WRC:トヨタ、競技2日目の6SS中5SSで最速。3SS制したエバンスには「みんなが驚いたと思う」とマキネン

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Jan 24, 2020.

By Auto News on Jan 24, 2020 at 8:12 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     1月24日に行われた2020年WRC世界ラリー選手権第1戦モンテカルロの競技2日目。ワークスチームとして3台のトヨタ・ヤリスWRCを投じるTOYOTA GAZOO Racing WRTは、この日行われた6SS中5SSでトップタイムを刻む快走をみせ、セバスチャン・オジエが総合首位、エルフィン・エバンスが1.2秒差の総合2番手につけた。

     ラリー・モンテカルロの競技2日目は、サービスパークが設けられたフランス・ギャップを中心にフランス国内でSS3〜8までが行われた。全6SSの合計距離は122.58kmで今大会最長距離で争われる1日だ。

     前日のSS2終了時点で首位と25.4秒差の総合4番手だったエバンスは、SS3で13分22秒の最速タイムを記録して総合2番手に浮上。トップと5.4秒差まで迫る。
    .
    エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)

     エバンスは続くSS4でもステージ優勝を飾って総合首位の座を奪うと、SS5も制してリードを拡大。8.9秒のリードを持って午前中の走行を終えた。

     午後の走行では、総合3番手だったオジエがペースアップし、SS6〜7と連続でステージ優勝を飾り、エバンスに2.7秒差の総合2番手に浮上する。

     迎えた競技2日目最終ステージSS8は20.59km。ここではオジエが13分14秒1のタイムを刻んだのに対し、エバンスは13分18秒に終わり、3.9秒差をつけられて、総合首位が入れ替わった。

     この結果、競技2日目はオジエが総合首位で終了。1.2秒差の総合2番手にエバンスが続き、トヨタ勢がワン・ツー体制を構築した。首位と6.4秒差の総合3番手はティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)だった。

     このラリー・モンテカルロでWRC最上位クラスデビューを果たしたカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)は、この日の6SSすべてでステージトップ7に食い込む走りをみせ、総合6番手で完走。ワークスチーム外で4台目のヤリスWRCを操る勝田貴元は、ロバンペラに続く総合7番手で競技2日目を終えている。

    ■マキネン代表「ふたりとも本当に素晴らしく、ミスもまったくしなかった」とエバンス&オジエを評価


     チーム代表のトミ・マキネンは「午前中のエルフィン(エバンス)の速さは非常に印象的で、みんなが驚いたと思う」とエバンスの走りを評価している。

    「我々のドライバーはクルマの性能をすべて引き出して戦い、素晴らしい1日になった。セバスチャン(オジエ)は快適な走りを求めて少しづつスピードを上げていき、ついにこのラリーで勝てるだけのパフォーマンスを発揮した」

    「ふたりとも本当に素晴らしく、ミスもまったくしなかったんだ。クルマに対する理解が深まった分だけ、スピードが上がったのだろうね」

    「カッレ(ロバンペラ)もまた称賛すべき仕事をした。つねに学びを続けているし、コンディションが安定した時の走りはとてもよかったと思うよ」
    .
    タイヤ交換作業中のセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)

     総合首位につけたオジエは「午前中はクルマを完全には快適に感じることができず、少し慎重になり過ぎていいリズムを掴めなかった。しかし、セットアップを少し変えて臨んだ午後のステージではフィーリングが好転し、何度かいいタイムを刻むことができた」とコメント。

     午前中の3SSすべてを制したエバンスは「午前中のコンディションはとても難しく、タイヤのグリップが頻繁に変わった。しかし、ヤリスに大きな自信を持つことができたから、いい朝になった」と述べている。
    .
    タイヤ交換中のエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)。全体重を乗せてナットを締める

    「午後のステージの1本目(SS6)では、少し安全サイドに振った走りになってしまった。2本目のステージ(SS7)はうまく走れたが、最後のステージ(SS8)は多くのクルマが通過したことでコンディションが非常に悪く、タイヤ選択に関して少し冒険し過ぎたかもしれない」

    「それでも全体的にはいい1日だったから、明日もトライし続けるよ」
    .
    WRC最上位クラスデビューを果たし、笑顔をみせるカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)

     ヤリスWRCだけでなく、最上位クラスでの戦いも初経験のロバンペラは「学ぶべきことはまだ山ほどあるが、走れば走るだけクルマを快適に感じられるようになっている」と自身の成長を説明している。

     2020年のWRC第1戦モンテカルロ、競技3日目となる25日はSS9〜12の全4SSで争われる。4SS合計の走行距離は75.2kmだ。全ステージ完走後はギャップで最終サービスを受けた後、約250km離れたモナコへ移動し最終日に備えることになる。
    .
    リエゾン区間を走る勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Jan 24, 2020.

Share This Page