RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Oct
16
 F1のスポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、先週末のF1第17戦日本GPでスケジュール変更を余儀なくされたことについて、多くのドライバーから前向きな反応があったことを認めているが、将来的に日曜日の午前に予選を開催するようスケジュールを変更する可能性については退けた。  2020年シーズンにはF1カレンダーが22戦に拡大されることになっており、ブラウンとFIAは、チームの負担を軽くするためにも将来的にレースウィークの形式変更を検討することを促されている。  金曜日のスケジュールを午前中のメディア対応と午後のコースでのイベントに分ける案が浮上しているが、この案を導入するとチームスタッフは1日遅く会場入りできるようになるため、この変更が実施される可能性は高い。  先週末の鈴鹿では台風19号ハギビスの影響を受け、主催者は土曜日の走行をすべて中止して、予選を日曜日の午前に延期した。多くのドライバーがこの措置を前向きに受け入れており、彼らはこの経験からいくつか肯定的な教訓が得られたと考えているようだ。...
301-660x495.jpg
Oct
16
 スーパーフォーミュラの公式MCなどでお馴染みの笠原美香さんが、今年のF1日本GPも昨年に引き続き、自腹で来てしまいました(!?)。なんといってもスーパーフォーミュラで今年もチャンピオン争いをしている山本尚貴選手がトロロッソ・ホンダでF1初走行するので応援にいかなきゃ、という気持ちがあったかどうかはわかりませんが、F1で一番好みのドライバーはエステバン・オコンだそうです(←いないじゃん!)。そんな支離滅裂な感じで、持ち前の勢いとガッツを武器に、今年も鈴鹿サーキットからテンション高くお伝えします。 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ リアルタイムに更新する予定が⋯⋯ 初日からはしゃぎすぎたのでしょうか? 金曜の夜から高熱を出してしまったみかっちゃんです♪ 興奮して寝れなかったり、興奮しすぎて熱を出したり⋯⋯ほんとにどこぞの子供やねん!というツッコミ、お待ちしております(笑)。 気を取りなおして、金曜日からのF1日本GP観戦記をお届けしたいと思います(^o^)/...
Oct
16
 マクラーレンF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ここ最近のレースによって、MCL34がグリッド上4番目の強さを持つマシンであることが証明されたと考えている。  日本GPにおけるカルロス・サインツJr.の活躍のおかげもあり、マクラーレンはコンストラクターズ選手権の“トップ3チームを除くベスト”としての地位を確固たるものにしつつある。現在マクラーレンは5位のルノーに34ポイント差をつけ、中団グループを率いている。  2019年シーズンも残り4戦となるなか、ゆっくりと、しかし確実にマクラーレンは素晴らしい成果を自分たちの手中に収めようとしている。 「多くのポジティブな点があったが、これからも継続してマシンを改善し、マシンへの理解を深めていく」とザイドルは日本GPのレース後に語った。レースではカルロス・サインツJr.が5位、ランド・ノリスが13位でフィニッシュしている。 「ライバルたちから、さらにリードを広げることができてとてもうれしい。最近の3、4レースの傾向から見ても、明らかに我々のマシンは4番目に強力なマシンになっていると思う」...
f5282f60-f067-11e9-b7d1-50a56020aeae
Oct
16
Filed under: .,. In 2015, under President Barack Obama, NHTSA proposed requiring automakers to add crash avoidance technologies to gain top,...
AP-21UYH4FYD2111_news-660x440.jpg
Oct
16
 アレクサンダー・アルボンが4位、ピエール・ガスリーが8位入賞を果たした日本GPを、田辺豊治テクニカルディレクターは「総じて言うと我々の持てる力を出せたレース」と表現した。ただ、日本のファンの前で表彰台を目指してきたことはもちろん。もしも、スタート直後、マックス・フェルスタッペンの接触事故がなかったら――。 「何を言ってもタラレバになっちゃいますから」と気持ちを抑えながら、ひと言だけ口にした。 「非常に残念な思いです」  技術者らしく感情を抑える術を心得た田辺TDの声が、少し震えて聞こえた。ともに戦う何百人もの技術者たちの思いが、重なって響いたように。  グランプリの週末は木曜の朝から始まる。午前中に行なわれるトロロッソ、レッドブルとのミーティングはそれぞれ30~45分。田辺TDは2チームの時間が重ならないかぎり、両方に出席する。 「前戦で発生した問題や懸案事項に対してどのような策を入れてきたのか、どんなアップデートがあるのか情報を共有するんですが、レッドブルの場合、ここではパワーユニット(PU)だけに全部の時間が充てられます」...
AlphaTauri-logo.jpg
Oct
16
 スクーデリア・トロロッソが2020年から『アルファタウリ』に名称を変えるための手続きに動いていたが、F1コミッションが名称変更を承認したとロイター等が報じた。  FIA、F1、レッドブル/トロロッソからはまだ正式な発表はないが、ロイターの情報によると、電子投票によって名称変更が承認されたということだ。  レッドブル社は2005年末にミナルディチームを買収し、レッドブル・レーシングの姉妹チームとしてスクーデリア・トロロッソの名称で2006年F1にエントリーした。しかし、2016年に立ち上げたファッションブランド『アルファタウリ』のプロモーションにトロロッソを活用することを考え、チーム名変更のために動き出したと、今年9月末に報じられていた。 ....
T1_2545-660x440.jpg
Oct
16
 MotoGP日本グランプリの開幕を控えた10月16日、ツインリンクもてぎ内にあるホンダコレクションホールで『ホンダ世界選手権参戦60周年記念トークショー』が開催された。現役ホンダライダーであるレプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケスとホルヘ・ロレンソを始め、フレディー・スペンサー、ジム・レッドマン、高橋国光といったレジェンドライダーも出席した。 . 歴代のホンダマシンのエンジン始動からイベントはスタート...
Oct
16
 国際モーターサイクリズム連盟(FIM)は、グランプリコミッションが、ロードレース世界選手権MotoGPクラスのテスト制限に関して協議を行い、2021年シーズンのテスト日程を決定したと発表した。  この決定で、テスト日程の制限に関するレギュレーションが変更され、年間のグランプリ開催数が追加されたことを考慮し2021年シーズン開幕前のオフィシャルテストが3度から2度に減少することなどが発表された。  レースが増加し、テスト日数を減少させることで、ライダーやチームスタッフの仕事量の負担を考慮しての決定であるが、開幕前に行えるマシン開発の場が減少することに変わりはない。  また、2020年の最終戦バレンシアGP後と、2021年開幕戦カタールGP前のテストの2度のテストのキャンセルをチーム側にも提案し合意に至ったという。  この提案はグランプリコミッションにより承認され、2019年11月に開催される最終戦バレンシアGP後の2020年シーズンから規則が有効となる。...
1-660x440.jpg
Oct
16
 カワサキモータースジャパンは、2020年モデルのNinja ZX-10RとNinja ZX-6Rを発表。両モデルともにスーパーバイク世界選手権(SBK)を戦うカワサキワークスチーム、Kawasaki Racing TeamのカラーリングをイメージしたKRT EDITIONが追加される。発売は両モデルとも11月15日からとなる。  ニンジャZX-10Rは、SBKをはじめ、鈴鹿8時間耐久ロードレースなどで活躍するカワサキのスーパースポーツフラッグシップモデルだ。ボッシュ社製小型IMU(慣性計測装置)やトラクションコントロール、クイックシフターといったレースの現場で培われた電子制御がふんだんに盛り込まれており、マルケジーニ製専用アルミ鍛造ホイールやショーワと共同開発したφ43mmバランスフリーフロントフォークなどの豪華装備を備える。...