RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_21R03PorSu-Bot-XPB1_ae608fa1f98e96f-660x440.jpg
May
06
 F1の新たな構想である予選スプリントレースについては、ファンの一部に反対論もある一方で、ドライバーの多くはこのアイデアを気に入っているようだ。 “スプリント予選”は、2021年の3戦において導入され、最初に実施されるのは第10戦イギリスGPであることが決まっている。2戦目は第14戦イタリアGPになると考えられており、3戦目にはヨーロッパ以外のグランプリが選ばれる。  この新フォーマットでは、金曜日の午後に通常の形での予選が行われ、その結果で土曜日の午後に実施される100kmのスプリント予選のグリッドが決まる。そしてスプリント予選の結果は、日曜日の300kmに及ぶグランプリ決勝のグリッドに反映される。  第3戦ポルトガルGPで、何人かのドライバーがスプリント予選システム導入について意見を述べたので、そのコメントを紹介しよう。 ■シャルル・ルクレール(フェラーリ)...
asimg_02_bf609377baa3722-660x440.jpg
May
05
 MINIのワンメイクレース『MINI CHALLENGE JAPAN』の2021シーズンが、いよいよスタートする。今週末の5月8日(土)にラウンド1(第1戦/第2戦)が富士スピードウェイを舞台に開催される予定だ。 ラウンド1(第1戦/第2戦)のレーススケジュールは以下の通り 8:00~8:20 公式予選 8:45~9:00 ポールポジションインタビュー 11:50~12:20 決勝レース#1(第1戦) 12:50~13:20 ヒーローインタビューR1 15:55~16:25 決勝レース#2(第2戦) 16:55~17:25 ヒーローインタビューR2  ワンメイクレースならではの激しいバトルを観客席から楽しむのは痛快だが、レースの模様やヒーローインタビューは、MINI CHALLENGE JAPAN 公式YouTubeでもライブ配信されるので、ぜひご覧になっていただきたい。これまでのレースのアーカイブもチェック可能だ。 MINI CHALLENGE JAPAN 公式YouTube...
asimg__JGS-2021-TEXAS-65059-1_dc608fc19717dd6-660x440.jpg
May
05
 テキサスで開催されたインディカー・シリーズ第4戦で優勝したメキシコ出身で21歳のパト・オワード(アロウ・マクラーレンSP)は、今年末にアブダビのbヤス・マリーナ・サーキットでマクラーレンF1チームのテストを担当するチャンスを掴むが、彼の心はしっかりとインディカーに結びついていると主張している。  日曜日にテキサス・モータースピードウェイで開催された第4戦でインディカー初優勝を飾ったオワードは、1979年のアトランタ・モータースピードウェイでのジョニー・ラザフォードの優勝以来初めて、インディカーの勝利街道にマクラーレンの名を戻した。  オワードが初優勝を達成して最初に考えたのは、マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンが先月バーバー・モータースポーツで約束したことだった。ブラウンは、チームで彼が初優勝を飾ったら、2021年シーズン末にアブダビでのF1テストに起用すると言ったのだ。 「そう、彼は約束を守るよ!」と陽気なオワードは日曜日の勝利の後で語った。 「僕のF1テストはどこ? 僕はマクラーレンのマシンが欲しい!」...
asimg_2016Spain-Ver-win-XPB1_fb60935c9da028a-660x440.jpg
May
05
 マックス・フェルスタッペンは、2021年第4戦スペインGPでレッドブル・レーシングでの100戦目を迎える。また、舞台のバルセロナ・サーキットは、フェルスタッペンにとって、2016年にF1初優勝を挙げた、思い出の地だ。  フェルスタッペンは2015年にトロロッソでF1デビュー、2016年第5戦スペインGPからレッドブルに移り、その最初のレースでF1初優勝を獲得した。当時、18歳228日のフェルスタッペンは、F1優勝最年少記録を達成した。 「レッドブルでの100戦はあっという間だった。そんなに走っているとは気付かなかったよ。年を取ったってことだね(笑)」とフェルスタッペンは、スペインGP前に語った。 「このチームで長年楽しんで走ってきた。雰囲気が素晴らしいし、全員が高いモチベーションと大きなエネルギーを持って戦っている。いい関係で働いており、コース外でもうまくやっていて、とても楽しい。このチームの一員でいられてうれしいよ。これからもっとずっとここにいたいと思っている」  F1初優勝は感動的な出来事だったと、フェルスタッペンは振り返る。...
asimg_R6_24482_d960935f7a56222-660x440.jpg
May
05
 各所で激しいバトルが繰り広げられた2021スーパーGT第2戦富士の決勝。昨年末から体調を崩していた牧野任祐にとって、このレースが復帰初戦となったが、ブランクをまったく感じさせない走りを披露した。  予選Q1では山本尚貴がアタックを務めるも、コカコーラーコーナーでハーフスピンを喫して満足なタイムを残すことができず、最後尾の15番手からスタートなったSTANLEY NSX-GT。決勝では山本が第1スティントを務め、9番手までポジションを上げると、30周目にピットインし牧野に交代した。  ちょうどピットアウトした後にFCY(フルコースイエロー)が導入されたことが1号車にとっては有利に働き、一気に5番手まで浮上。33周目にレースが再開されると、牧野はブランクを感じさせない走りを披露する。  39周目にはチームベストとなる1分29秒544をマークすると、前のマシンとの差をどんどん縮めていき、61周目にはENEOS X PRIME GR...
