RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_22R17SinSu-Ham-Merc1_25633a8aeeef95e-660x447.jpg
Oct
03
 2022年F1シンガポールGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは9位、ジョージ・ラッセルは14位に終わった。  3番グリッドのハミルトンはスタート直後にカルロス・サインツ(フェラーリ)に押し出されるような形になり、4番手にポジションを落とすとともに、コース外の水たまりを通ったことでタイヤの温度を失った。さらにレース前半はDRSが使えなかったために、サインツよりペースが良いと感じながらも、オーバーテイクすることができなかった。  マシンバランスにも苦しみ、フロントタイヤが厳しくなっていたことで、ターン7でロックアップしてコースオフ、バリアにヒットしてフロントウイングにダメージを負った。ノーズ交換が必要となったためピットイン、しかし他の多数のマシンはセーフティカー出動時にタイヤ交換を行うことができたため、ハミルトンは9番手に落ちてしまった。...
asimg_02_413254_1032642_08_stockcar2022_magnustorquato_velocitta_027885_42633a7ee94aaf8-660x440.jpg
Oct
03
 9月23~25日の週末に開催された2022年SCBストックカー・ブラジル“プロシリーズ”第9戦は、予選最速を記録したシリーズ3冠のリカルド・マウリシオ(ユーロファーマRC/シボレー・クルーズ)が、レース1でファステストを記録してのポール・トゥ・ウインを達成。続くレース2では2014年王者ルーベンス・バリチェロ(フルタイム・スポーツ/トヨタ・カローラ)が、TOYOTA GAZOO Racingブラジル陣営のマティアス・ロッシ(A.マティス・フォーゲル/トヨタ・カローラ)を従え、トヨタがワン・ツー・フィニッシュを達成。マウリシオとバリチェロはともに今季3勝目となり、オープニングヒートでも2位表彰台を獲得していた“鉄人”が、ランキング3位に浮上している。  ブラジル最南端リオグランデ・ド・スル州の中心部に位置する、サンタクルス・ド・スル国際サーキットで争われた1戦は、最初のプラクティスからカローラが速さを見せ、ラファエル鈴木(フルタイム・バッサーニ/トヨタ・カローラ)を先頭に、バリチェロとロッシがトップ3の位置を固める出だしに。...
asimg_22R17SinSu-Gas-AT2_81633a9c5183170-660x440.jpg
Oct
03
 2022年F1シンガポールGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーは、レースの大半で7番手を走行していたが、最終的に10位でフィニッシュした。コンストラクターズ選手権7位を争っているライバル、アストンマーティンが2台で12点を稼いで、ランキング9位から7位に浮上、アルファタウリは8位から9位に落ちる結果になった(現在8位のハースとは同ポイント)。  テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは、ドライタイヤにスイッチすると決めたタイミングが早すぎたために、ポジションを落とすことになり、大量にポイントを稼ぐチャンスを生かせなかった、と述べている。 ....
Oct
03
 10月2日に大分県のオートポリスで決勝レースが行われた2022年スーパーGT第7戦『FAV HOTEL AUTOPOLIS GT 300km RACE』。スーパーGT公式YouTubeチャンネルでは決勝日の模様をまとめたダイジェスト動画や注目車両のオンボード映像が公開されている。 Rd.7 オートポリス 決勝ダイジェスト GT500 [SUPER GT Rd.7 決勝]GT500ウイナーインタビュー/#17 Astemo NSX-GT [SUPER GT Rd.7 決勝]GT500 2ndインタビュー/#100 STANLEY NSX-GT [SUPER GT Rd.7 決勝]GT500 3rdインタビュー/#24 リアライズコーポレーション ADVAN Z 抜群のスタート! Rd.7オートポリス 決勝オンボード オープニングラップ カルソニック...
