RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

2020-BMW-M340i-driver-assistance-lead-image1.jpg
May
15
Filed under: .,.,. ...
May
15
 5月15日、2022年MotoGP第7戦フランスGPの併催として行われた、電動バイクによるチャンピオンシップ、FIM Enel MotoE World Cup(MotoE)の第2戦フランス大会のレース2がフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、ドミニク・エガーター(Dynavolt Intact GP MotoE)が優勝を飾った。2位はマティア・カサディ(Pons Racing 40)、3位はニッコロ・カネパ(WithU GRT RNF MotoE Team)が続いた。大久保光(Avant Ajo MotoE)は6位で終えている。 ■2022MotoE第2戦フランス大会 レース2(8周) 天候:晴れ 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle
1​
77​
ドミニク・エガーター Dynavolt Intact GP MotoE エネルジカ
2​
27​
マティア・カサディ...
May
15
 5月15日、2022年MotoGP第7戦フランスGP MotoGPクラスの決勝がフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、エネア・バスティアニーニ(グレシーニ・レーシングMotoGP)が優勝を飾った。2位はジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)、3位はアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)が続いている。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は7位に入っている。 ■2022年MotoGP第7戦フランスGP MotoGP決勝(27周) 天候:晴れ 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle Time/Gap
1​
23​
エネア・バスティアニーニ グレシーニ・レーシングMotoGP ドゥカティ
41’34.613​
2​
43​
ジャック・ミラー ドゥカティ・レノボ・チーム ドゥカティ
+2.718​
...
May
15
 5月15日、MotoGP第7戦フランスGPの決勝レースがル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、MotoGPクラスでエネア・バスティアニーニ(グレシーニ・レーシングMotoGP)が今季3勝目を挙げた。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は2戦連続の7位フィニッシュを果たしている。    天候が心配された決勝日は、Moto3クラスの決勝レースで一時的に雨が降り、赤旗中断となったが、その後、天候は回復。MotoGPクラスの決勝レースは気温28度、路面温度36度のドライコンディションで始まった。  なお、予選後にヨハン・ザルコ(プラマック・レーシング)に3グリッド降格のペナルティが科され、6番手タイムを記録したザルコは9番グリッドとなった。このペナルティは、Q2中、4コーナー立ち上がりで他のライダーの走行を乱すスロー走行を行ったことによるものである。...
May
15
 5月15日、2022年MotoGP第7戦フランスGP Moto2クラスの決勝がフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、アウグスト・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)が優勝を飾った。2位はアロン・カネト(Flexbox HP40)、3位はソムキャット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia)が続いた。小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)は5位で終えている。 ■2022年MotoGP第7戦フランスGP Moto2決勝(25周) 天候:晴れ 路面:ドライ Pos. No. Rider Team Motorcycle
1​
37​
アウグスト・フェルナンデス Red Bull KTM Ajo カレックス
2​
40​
アロン・カネト Flexbox HP40 カレックス
3​
35​
...
May
15
 5月15日、2022年MotoGP第7戦フランスGP Moto3クラスの決勝がフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、ジャウマ・マシア(Red Bull KTM Ajo)が優勝を飾った。2位は佐々木歩夢(Sterilgarda Husqvarna Max)、3位はイサン・グエバラ(Gaviota GASGAS Aspar Team)が続いた。  日本勢は5位が鈴木竜生(Leopard Racing)、8位が山中琉聖(MT Helmets – MSI)、15位が鳥羽海渡(CIP Green Power)、25位が古里太陽(Honda Team Asia)となっている。  レーススタート後に雨が降り始め、続々と5台以上が転倒。天候によりコンディションが悪くなったため2周目に赤旗が掲示された。その後、一時中断を挟み元のグリッドのまま14周でレースが再開された。...
asimg_A54I3427_886280b3ae36179-660x440.jpg
May
15
 NTTインディカー・シリーズは、5月に天王山とも言える第106回インディ500を控え、そこに向けて段々と気運が盛り上がっている。先週は同じアメリカのマイアミで初のF1グランプリが開催されており、アメリカ国内のモータースポーツ熱はさらに高まっていた。  そのインディ500の前哨戦とも言うべきGMRグランプリも、今年は入場制限もなくほとんどの観客がマスクなしでインディアナポリス・モータースピードウェイに来場。コロナ禍以前の活気がスピードウェイを埋め尽くしている。  佐藤琢磨はインディカー参戦以来13回目のインディ500を迎えることになるが、2度のインディ500チャンピオンとして、ここでの人気は根強い。オートグラフセッションなどを行えば長い列もできる。そこで琢磨はファンの期待にどれだけ応えられるだろうか。  今シーズンここまでの4戦で、琢磨はテキサス以外に良いところを見せられていない。  まず予選までにマシンの仕上がりに時間がかかり、スターティンググリッドが後方となって、レースで追い上げに終始するという展開が続いた。...
