勝手や快適性を向上させ、カラーバリエーションを変更するとともに、トランスミッションをお客様から好評のDual Clutch Transmission(DCT)のみとし、Honda Dreamより2021年2月25日(木)に発売※2します。  今回、Gold Wing Tourのリアトランク容量を、従来の50L※3からフルフェイスタイプのヘルメット2個相当※4の61L※3に拡大することで使い勝手を向上させました。  また、パッセンジャーシートの背もたれ部分を、リアトランクの形状変更に伴い17度から24.5度に寝かせるとともに30mm高くすることで、パッセンジャーの快適性を向上。...
asimg_2210129-dio110_002H_476017bffd260ea-660x440.jpg
Feb
01
2021年01月29日 プレスリリース 原付二種スクーター「Dio110」をフルモデルチェンジし発売  ホンダは、軽快な走りと扱いやすい出力特性を兼ね備えた原付二種スクーター「Dio110」に、新設計のエンジン「eSP」※1や軽量・高剛性フレーム「eSAF」※2、利便性の高いHonda SMART Keyシステムを採用するなどフルモデルチェンジし、2月25日(木)に発売します。  今回、Dio110に搭載した新設計の空冷・4ストローク・OHC・109cc単気筒エンジンeSPは、圧縮比を高めたコンパクトな燃焼室とし、エンジンをロングストローク化することで燃費性能をより高めるなど、力強い走りと環境性能を高次元で両立。また、新設計フレームeSAFは、プレス材に高張力鋼板を使用し、レーザー溶接などの最新技術を採用した、高剛性かつ軽量なフレームとしました。さらに、Honda SMART Keyシステムや、低燃費運転をサポートするECOインジケーターを採用するなど、使い勝手を高める装備をより充実させました。...
asimg_20R09Tos-start-XPB10_9d5f630671e2c08-660x440.jpg
Jan
31
 イタリア政府とエミリア・ロマーニャ州の地元当局は、4月16〜18日にイモラで開催されるF1を利用して、国と州のイメージを宣伝しようとしている。地元州知事のステファノ・ボナッチーニは木曜日、レースは『メイド・イン・イタリア・アンド・エミリア・ロマーニャGP』の名の下に開催され、伝統のイタリアGPはモンツァが継承することを発表した。  2020年、FOMは2レース以上を開催できる複数の国とサーキットを必要としたため、開催国名ではなく地域名が冠されたグランプリが初めてお目見えした。レッドブルリンクでの2回目のレースはシュタイアーマルクGPの名前で行われ、ニュルブルクリンクでのレースはアイフェルGPと呼ばれた。  イモラはエミリア・ロマーニャGPを開催し、ムジェロでの初のF1レースはトスカーナGP、バーレーンでの2回目のレースはサクヒールGPという名称だった。それに加えて、シルバーストンでの2回目のレースは70周年記念GPの名前で開催。イモラが今年行うことには、前例があることになる。...
asimg_45_0220200229-20FON1NK_04789_d260179914c054a-660x440.jpg
Jan
31
 NASCARカップシリーズでは、ジミー・ジョンソンが今季からインディカーシリーズに転身(ロード戦のみ出場)。カップ戦のチャンピオンに7回(過去にはふたり)も輝いているドライバーがいなくなった。つまり、絶対的なチャンピオン候補が不在。彼に代わってシリーズを背負っていくスーパースターは誰になるのか?  もっとも近い位置にいるのはカイル・ブッシュ(ジョー・ギブス・レーシング=JGR/トヨタ)だろう。タイトルを2015年と2019年に2回獲っており、才能、実績ともにトップであることは疑いようもない。王座に複数回就いている現役ドライバーは、実はいま彼ひとり。年齢も35歳。あと10年ぐらいは現役を続けられそうだ。  ヒールキャラクターで人気はいまひとつだったが、近ごろはジワジワと上昇中。そんなことは気にせず、勝ちすぎて嫌われるぐらいになるほうがいいかもしれない。史上ふたり目の7タイム・チャンピオン=デイル・アーンハートもそうだった。それを貫いた彼は晩年、正義の味方的ポジションだったジェフ・ゴードンを凌ぐ人気を博していた。...
asimg_XPB_1049493_1200px_ec60178dc4b36a8-660x439.jpg
Jan
31
 F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、2021年もレースのスタート前に多様性と反人種差別のメッセージを打ち出すことを継続すると述べている。  F1では、2020年春の人種的不平等に対する抗議活動と世界的な新型コロナウイルスの流行拡大を受けて、『We Race As One』のキャンペーンを開始した。レースの前に、多様性についてのF1の姿勢を示すための短い時間が割かれ、ドライバー全員が『END RACISM』(人種差別を終わらせよう)のTシャツを着用してグリッド最前列に並び、7度の世界チャンピオンのルイス・ハミルトンの主導によって、多くのドライバーが片膝をついた。 ....