asimg_gt221002001_010H_ea633a5fd5df32e-660x440.jpg
Oct
03
SUPER GT 2022 Round 7 Astemo NSX-GTが優勝、STANLEY NSX-GTが2位でワン・ツー・フィニッシュを達成  10月1日(土)~2日(日)、オートポリスインターナショナルレーシングコース(大分県)で2022年度スーパーGTシリーズ第7戦が開催され、GT500クラスに5台の2022年型NSX-GT、GT300クラスに2台のNSX GT3が参加しました。  レースウイークのオートポリスは快晴に恵まれ、気温、路面温度ともに上昇しました。土曜日、午前中の公式練習セッションでは、それまで快調に好タイムを記録していた17号車 Astemo NSX-GT(松下信治)が予選に向けたタイムアタックのシミュレーション中にコースオフ、車両のフロント部を損傷し、午後の予選出走が危ぶまれる状況となりましたが、チームの迅速な修復作業が実り、午後の公式予選Q1セッションにはNSX-GT全車が出走しました。  Q2セッションでは100号車 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)が2番手、8号車 ARTA...
asimg_22R17SinSu-LecSai-XPB3_65633a6da7a3a9e-660x439.jpg
Oct
03
 2022年F1シンガポールGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは2位、カルロス・サインツは3位だった。  ルクレールはポールポジションを獲得したが、スタート直後にセルジオ・ペレス(レッドブル)に抜かれて2番手に落ちた。後半、ドライタイヤに交換した後、ペレスに激しくプレッシャーをかけ続けたものの、抜くことができないまま、フロントタイヤに問題を抱えて後退した。ペレスはセーフティカー規則への違反を2回犯したため、フェラーリは繰り上がり優勝に期待する発言をしていた。しかし、ルクレールは7.595秒後れのところ、ペレスに下ったのは5秒ペナルティだったため、順位の変動はなかった。  サインツは4番グリッドからスタート直後にルイス・ハミルトン(メルセデス)を抜いて3番手に上がり、そのポジションを維持して表彰台を獲得した。...
asimg_R6_15137_3f633a770a32e75-660x440.jpg
Oct
03
 オートポリスで行われた2022スーパーGT第7戦決勝。GT500クラスでは、各所で抜きつ抜かれつのバトルが展開されたが、なかでも、100号車STANLEY NSX-GTの山本尚貴と24号車リアライズコーポレーション ADVAN Zの平手晃平が繰り広げた2位は、お互いの経験と意地がぶつかり合ったバトルとなった。 ■冷静に相手を観察しチャンス伺うも、決定打に欠いた平手晃平  ポールポジションからスタートした24号車は、前半担当の佐々木大樹が序盤から後続との差を広げていく走りを披露。一時は2番手の100号車(牧野任祐)に対し、7秒近い差をつけた。  ピットウインドウが開いた22周目を皮切りに後続が続々とドライバー交代を済ませるなか、24号車は安定したペースで周回を重ね、27周目にピットイン。平手がマシンに乗り込みコースに復帰するが、ここで先にピットストップを終えていた17号車Astemo NSX-GT(塚越広大/松下信治)と、100号車の先行を許した。...
asimg_02_2022_GT7-04059_aa633a82749b0f7-660x440.jpg
Oct
03
ポールポジションからスタートした#24 Zが3位表彰台を獲得 GT300クラスは#56 GT-Rがランキングトップをキープ SUPER GT 2022第7戦レースレポート 10月2日 オートポリス(大分県) 【GT500】  2022年スーパーGTシリーズ第7戦が10月1日、2日に大分県のオートポリスで開催されました。ニッサン/NISMO陣営は今シーズンより投入したニッサンZ GT500でシーズン3勝を挙げ、シリーズランキングトップ3を占めて、残り2戦でのタイトル獲得を目指して挑みました。  第7戦は規定によりサクセスウエイトが獲得ポイント×1kgと従来の半分となり、今季2勝の#3 CRAFTSPORTS MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)は54kg、第5戦鈴鹿で優勝した#12 カルソニック IMPUL...