asimg_52072771988_797072def6_o_146280b376ddadd-660x440.jpg
May
15
 5月14日、ル・マン-ブガッティ・サーキットで行われた2022年MotoGP第7戦フランスGP MotoGPクラスのFP3でマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)の後ろに着いて走行したことに両者がコメントした。  マルケスは、初日のFP1で13番手、FP2では14番手とタイムが上がらずにいた。2日目のFP3でもなかなか上位に食い込めなかったが、終盤にクアルタラロの後ろにつけて走行を行った。 ....
asimg_R5r02_ca6280ab14ab65d-660x440.jpg
May
15
 インディアナポリス・モータースピードウェイのロードコースで開催されたNTTインディカー・シリーズ第5戦GMRグランプリ。14日に行われた決勝レースは、コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)が今季初勝利を飾った。  13番手スタートからレースに挑んだ佐藤琢磨(デイル・コイン・レーシング・ウィズ・リック・ウェア・レーシング)は、7位フィニッシュとなった。  2022年NTTインディカーシリーズは早くも5戦目を迎えた。今年で106回目の開催となるインディアナポリス500マイルを前に、同じインディアナポリスモータースピードウェイだが、そのインフィールドとバンクを利用した全長2.4マイルのロードコースを使って5月14日の土曜日にGMRグランプリが行われた。  金曜にプラクティス2回と予選、土曜にファイナルプラクティスと決勝がスケジュールされた2日間のイベントは、決勝日の午前中に行われたプラクティスまでが暑さの中での完全ドライコンディションだったというのに、決勝レースだけは雨に見舞われた。...
asimg_OGA14137_e7627e4b1dce6a1-660x440.jpg
May
14
 2022年シーズンのスーパーGT GT500クラスに参戦する2台のニッサンZ GT500へのタイヤ供給に加え、日本初上陸となったBMW M4 GT3(7号車Studie BMW M4)へのタイヤ供給開始にともない、2年ぶりにGT300クラスに復帰を果たしたミシュラン。1台体制でGT300復帰となったミシュランの、2022年シーズンのGT300クラスへのタイヤ供給に関する新たな取り組みや、2020年シーズンとの違いについて、日本ミシュランタイヤのモータースポーツダイレクターを務める小田島広明氏に聞いた。  2022年、BMW Team Studieは最新FIA-GT3車両のBMW M4 GT3を日本初導入。その足元を支えるタイヤサプライヤーとしてミシュランが2年ぶりにGT300クラスに復帰することでも大きな話題となった。また、.に『GT300クラスではBMW M4...
asimg__GH19711_3662806db7efe9a-660x440.jpg
May
14
 5月14日、2022年MotoGP第7戦フランスGPの併催として行われた、電動バイクによるチャンピオンシップ、FIM Enel MotoE World Cup(MotoE)の第2戦フランス大会の決勝レース1がフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、大久保光(Avant Ajo MotoE)が3位表彰台を獲得した。  スペイン・ヘレスに続き第2戦となる2022年のMotoE。この選手権に参戦して2年目となる大久保は予選でバイクに小さな変更を行ったため速く周回できるようになり6番手グリッドを獲得した。 . 大久保光(Avant Ajo MotoE)/2022MotoE第2戦フランス大会 レース1...
May
14
 5月14日、MotoGP第7戦フランスGPの予選がル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、MotoGPクラスでフロントロウを獲得したフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)、ジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)が会見に出席し、予選を振り返り、雨が懸念される決勝レースへの展望を語った。 ■フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)/予選:ポールポジション 「午前中は満足だったよ。でもこのサーキットでは、気温が低いときに速く走れるみたいなんだ。午後のフリー走行4回目ではポールポジションを獲得できるかわからなかった。というのも、バイクを止めるのに苦しんでいたから。それが大きな問題だった」...
