RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_02_62db3ac2-0e77-e845-ae29-043b93880727_e36281c92d5b95b-660x440.jpeg
May
16
 2020年からETRCヨーロピアン・トラック・レーシング・チャンピオンシップに参戦するドイツ出身のクレメンス・ヘッカーが、新たなシーズンに向け完全新開発の新型トラック投入を表明。デビュー時よりゆかりのある北欧『SCANIA(スカニア)』製ヘッドを採用した、その名も“プレデター・ミンナ”で、自身3年目のETRCを戦うとアナウンスした。また、4月下旬にチェコ共和国のモストで開幕前プレテストを実施したシリーズは、全15台を数える年間エントリーリストを公開している。  かつてミカエル・ヨハンソンがドライブした『スカニア・トーピード』を譲り受け、2017年にドイツ国内選手権でデビューを飾ったヘッカーは、その後トラックレーシング界で実績あるMAN(マン)にスイッチしてオランダのシリーズで腕を磨いたのち、2020年より晴れて欧州選手権のETRC昇格を果たした。  そうした自身の努力を強化するべく、ヘッカーはかねてより「真新しいトラックを作りたいと思っていた」と明かしており、この2年計画と数カ月のハードワークの後、印象的な新型トラックがいよいよETRCデビューの準備を整えた。...
asimg_2022CROATIA_AUS_2205_4f6282124c20f5a-660x440.jpg
May
16
 ヒョンデ・モータースポーツのワークスドライバーであるオリバー・ソルベルグは5月15日、自身のTwitter(@OliverSolberg01)を更新し、WRC世界ラリー選手権第4戦ポルトガルでステアリングを握る愛車の新カラーリングを初公開した。  2022年シーズン、ヒョンデ(旧ヒュンダイ)の育成ドライバーからワークスドライバーに昇格したソルベルグ。彼は今季の開幕3戦を新車の『ヒョンデi20 Nラリー1』で戦ってきたが、今週末の5月19~22日に開催されるポルトガルではトップカテゴリーには出場しない。  これはソルベルグとヒョンデの3台目のマシンをシェアしている.ためだ。  先輩ドライバーに一時的にシートを譲る格好となる20歳のソルベルグはその間、WRC2クラスにエントリーする。そこで彼がステアリングを握るのは、自身が車両開発に携わり昨年デビューした『ヒョンデi20 Nラリー2』だ。...
asimg_XPB_1140263_HiRes_40628207d21eeeb-660x440.jpg
May
16
 角田裕毅(アルファタウリ)が、2021年にたびたび話題になった無線での言動について、2022年はある変化があったことを明かした。  角田は2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPで予選16番手から着実に順位を上げ、7位フィニッシュでポイントを獲得。2年目となるシーズンの成長を印象づけた。 『The Race』によると、第4戦終了後に「次のステップに進んだ」と自らのドライビングを振り返った角田は、その一環として無線に対するアプローチの仕方が変わったことを明らかにした。  角田の無線での言動については、昨シーズンたびたび話題に上がることがあった。特に、一年前のエミリア・ロマーニャGPのFP3で角田が発した「トラフィックパラダイス(渋滞天国)」というワードはSNSやメディアで大きく取り上げられ、流行語となった。  こうした無線に対して、ランド・ノリス(マクラーレン)も自身のYouTube動画で「裕毅が無線で叫んでいるのが好き」と触れるなど、ファンを惹きつける一方、その過激さゆえに苦言を呈されることもあった。 『The...
asimg_EPS808_141230_ALS0174-2048x2048_b26281f8cee9f50-660x440.jpg
May
16
 2022年をもってABB FIAフォーミュラE世界選手権から撤退するメルセデスEQフォーミュラEチーム。5月14日からドイツ・ベルリンで開催されているフォーミュラE第7戦&第8戦において、現地時間14日の早朝にプレスリリースが公開され、マクラーレン・レーシングがメルセデスEQフォーミュラEチームを買収し、2023年シーズン9からの新レギュレーション“Gen3”へと参入することが発表され話題を呼んだ。  発表された時間が午前8時40分で、当日のフリープラクティス2回目が開始する直前で慌ただしく出走準備をする時間帯となり、騒然とする間もほとんどなくそのままセッションが始まった。  昨シーズンのチャンピオンでもあるメルセデスEQ所属ドライバーのニック・デ・フリースは、予選後に行われたドイツの民放局『Pro7』のインタビューでは「このチームがなくなってしまうのが残念だ」とコメントをしていたが、『来季はマクラーレンとなり運営母体が変わるこのチームで継続してドライブをする予定なのか?』という質問に対しては、明確に否定をした。...