asimg_02_2021-ETCR-test-Vallelunga-2-Hyundai-Veloster-N_19-JPG_996093419a2f481-660x440.jpeg
May
05
 2021年に初年度開催を予定する、TCR規定を採用した電動ツーリングカー選手権『PURE ETCR(ピュアETCR)』に参戦するヒュンダイ・モータースポーツは、すでにレースドライバーとして発表済みだったアウグスト・ファーフスとジャン-カール・ベルネイに加え、トム・チルトンとジョン・フィリピの加入をアナウンス。すでに開発作業に従事するふたりとともに、4台体制でシリーズに挑むと発表した。  また同シリーズは2022年からFIA格式に昇格することも決定し、来季からは『FIA eTouring Car World Cup(FIA eツーリングカー・ワールドカップ)』として、改めてWTCR世界ツーリングカー・カップの電動版の位置付けに据えられる。  スペインやイタリアを中心に、シリーズへの参戦を決めているセアト・クプラやアルファロメオらと事前テストを進めているヒュンダイ・モータースポーツだが、このピュアETCRに投入するヒュンダイ・ヴェロスターN ETCRを託す残り2名のラインアップに、ツーリングカー経験豊富な実力派の起用を表明した。...
asimg_2021MONTECARLO_VT_184_5c609358eb115c9-660x440.jpg
May
05
 WRC世界ラリー選手権チャンピオンのペター・ソルベルグを父に持つオリバー・ソルベルグが5月20~23日、地中海のサルディニア島で行われる今季第5戦イタリアで、ふたたびヒュンダイi20クーペWRCをドライブすることがアナウンスされた。  今シーズン、ヒュンダイ陣営に加入しWRC2クラスを中心に戦っているオリバーは、2019年のWRCラリーGBで世界選手権にデビューし、翌年のエストニアでWRC3クラス優勝を飾った。また同年のヨーロピアン・ラリー選手権ではERC1ジュニアタイトルを獲得するなど順調にそのキャリアを積み重ねている。  そんな19歳の彼は2021年シーズン、新型コロナウイルスの影響で開催中止となったスウェーデンの代替戦として行われた第2戦アークティック・ラリー・フィンランドで、ヒュンダイのWRカーであるi20クーペWRCをドライブ。自身初となるWRカーでのラリー参戦にもかかわらずSS3番手タイムを記録したほか、WRCクラス初参戦で総合7位に入ってみせた。  周囲の期待も自然と高まる若きラリードライバーは、次戦ポルトガルではWRC2クラスのヒュンダイi20...
asimg_2020Turkish-start-XPB1_786089e1c1e5741-660x440.jpg
May
05
 2021年F1カナダGPが地元および国の連邦政府によって課された制限により中止を余儀なくされた際に、代替レースの開催地としてニュルブルクリンクは選ばれなかった。  6月13日の枠はトルコに移され、同国は新型コロナウイルスの影響により、2年連続でF1レースを減額された開催権料で開催することとなった。しかしニュルブルクリンクで今年グランプリが開催される可能性はまだ残っている。後半戦で中止せざるを得ないグランプリが出てくるものと考えられており、その代替戦となるかもしれないのだ。  ニュルブルクリンクで6月13日にグランプリを開催するのは、主催クラブのADAC(ドイツ自動車連盟)とサーキットオーナーにとって、いずれにしても難しいことだった。この週末は、毎年同サーキットで開催される最大のイベントであるニュルブルクリンク24時間レースの翌週にあたるからだ。...
asimg_2021Gro-Merc-seatfit-Merc2_4560932175e8550-660x440.jpg
May
05
 2020年F1第15戦バーレーンGPで大クラッシュを喫し、そのままF1キャリアを締めくくることになったロマン・グロージャンに対し、F1テストの機会を提供することを決めていたメルセデスF1チームが、スケジュールを確定した。グロージャンは2019年型W10で、母国フランスGPの週末にデモランを行い、その後、同じサーキットで1日走行する。  バーレーンGP決勝スタート直後、ハースのグロージャンはコースオフしてクラッシュ、マシンは激しく炎上した。幸いマシンから脱出できたグロージャンだが、火傷などを負っており、シーズン最後の2戦を欠場せざるを得なかった。  グロージャンはすでに、ハースを離脱することが決まっており、F1キャリアを大クラッシュで終える形になった。グロージャンが最後のF1走行を行うことを望み、テストの機会を与えてくれるチームを探そうとしていたことを知り、メルセデスのトト・ウォルフ代表は協力を申し出た。そして今年の6月にその約束が守られることになった。...
asimg_XPB_1083718_HiRes_e3608f5f29786f0-660x440.jpg
May
05
 いよいよ始まった2021年F1シーズン。ホンダF1の最終年、そして日本のレース界の至宝、角田裕毅のF1デビューシーズン、メルセデス&ルイス・ハミルトンの連覇を止めるのはどのチームなのか……とにかく話題と期待の高い今シーズンのF1を、元F1ドライバーでホンダの若手ドライバー育成を担当する中野信治氏が解説。ドライバー、そしてチーム監督、そしてレース解説者としてのファン視点と、さまざまな角度からF1の魅力をお届けします。第3戦はレッドブルと角田裕毅選手の現状について中野氏が解説します。   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆  2021年F1第3戦ポルトガルGPでは予選も決勝も、それぞれコンディション変化が難しいなかでで行われました。予選ではQ3の最後のアタックではメルセデスがミディアムを選択しました。レッドブル・ホンダはソフトタイヤを選択して、両者とも同じようなタイムになったわけですが、その背景は僕もよくわからないですが、メルセデスのクルマにはミディアムのほうが合っていたことはあると思います。...