asimg_gt002_95633a88a355d53-660x440.jpg
Oct
03
SUPER GT 第7戦オートポリス FAV HOTEL AUTOPOLIS GT 300km RACE 大嶋/山下組GRスープラが4位フィニッシュ GT300クラスでは吉田/川合組GRスープラが2年ぶりの勝利  スーパーGTの第7戦がオートポリスで行われ、大嶋和也/山下健太組 ENEOS X PRIME GR Supra 14号車が4位フィニッシュ。国本雄資/阪口晴南組 WedsSport ADVAN GR Supra 19号車が5位、坪井翔/ジュリアーノ・アレジ組 au TOM’S GR Supra 36号車が8位、最後尾ピットスタートから追い上げたサッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋組 KeePer TOM’S GR Supra 37号車は9位、関口雄飛/中山雄一組 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 39号車が10位でポイントを獲得。  14号車と37号車はこのポイント獲得により、最終戦でのタイトル争いに望みを繋ぐこととなりました。GT300クラスでは吉田 広樹/川合 孝汰組 埼玉トヨペットGB GR...
asimg_WRC_NEW_ZEALAND_GM_2022_10_01_078_bb633a55e5a98a7-660x440.jpg
Oct
02
 10月2日、WRC世界ラリー選手権第11戦『ラリー・ニュージーランド』の競技最終日デイ4が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が今季6勝目をマーク。これと同時に前日、22歳の誕生日を迎えたばかりのロベンペラが史上最年少でシリーズタイトル獲得を決めてみせた。そんなWRCニュージーランドの全日程を終えた各陣営からドライバーコメントが発表されている。 ■Mスポーツ・フォードWRT ●クレイグ・ブリーン(#42 フォード・プーマ・ラリー1)/総合19位 「(スロー走行について)ジャンプでタイヤが外れたのは過去にもあったことだ。今のところはこんな状況だ」 ●ロレンツォ・ベルテッリ(#37 フォード・プーマ・ラリー1)/総合7位 「(コースオフしかけたことについて)リラックスしすぎていた! ここでの結果についてはとても満足しているよ」...
asimg_22R17SinSu-Per-RBR9_70633a5765d4346-660x466.jpg
Oct
02
 2022年F1シンガポールGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは7位、セルジオ・ペレスは優勝を獲得した。 ■レッドブル・レーシング チーム代表クリスチャン・ホーナー  チェコはワールドクラスの走りを披露した。彼にとってここまでのベストレースのひとつだと思う。最初から最後まで戦い続け、たくさんのチャレンジに立ち向かいながら、トップを最後まで維持した。  セーフティカーが大きな障害になりかねなかったが、我々はセーフティカーラップを幾度となく経験してきたし、過去に何度も同じようなことがあった。だから全く問題にならなかった。.。  この勝利をチェコが奪われたとしたら、それは信じられないほど残念なことだったろう。彼にとって非常に大きなリザルトだ。我々は彼を心から誇りに思う。...
asimg_WRC_2022_Rd.11_552_c5633a4293226fb-660x440.jpg
Oct
02
 10月2日、WRC世界ラリー選手権第11戦『ラリー・ニュージーランド』の最終日デイ4がオークランドのサービスパークを起点に行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が今季6度目の優勝を飾った。前日に22歳になったばかりのロバンペラは、WRC史上最年少記録でドライバーズタイトルを獲得。また、総合2位にはセバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が入り、TGR WRTはワン・ツー・フィニッシュを達成している。  2012年以来、10年ぶりの開催となったラリー・ニュージーランドの最終日は、サービスパークの南東エリアで2本のステージを各2回走行するかたちで争われた。SS14~17の合計距離は31.18km、このデイ4も断続的に弱い雨が降り路面は全体的に湿った状態でのラリーとなった。  デイ3で総合首位に立ち、総合2番手につけるオジエに29秒、総合3番手のオット・タナク(ヒョンデi20...