asimg_GP2205_132320_54I0560_cc627a07067e433-660x440.jpg
May
16
 セバスチャン・ベッテルは先日の木曜日、毎回200万人以上が視聴する『BBC』の時事問題討論番組『クエスチョン・タイム』に出演し、大量のガソリンを消費するという非難に対する意見を述べ、普段の環境問題への取り組みや地球の未来に向けた考えを述べた。  トピックは環境問題についてで、ベッテルはプログラムの司会者であるフィオナ・ブルースからの招待を受け入れた。ベッテルはレーシングドライバーとして活動していることで、彼の環境問題への取り組みが真剣なものか疑念が生じるだろうと認識していたが、いつものように正面からのアプローチで難しい話題に対峙。偽善的と呼ばれるリスクを冒しながら、ベッテルは以下のように説明した。 「マシンをドライブするのは僕の情熱だ。毎回マシンに乗り込む、それが大好きだ。でもマシンを降りると、もちろん僕はこうも考える。『これが僕たちがやるべきことなのだろうか。世界中を旅して資源を浪費することが?』」...
asimg_1019141005-LAT-20220514-EPS807_130519_W6I2231_666281dfc43c70e-660x440.jpg
May
15
 5月14~15日、2021/2022年ABB FIAフォーミュラE世界選手権“シーズン8”の第7戦、第8戦となるベルリンE-Prixがドイツ・ベルリンのテンペルホーフ空港跡地に設営された特設サーキットで開催され、第7戦はエドアルド・モルタラ(ロキット・ベンチュリ・レーシング)、第8戦はニック・デ・フリース(メルセデスEQフォーミュラEチーム)が優勝を飾った。  早くもシーズン中盤戦を迎えた2022年のフォーミュラE。ベルリンダブルヘッダー初戦となる第7戦でポールポジションを獲得したのは好調モルタラとなり、2番手にアレクサンダー・シムズ(マヒンドラ・レーシング)、3番手にはアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチーター)が続いた。  決勝レースのスタートではポールのモルタラが好ダッシュを決め、トップをキープ、その後ろでは3番グリッドのダ・コスタがシムズの横に並びかけるも、シムズも2番手の座を譲らずにオープニングラップを終える。しかし3周目、ヘアピンでダ・コスタがシムズのインに入り2番手に浮上する。...
May
15
 5月14~15日、2021/2022年ABB FIAフォーミュラE世界選手権“シーズン8”の第7戦、第8戦となるベルリンE-Prixがドイツ・ベルリンのテンペルホーフ空港跡地に設営された特設サーキットで開催され、第7戦はエドアルド・モルタラ(ロキット・ベンチュリ・レーシング)、第8戦はニック・デ・フリース(メルセデスEQフォーミュラEチーム)が優勝を飾っている。 【順位結果】2021/2022年フォーミュラE第7戦ベルリンE-Prix Pos. No. Driver Team Laps QF
1​
48 ​
E.モルタラ ロキット・ベンチュリ・レーシング
40​
1 2​
25 ​
J-E.ベルニュ DSテチーター
40​
4 3​
5 ​
S.バンドーン...
