RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Sep
18
 9月18日、2021年MotoGP第14戦サンマリノGP Moto3クラスの予選がイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、ロマーノ・フェナティ(Sterilgarda Max Racing Team)がポールポジションを獲得した。2番手はデニス・フォッジア(Leopard Racing)、3番手はニッコロ・アントネッリ(Avintia VR46)が続いた。  日本人勢は13番手が佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)、16番手が山中琉聖(CarXpert PruestelGP)、18番手が鳥羽海渡(CIP Green Power)、24番手が國井勇輝(Honda Team Asia)、28番手が鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)となっている。 ■MotoGP第14戦サンマリノGP Moto3予選総合 天候:晴れ 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle Time session
1​
...
wg190915Moto3_003H-660x440.jpg
Sep
18
 9月18日、ロードレース世界選手権のMoto3クラスに参戦しているLeopard Racing(レオパード・レーシング)は、2022年に鈴木竜生を起用すると発表した。  2015年にCIPからロードレース世界選手権Moto3クラスのデビューをした鈴木は、2017年にSIC58 Squadra Corseに移籍した。 . MotoGP第13戦サンマリノGPでMoto3初優勝を果たした鈴木竜生  SIC58 Squadra Corseでは、2019年の第4戦スペインGPで初となる2位表彰台を獲得すると、第13戦サンマリノGPでポールポジションを獲得して初優勝を達成する。...
asimg_1D2_5906-2_c76145bb4b718bd-660x440.jpg
Sep
18
 9月18日に大分県のオートポリスで行われた2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 スーパーバイクレース in 九州のJSB1000 レース1を終え、表彰台に登った中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、濱原颯道(Honda Dream RT 桜井ホンダ)、亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)が戦いを振り返った。 . 中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/2021年全日本ロード第7戦オートポリス JSB1000 レース1 トップ3会見 ■中須賀克行/YAMAHA FACTORY RACING...
asimg_01_e56145b7f987bac-660x440.jpg
Sep
18
 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第5戦『SUZUKA S耐』は9月18日、三重県の鈴鹿サーキットで14時から公式予選が行われ、ST-XクラスのFloral UEMATSU FG 720S GT3(植松忠雄/澤圭太/川端伸太朗/井出有治)が総合ポールポジションを獲得した。  2021年のスーパー耐久も残り2戦。チャンピオン争いも絞られはじめる第5戦の舞台は、2020年は開催されなかった鈴鹿サーキットだ。ハンコックタイヤでの鈴鹿でのレースは各チームとも初めてだが、木曜の特別スポーツ走行こそドライでの走行が可能だったものの、金曜の専有走行は、グループ2の1回目以外は台風14号接近のためウエットとなっていた。...
Sep
18
 9月18日、三重県の鈴鹿サーキットでスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankookの第5戦『SUZUKA S耐』の公式予選が行われ、ST-Xクラスの290号車Floral UEMATSU FG 720S GT3(植松忠雄/澤圭太/川端伸太朗/井出有治)がポールポジションを獲得した。  全46台の順位、合算タイムは以下のとおりだ。 ■スーパー耐久シリーズ2021第5戦/SUZUKA S耐 予選結果 Pos No Class C.P. Team/Car A Driver B Driver A+B Driver Best Time
1​
290​
ST-X​
1​
Floral UEMATSU FG 720S GT3
植松忠雄​
澤圭太​
4’07.487​
...
asimg_1DX_5973-2_516145b387cab83-660x440.jpg
Sep
18
 9月18日、2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 スーパーバイクレース in 九州のJSB1000クラスのレース1が大分県のオートポリスで行われ、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が優勝した。  土曜日午後3時35分にスタートしたJSB1000クラスの決勝レース1。午前中は小雨が降ったり日が差したりと不安定な天候だったが、午後には日が差す時間が多くなり、気温も上昇した。 . グリッドに着く中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/2021年全日本ロード第7戦オートポリス JSB1000 レース1...
asimg_1D2_5193-2_386145a3433b750-660x440.jpg
Sep
18
 9月18日、2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 スーパーバイクレース in 九州のST1000クラス予選が大分県のオートポリスで行われ、渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)がトップタイムをマークした。  金曜日午後は台風接近の影響で大雨と強風に見舞われた。午前中のみ走行が可能だったが、走行時間が足りないままウイークに突入した。 . 渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)/2021年全日本ロード第7戦オートポリス ST1000 予選...