asimg_2021R1Race13_d56017433010b10-660x440.jpg
Jan
31
 現地時間1月29日(金)〜30日(土)、2021年F3アジアチャンピオンシップの開幕戦がドバイ・オートドロームで開催。F3デビュー戦となった岩佐歩夢(ハイテックGP)はレース1が6位、レース2が5位、レース3は5位だった。  例年アジアのサーキットを転戦するF3アジア。開催時季が欧米のオフシーズンと重なるため、若手が実戦感覚を養う場として、またF1に必要なスーパーライセンスポイントを稼ぎたいドライバーが参戦することから岩佐にとっても習熟の場となる。レース結果に応じ1位から10位までに、それぞれ25、18、15、12、10、8、6、4、2、1ポイントが付与される。  23台がエントリーした今年は移動を最小限に留めたスケジュールが組まれ、全5戦15レースをUAEアラブ首長国連邦のなかで行い、2月24日に閉幕する短期決戦だ。...
asimg_sub2_7e60177d22bf67d-660x440.jpg
Jan
31
 スポーツシートでおなじみのブリッドは2月1日、トヨタGRヤリス用にローポジション化したシートレール『トヨタ GRヤリス用 LFタイプ』の販売を開始した。  1981年の創業以来、自動車のアフターマーケットにおいて40年にわたり、スポーツシートを開発・販売してきたブリッド。今回新たに登場した『トヨタ GRヤリス用 LFタイプ』はトヨタのGRヤリス向けにローポジション化を実現しつつ保安基準に適合したモデルだ。  純正シートを取り外し、BRIDEブランドのシートを取り付ける際には、BRIDEシートに適合した車種別のシートレールが必要となる。  そんな車種別のシートレールのなかで、サーキットでのスポーツ走行をする上で欠かせないドライビングポジションの最適化を念頭において開発された『トヨタ GRヤリス用 LFタイプ』は、ブリッドの特許技術であるローマックス構造により、純正座面高から最大約65mmダウンのローポジションを実現している。...
asimg_03-2_levitt-R24-013121-GB-13801_b16017714ab52f2-660x440.jpg
Jan
31
 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第1戦デイトナ24時間レースでGTLMクラスの優勝を果たしたコルベット・レーシング3号車シボレー・コルベットC8.Rのドライバー、ジョーダン・テイラーは、.あと、レースの最後の7時間をニッキー・キャッツバーグとふたりだけでドライブしなければならないという知らせに、「ショックを受けた」と語った。  テイラー、ガルシア、キャッツバーグはシボレー・コルベットC8.Rの耐久レースにおける最初の勝利に向けてトリオを編成したが、テイラーとキャッツバーグはチェッカーに至るまで想像以上の運転を強いられた。 「正直に言って、それは良いニュースではなかったね」とテイラー。 「僕は2度目のトリプル・スティントを終えて、自分の仕事は完了……と思っていた。マッサージを受けてリラックスして、ニッキーとアントニオのレースを見守ろうとしていた」...
asimg_galstad-R24-013121-GB-13280_8960176cf891786-660x440.jpg
Jan
31
 2021年シーズン開幕戦となったIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第1戦デイトナ24時間レースにキャデラック・チップ・ガナッシ・レーシングから参戦したランガー・バン・デル・ザンデは、タイヤのパンクによって3連覇の夢が潰えるその瞬間まで、最後のスティントは勝利のため全力を尽くしたと語った。  バン・デル・ザンデがアンカーを務めた01号車キャデラックDPi-V.Rはレース終盤、コニカミノルタ・アキュラARX-05(ウェイン・テイラー・レーシング)の10号車アキュラARX-05と激しい優勝争いを繰り広げる。  しかし、オランダ人がドライブするキャデラックはフィニッシュまで残り8分となったところで右タイヤがバースト。2番手走行中でありながら緊急ピットインを余儀なくされ、5位でチェッカーを受けることとなった。...
asimg_Le-Mans-Porsche-2014-C_4e60175e9ec5432-660x440.jpg
Jan
31
 スーパーGTを戦うJAF-GT見たさに来日してしまうほどのレース好きで数多くのレースを取材しているイギリス人モータースポーツジャーナリストのサム・コリンズが、その取材活動のなかで記憶に残ったレースを当時の思い出とともに振り返ります。  今回は2014年の第82回ル・マン24時間レース。トヨタ、アウディ、ポルシェという3メーカーが参戦したLMP1-Hクラスでは、激しい技術開発競争が繰り広げられていました。 * * * * * * * * *  ル・マン24時間レースには常に何か特別なものがある。レースはほとんどが公道で構成されている長距離コースのサルト・サーキットで行われる。歴史があり、高い名声を誇る真に素晴らしいレースであり、各チームは勝つためにあらゆる手を尽くすが、2014年の第82回大会は特に顕著なレースだった。...