asimg_1019129227-SUT-20220508-GP2205_135805DSC_4860_b06281df8e0aeda-660x440.jpg
May
15
 マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンによると、F1の伝説的存在であるマリオ・アンドレッティは、オースティンで開催される今年のアメリカGPの前に、マクラーレンのF1マシンに乗り込むことになるという。  アンドレッティは先週末に初めて開催されたF1マイアミGPに来場し、マーティン・ブランドルのグリッドウォークの間、ブラウンと、同じくモータースポーツの象徴的存在であるエマーソン・フィッティパルディと並んで立っていた。  ブランドルは、82歳で今もゲストをインディカーの2シーターに乗せて驚かせているアンドレッティに対し、現代のF1マシンをドライブできるか尋ねた。当然ながら1978年のF1世界チャンピオンであるアンドレッティは、やる気はあると答えた。 「もし彼らが許してくれるのなら、私は乗るよ」とアンドレッティは語った。「それは私の、年を取りすぎる前にやりたいことのリストにかなり長い間入っているものだ。自分でコクピットを跨げるようにね」  そこでブランドルはブラウンに水を向けると、ブラウンはある提案を持ちかけた。...
asimg_OGA29746_e56272757737036-660x440.jpg
May
15
 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは5月16日、鈴鹿サーキットで5月28~29日に開催する2022年シーズンの第3戦『たかのこのホテル SUZUKA GT 300km RACE』のエントリーリストを発表した。GT500クラスは15台、GT300クラスは前戦から1台減の27台と、両クラス合計42台が参戦を予定している。  GT500クラスのチーム、マシンの顔ぶれは5月3〜4日に行われた第2戦富士から変化はない。しかし、GT300クラスでは複数のチームで第2戦からラインアップに変更があった。  まず、前戦富士の決勝でクラッシュを喫した22号車アールキューズ AMG GT3は、5月16日時点で今大会のエントリーリストにその名がなく、第3戦鈴鹿は欠場するようだ。チームにとってもホームグラウンドと言える鈴鹿だっただけに欠場は残念だが、次戦以降に復活を果たし、快走を見せる姿を心待ちにしたい。  7号車Studie BMW...
asimg_1019149348-LAT-20220515-GALSTAD-MIDO-0522-137962_2a6281dd62a36bd-660x440.jpg
May
15
 アメリカ・オハイオ州のミド・オハイオ・スポーツカーコースで5月15日、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の2022年シーズン第5戦が行われ、ウェイン・テイラー・レーシング(WTR)が運営するコニカミノルタ・アキュラARX-05(リッキー・テイラー/フィリペ・アルバカーキ組)が優勝した。  近年、ホンダの北米ブランドであるアキュラがタイトルスポンサーを務めてきたイベントは、今年サポートブランドがレクサスに替わり、新たに『レクサス・グランプリ・アット・ミド・オハイオ』として開催されることになった。  ミド・オハイオがIMSAシリーズの一戦に加えれた2018年以降、同トラックではアキュラARX-05が無敗を誇っている。これにストップをかけたいキャデラックDPi-V.Rはこの第5戦を前に変更されたBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)によって10kg軽くなった最低重量を武器に、セバスチャン・ブルデー駆るキャデラック・レーシング(チップ・ガナッシ・レーシング)の01号車キャデラックが予選最速タイムを記録。ポールポジションを獲得した。...
asimg_Copy-of-RD7_LeMans_Nakagami_2022-04635_7d6281b7bf33f92-660x440.jpg
May
15
 5月15日、2022年MotoGP第7戦フランスGP MotoGPクラスの決勝がフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は7位でフィニッシュした。  午前のウォームアップ走行はドライコンディションでの走行となった。フロント、リヤともにソフトタイヤを履いた中上は、1分31秒822を記録して3番手で終え、決勝に向けて最後の調整を行った。  迎えた決勝、午後から雨が予報されていたル・マンだったが、MotoGPクラスの決勝は気温28度、路面温度36度のドライコンディションで始まった。3列目の12番手スタートとなった中上は、好スタートを切って4番手に上がるが、翌周に2コーナーの進入でファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)と接触し、9番手までポジションを落としてしまう。...
asimg_ELMS-Start_bb6281b08052ce3-660x440.jpg
May
15
 5月15日、イタリアのイモラでヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)第2戦決勝が行われ、2度のドライブスルー・ペナルティを受けながらもプレマ・レーシングの9号車オレカ07・ギブソン(ロレンツォ・コロンボ/ルイ・デレトラズ/フェルディナンド・ハプスブルク)が優勝を飾った。  .に続くELMSは、イモラを舞台にした4時間レース。全車オレカ07・ギブソンで争われるLMP2クラスには17台、LMP3クラスは13台、LMGTEクラスには12台と、今回も42台の車両がエントリーした。  14日の予選でポールポジションを獲得したのは、アレッシオ・ロベラがアタックしたAFコルセ88号車。2番手にTDSレーシングの31号車、3番手にプレマ・レーシングと続いていた。...