asimg_IMG_7368_f2633a3ab1db170-660x440.jpg
Oct
02
 日曜日のF1シンガポールGPレース開始直前になって、マリーナ・ベイ・ストリート・サーキット上空に積乱雲が立ち込め、雷雨となった。午後7時2分、レースコントロールはスタート1時間前から開始されるスタート手順を一旦停止して、スタートを遅延することを発表した。  その後、雨が上がり、スタート手順を午後8時5分に再開すると発表。3年ぶりのシンガポールGPは予定より1時間5分遅れの午後9時5分にフォーメーションラップのスタートが切られることになった。  雨は上がったものの、湿度が高く、太陽がすでに沈んでいることから、路面は完全に乾かない状態でスタートが切られた。前日の予選でインターミディエイトタイヤでコンペティティブな走りを披露していたアルファタウリにとっては、まさに恵みの雨となった。  スタート直後から2台そろってトップ10圏内を走行。今シーズン初のダブル入賞も夢ではなかった。  勝負の分かれ目となったのは、インターミディエイトからドライへのタイヤ交換のタイミングだった。...
asimg_22R17SinSu-Ver-XPB6_50633a39d15bea7-660x440.jpg
Oct
02
 2022年F1シンガポールGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは8番グリッドから7位を獲得した。  予選ではQ3での燃料不足から8番手に終わったフェルスタッペンは、スタートを失敗し、1周目に12番手まで落ちた。34周目には5番手まで挽回し、ドライタイヤに交換した後、前を行くランド・ノリス(マクラーレン)をオーバーテイクしようとした際にロックアップしてしまった。エスケープゾーンへと逃れ、タイヤにフラットスポットを作ったために、タイヤ交換。14番手から着実に追い上げを図っていったフェルスタッペンは、最終ラップでセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)を抜いて7位をつかんだ。  今回フェルスタッペンはタイトルを決めることができず。次戦日本GPでの確定を目指していく。...
asimg_22R17SinSu-Per-RBR2_88633a213dd43e0-660x440.jpg
Oct
02
 2022年F1シンガポールGP決勝で、レッドブルのセルジオ・ペレスは今季2回目、キャリア4回目の勝利を飾った。  2番グリッドからスタートでトップに立ち、全ラップをリードして優勝。.、レース後に、ひとつめの違反には戒告処分(ドライビング)、ふたつめの違反には5秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科された。しかし2位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に7.595秒のギャップを築いていたため、ペレスは勝利を維持することができた。...
asimg_22R17SinSu-Tsu-AT2_72633a0cd00c52b-660x440.jpg
Oct
02
 2022年F1シンガポールGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅はクラッシュによりリタイアした。  10番グリッドからポジションを守って走行、12番手に下がった後、33周目にタイヤをインターミディエイトからミディアムに交換した。その直後、角田はターン10でバリアに突っ込み、マシンから降り、リタイアした。  テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは、決勝を次のように振り返った。 「チームとドライバーたちが週末を通してハードワークを行ってきたにもかかわらず、我々は2台で大量のポイントを稼ぐチャンスを最大限に生かすことができなかった。エンジニアリングチームが、ドライタイヤにスイッチすると決めたタイミングが早すぎたためだ。それによってふたりともトラックポジションを落とした。裕毅は(コース復帰の)直後に残念ながらコースオフした」 「その結果、1台しか完走させることができず、本来獲得できたはずのポイント数より大幅に少ないポイントしか手にすることができなかった。」...
asimg_22R17SinSu-Per-XPB2_a76339f86940983-660x440.jpg
Oct
02
 セルジオ・ペレス(レッドブル)はF1シンガポールGP決勝中、セーフティカー出動時にレースをリードしていた際に、セーフティカーとの距離を10車身以内に保たなければならないという規則を2度にわたり破ったと判断された。しかし処罰は5秒のタイムペナルティにとどまり、優勝を維持することができた。  F1競技レギュレーション第55.10条において、レースリーダーは、セーフティカーの後ろを走行する際、ライトが消えるまでは、セーフティカーとの距離を10車身以内に保たなければならないと定められている。この規則に、レース優勝者のペレスが反した疑いで審議が行われた。  2回の違反があったと考えられ、5秒ペナルティを2回受けて合計10秒が加算されることも予想された。その場合にはペレスは優勝を失うことになるため、審議結果に大きな注目が集まっていた。  スチュワードは、現地月曜深夜1時半過ぎに声明を発表、ペレスが違反を2回犯したとしてそれに対する処罰を明らかにした。ペレスは、ひとつめの違反には戒告処分(ドライビング)、ふたつめの違反には5秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科された。...