Sep
18
 9月18日、2021年MotoGP第14戦サンマリノGP MotoGPクラスのフリー走行3回目がイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)がトップタイムをマークした。2番手はファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、3番手はジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)が続いた。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は11番手となっている。 ■2021年MotoGP第14戦サンマリノGP フリー走行3回目 天候:晴れ時々曇り 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle Time
1​
63​
フランセスコ・バニャイア ドゥカティ・レノボ・チーム ドゥカティ
1’31.936​
2​
20​
ファビオ・クアルタラロ モンスターエナジー・ヤマハMotoGP...
asimg_1DX_5991-2_d56145adfcdc05d-660x440.jpg
Sep
18
 9月18日、2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 スーパーバイクレース in 九州のJSB1000クラスのレース1が大分県のオートポリスで行われ、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が優勝を飾った。2位は濱原颯道(Honda Dream RT 桜井ホンダ)、3位は亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)となっている。 . グリッドに着く中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/2021年全日本ロード第7戦オートポリス JSB1000 レース1 ■2021全日本ロードレース選手権第7戦オートポリス...
asimg_1D2_5294-2_4e6145a7ffb82d7-660x440.jpg
Sep
18
 9月18日、2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 スーパーバイクレース in 九州のST1000クラス予選が大分県のオートポリスで行われ、渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)がポールポジションを獲得した。 . 岡本裕生(BLUcRUニトロレーシング51ガレージ YAMAHA)/2021年全日本ロード第7戦オートポリス ST1000 予選...
asimg_1D2_4838-2_bf614595e386972-660x440.jpg
Sep
18
 9月18日、2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 スーパーバイクレース in 九州のJSB1000クラス予選が大分県のオートポリスで行われ、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)がレース1、レース2ともにポールポジションを獲得した。ベストタイムの順位がレース1、セカンドベストタイムの順位がレース2のグリッド順となる。 . 濱原颯道(Honda Dream RT 桜井ホンダ)/2021年全日本ロード第7戦オートポリス JSB1000 予選...
asimg_1D2_4693-2_b06145968bc78ea-660x440.jpg
Sep
18
 9月18日、2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 スーパーバイクレース in 九州のJSB1000クラス予選が大分県のオートポリスで行われ、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)がポールポジションを獲得した。  台風の影響で金曜日の合同走行は午前中のみ。午後は雨風が強くなってキャンセルされた。  翌土曜日は強烈な雨風は収まったものの、たまに小雨が落ちてきたり、日が差したりと微妙なコンディション。午前10時25分から45分間、JSB1000クラスの予選が行われた。 . 名越哲平(MuSASHi RT...
asimg_m02_55614579c8e6372-660x440.jpg
Sep
17
 9月18日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されるスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第5戦『SUZUKA S耐』の予選日に、ST-Qクラスの水素エンジン搭載のORC ROOKIE Corolla H2 conceptに関する記者会見が行われたが、このなかでサプライズで、8月21〜22日に行われたWEC世界耐久選手権第4戦第89回ル・マン24時間レースで優勝を飾ったTOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタGR010ハイブリッドの小林可夢偉、8号車トヨタGR010ハイブリッドの中嶋一貴に、トヨタ自動車豊田章男社長から金メダル、銀メダルが授与された。  カーボンニュートラル実現を目指し、スーパー耐久に挑戦を続けている水素エンジン搭載のORC ROOKIE Corolla H2 concept。毎戦この試みに関しては記者会見が行われているが、川崎重工業の橋本康彦社長、GRカンパニー佐藤恒治プレジデントとともに記者会見に出席したトヨタ自動車豊田章男社長は、記者会見の最後に、急に東京オリンピック/パラリンピックの話を始めた。...
asimg_01_3661456e5f0d686-660x440.jpg
Sep
17
 9月18〜19日に三重県の鈴鹿サーキットで開催されるスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第5戦『SUZUKA S耐』。このレースに、参戦3戦目となる水素エンジン搭載のORC ROOKIE Corolla H2 conceptが挑むが、富士SUPER TEC 24時間レースの初参戦から毎戦さまざまなテーマを掲げ挑んでおり、今回は新たに、川崎重工などとともに、参戦を通じて水素を『はこぶ』をコンセプトに挑む。  ORC ROOKIE Corolla H2 conceptは、カローラスポーツのボディにGRヤリスのエンジンを流用し、燃料に水素を使用した画期的なレーシングカー。スーパー耐久第3戦富士SUPER TEC 24時間レースから井口卓人/佐々木雅弘/モリゾウ/松井孝允/石浦宏明/小林可夢偉のラインアップで参戦し、富士SUPER TEC 24時間では、水素エンジン以外の部分でトラブルが起きながらも、困難を乗りこえ完走を果たした。...