asimg_EG2A0688_d86281bd518ade5-660x440.jpg
May
15
 5月14~15日、ファナテック・GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ第3戦がフランス、マニ-クール・サーキットで開催された。スプリントカップの今季第2ラウンドとなった今戦は、土曜のレース1でチームWRTの32号車アウディR8 LMS GT3(シャルル・ウィーツ/ドリス・ファントル組)が優勝。日曜に行われたレース2ではアコーディスASPチームの89号車メルセデスAMG GT3(ラファエル・マルチェッロ/ティムール・ボグスラフスキ組)がポール・トゥ・ウインを飾っている。  週末の両日ともに晴天に恵まれた2022年シーズンの3戦目。土曜と日曜にそれぞれ予選と60分間の決勝レースを行うフォーマットで行われたマニ-クールでのイベントは、アウディ勢と“強豪”アコーディスASPのメルセデスAMGが火花を散らす展開となった。  土曜に開催されたレース1の予選では、11号車アウディR8 LMS(トレソル・バイ・カー・コレクション)がポール・ポジションを獲得し、チームWRTの32号車が続いてアウディがフロントロウを独占。さらに26号車アウディR8...
May
15
 MotoGP第7戦フランスGPの決勝レースがル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、MotoGPクラスで優勝したエネア・バスティアニーニ(グレシーニ・レーシングMotoGP)、2位のジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)、3位のアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)が会見に出席。レースを振り返った。   ■エネア・バスティアニーニ(グレシーニ・レーシングMotoGP)/決勝:優勝 「この週末は本当に予想外のことがあった。3回もクラッシュしたし、昨日はバイクが壊れたからね。でも、レースが始まったら上位を獲得する自信があったんだ」 「レース中、ジャックとペッコ(フランセスコ・バニャイア)がすごく速かったけど、僕のペースは(彼らに)かなり近いものだった。落ち着いてまずはオーバーテイクが可能かどうかを考えようと思い、そしてジャック(・ミラー)をオーバーテイクした。何周目だったのか覚えていないんだけど」...
asimg_2022MonacoHistoricGP-Leclerc-F1i-2_5162819eeb9de32-660x440.jpg
May
15
 フェラーリのシャルル・ルクレールは、モナコ・ヒストリック・グランプリにおけるデモランでフェラーリ312B3で走行中にクラッシュを喫した。  モンテカルロ市街地サーキットを舞台に行われるヒストリックカーレース、モナコ・ヒストリック・グランプリのイベントとして、故ニキ・ラウダが1974年に乗った312B3で走り、ファンを喜ばせていたルクレールだが、ラスカス・ヘアピンでリヤのコントロールを失い、ガードレールにリヤから突っ込み、ウイングを壊してしまった。 ....
asimg_22R05MiaSa-Ver-XPB2_d962771b7d01442-660x440.jpg
May
15
 2022年F1第5戦マイアミGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点などについて解説する。第1回では、アップデートを導入しなかったレッドブルがフェラーリに勝利した理由を探る。 ────────────────────────────────  セバスチャン・ベッテルが4連覇を果たした2010年から2013年、レッドブルのマシンはライバルたちよりもコーナーで速く、ストレートで少し遅いという明らかな傾向があった。それが今季のRB18は、真逆の選択になっている。第4戦エミリア・ロマーニャや今回のマイアミで見たように、エイドリアン・ニューウェイ設計のマシンは、トップスピードが強力な武器になったのだ。  イモラでは、スプリントレースでマックス・フェルスタッペンが最終区間リヴァッツァとタンブレロの間のほぼ直線区間で、シャルル・ルクレールをパスすることに成功した。マイアミでは9周目にオーバーテイクし、フェラーリが時折DRSを使っても、決して抜き返される隙は見せなかった。...