asimg__TIN0809_73628058b123a0f-660x440.jpg
May
14
 5月14日、2022年MotoGP第7戦フランスGP MotoGPクラスの予選がスペインのヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで行われ、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は12番手を獲得した。  この日最初の走行となったフリー走行3回目は気温16度、路面温度17度のドライコンディションで、中上を含む全ライダーがフロント、リヤともにソフトタイヤを選択した。初日に総合16番手で終えたが、FP3では連続でタイムを更新して一時トップタイムを記録する。セッション残り5分を切ったあたりから再びアタックに入った中上は、1分31秒062とタイムを更新して7番手に順位を上げ、2戦連続のダイレクトQ2進出を決めた。  予選前のフリー走行4回目でも引き続き好調な走りを見せる。フロントにミディアムタイヤ、リヤにソフトタイヤを履いてアタックをし、FP3のタイムを上回ることはできなかったが、1分31秒809の5番手で終えて予選に向けての最後の調整を終えた。...
asimg_22R05MiaSu-Ham-MichaelJordan-SUT1_25627fa1efab422-660x440.jpg
May
14
 アルファタウリのピエール・ガスリーは、F1マイアミGPを前に、史上最高のバスケットボール選手といわれる伝説の存在マイケル・ジョーダンとディナーを共にしたことは、彼の人生において最高の経験であり、一生忘れることのない思い出になると語った。  ガスリーの個人スポンサーがNBAのレジェンドであるジョーダンと親交があった関係で、ふたりは顔を合わせることになった。現在59歳のジョーダンは、NBAで15シーズンにわたりプレーし、シカゴ・ブルズで6回の優勝を経験したスーパースター。現在はNBAのシャーロット・ホーネッツのオーナーであり、NASCARカップシリーズの23XIレーシングのオーナーでもある。 「人生で最高の経験だった」とガスリーはジョーダンとのディナーについて語った。 「今までで一番感動的なディナーだった。子供のころから彼という人物、彼のメンタリティ、そして彼が成し遂げてきた成功から、常に刺激を受けてきた」 「『憧れの存在に会ってはいけない。がっかりするだけだから』とよく言うけれど、全く逆だった」...
May
14
 インディアナポリス・モータースピードウェイのロードコースで開催されたNTTインディカー・シリーズ第5戦GMRグランプリ。14日に行われた決勝レースは、コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)が今季初勝利を飾った。  13番手スタートからレースに挑んだ佐藤琢磨(デイル・コイン・レーシング・ウィズ・リック・ウェア・レーシング)は、8位フィニッシュとなった。  レース前の降雨の影響でウエットコンディションでスタートを迎えたGMRグランプリ。ポールポジションのウィル・パワー(チーム・ペンスキー)を先頭にターン1へと進入していく。  パワーはトップをキープするもパト・オワード(アロウ・マクラーレンSP)とアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)に交わされ、チームメイトのジョセフ・ニューガーデンにも接触。1周目で順位を落としてしまう。  パワーを交わしたフェリックス・ローゼンクヴィストは2周目にパロウを交わし、アロウ・マクラーレンSPの1-2体制に。...
asimg_22R05MiaSu-Ver-XPB4_2d6278860697b1b-660x440.jpg
May
14
 長年F1を取材しているベテランジャーナリスト、ルイス・バスコンセロス氏が、全20人のドライバーのグランプリウイークエンドの戦いを詳細にチェック、独自の視点でそれぞれを10段階で評価する。  2022年F1第5戦マイアミGPでは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がポールポジションを獲得し、レース序盤をリード。しかし優勝したのは3番グリッドスタートのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)だった。マイアミGPでのそれぞれのドライバーたちの戦いぶりを、バスコンセロス氏が振り返る。 ─────────────────────────── ■評価 9/10:マシンの力を最大限に引き出したフェルスタッペンとルクレール  マイアミGPでのスターは、優勝したマックス・フェルスタッペン...
May
14
 5月14日、マクラーレン・レーシングは2022/2023シーズンのABB FIAフォーミュラE世界選手権シーズン9に参戦すると正式に発表した。これまでフォーミュラEに参戦してきたメルセデスEQフォーミュラEチームを買収するかたちとなる。  すでにマクラーレン・レーシングは、2021年1月にシーズン9参戦に向けた評価期間参加のオプションにサインし、その後オフロードで争われるエクストリームEに参戦していた。マクラーレンでは、今回のフォーミュラEへの参戦はEVモータースポーツへの取り組みを反映するだけでなく、マクラーレン・レーシングの持続可能な将来への旅を加速し、より多様な世界中のデジタルオーディエンスにリーチするという目標を反映する。  今回の参戦に向けては、チャンピオンチームで、2021/2022シーズンで活動終了を発表しているメルセデスEQフォーミュラEチームを買収することで実現し、チームプリンシパルのイアン・ジェームスは引き続きチームに携わり、マクラーレン・レーシングへのスムーズな移行を実現するために活動する。...