asimg_RD14_Misano_Nakagami_2021-02366_a6614553661be25-660x440.jpg
Sep
17
 9月17日、2021年MotoGP第14戦サンマリノGP MotoGPクラスのフリー走行がイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は総合13番手となった。  第13戦アラゴンGPから連戦となるサンマリノGP。フリー走行1回目で中上はフロントにソフトタイヤ、リヤにミディアムタイヤを装着してコースイン。1分34秒台で連続ラップを刻んでいたが、セッションが進み雨が降り始めたことでスリックタイヤでのテストを終了。ベストタイムはドライで記録した1分33秒409で13番手となった。  フリー走行2回目は、セッション開始直前から再び雨が降り始めたことでウエットコンディションに。このセッションで中上はフロントのフィーリングが掴めず苦戦し、1分44秒992の24番手に終わった。  ドライコンディションではまずまずのスタートとなったが、ウエットコンディションに課題を抱えた中上。予選日は天候を見ながらセットアップを進めていくことになる。 ■LCRホンダ・イデミツ 中上貴晶(FP1:13番手/FP2:24番手)...
asimg_2018AbuT-Lec-SF71H-XPB1_5f6145511ed2531-660x440.jpg
Sep
17
 スクーデリア・フェラーリは、9月16日と17日、イタリア・イモラでプライベートテストを行った。2018年型SF71Hで、レギュラードライバーであるシャルル・ルクレールとカルロス・サインツが走行、チームはトラック上のデータと新しいシミュレーターのデータとの相関関係をリアルタイムで確認した。  フェラーリは2020年末、コストキャップが適用される前に新しいシミュレーターに多額の投資を行った。しかし新設備には完全に新しい技術が使用されているため、微調整作業が必要であり、すぐさま効果を得ることは困難である。  かつてフェラーリでは、ベテランのマルク・ジェネがシミュレーターでの初期開発作業を担当していたが、最近では、フェラーリ・ドライバー・アカデミー出身のアントニオ・フォコが、ダビデ・リゴンともに、マラネロのシミュレーターでほとんどの作業を行っている。...
asimg_IMG_7020_da6144af1a1b985-660x440.jpg
Sep
17
 2021年F1第14戦イタリアGPは、スタートで首位に立ったマクラーレンのダニエル・リカルドが3年ぶりの勝利を挙げた。チームメイトのランド・ノリスが2位に入賞したことで、マクラーレンにとっては2012年以来の優勝をワン・ツーフィニッシュで飾ったことになる。ワン・ツーフィニッシュも、2010年以来のことだ。  マクラーレンのダイレクターレースエンジニアリングを務める今井弘は、昨年もチームがモンツァで競争力を発揮したことから、今年も好結果を期待していたといい、その理由のひとつとして、コースの特徴とクルマの特性が合っている点を挙げた。 ──────────────────── ──優勝、おめでとうござます。イタリアGPはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の接触事故など波乱もありましたが、マクラーレンの週末を通した速さも光りました。 今井弘ダイレクターレースエンジニアリング(以下、今井):ありがとうございます。昨年もここはよかったので、今年もいいはずだと予想はしていました。...
asimg_2200821-cbr600rr_047H_ae5f3f3fafebe05-660x440.jpg
Sep
17
 ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキといった日本のトップメーカーのマシンを走らせ、各チームの選手がしのぎを削る2021年の全日本ロードレース選手権ST600クラス。そのなかから2021年に登場した新型マシンをピックアップして、ライダーにマシンのインプレッションを取材。  今回は、ホンダCBR600RRにフォーカスして、日本郵便 Honda Dream TPのライダーとしてST600クラスを走る傍ら、マシンの開発ライダーを務めた小山知良にバイクのポテンシャルや開発について聞いた。 ※ ※ ※ ※ ※ ※  . 純正オプションを装着したホンダCBR600RR...