ナニー二が独走で初優勝。岩佐歩夢は10位入賞で手堅くポイント獲得【FIA-F3第4戦ハンガリー レース2】

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Jul 31, 2021.

By Auto News on Jul 31, 2021 at 10:05 AM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     現地時間7月31日(土)、2021年FIA-F3第4戦ハンガリーのレース2がハンガロリンクで開催され、マッテオ・ナニーニ(HWAレースラボ)が初優勝。岩佐歩夢(ハイテックGP)は10位入賞を果たした。

     レース2のスターティンググリッドはレース1のトップ12がリバースグリッドとなり、エンツォ・フィッティパルディ(チャロウズ・レーシング・システム)がポールポジション。2番手にロマン・スタネ(ハイテックGP)、3番手はナニーニ、4番手にジャック・ドゥーハン(トライデント)、レース1で優勝した岩佐は12番手スタートとなった。

     天候は晴れ。気温28.9度、路面温度はレース1よりも10度近く高い45.5度でドライコンディション。タイヤ交換義務はなく規定周回数は22周。日本時間の1時05分にフォーメーションラップが開始され、レースがスタートした。

     ナニーニが好スタートを切って2番手に浮上。ターン1ではフィッティパルディの横に並びかけ、その後もマシンを左右に振ってスペースをうかがいながらアグレッシブに走行。後方では岩佐が1つ順位を上げて11番手で1周目を完了する。

     4周目、DRSを使ったナニーニがホームストレートエンドでフィッティパルディを捉えてトップに浮上。フィッティパルディも食い下がるが、ナニーニのペースが速く、ここから独走状態を築くことに。後方ではアムーリ・コルデール(カンポス・レーシング)がトラブルでピットインし戦線離脱することになった。

     ナニーニの追い抜き以降は、追い抜きしづらいコースレイアウトも影響してかバトルもなく淡々とレースを消化。レース距離の半分となる11周目が終了した時点でナニーニは2番手フィッティパルディに2.584秒差をつけ、3番手にスタネ、4番手にアレクサンダー・スモリヤー(ARTグランプリ)というオーダーとなる。

     残り5周となった18周目、ポイントリーダーのデニス・ハウガー(プレマ・レーシング)が、抜きあぐねていたジャック・ドゥーハン(トライデント)をようやく攻略して6番手に浮上。ドゥーハンから13番手のカイオ・コレ(MPモータースポーツ)までがトレイン状態となりワンミスが命取りな状態が続く。

     ドゥーハンはここまでのバトルで時々タイヤをロックさせる光景が見られており、ついにタイヤが悲鳴を上げたかズルズルと順位を後退。19周目には岩佐がドゥーハンを交わしてポイント圏内となる10番手浮上に成功した。

     21周目、レイトブレーキングを得意とするハウガーはダービッド・シューマッハー(トライデント)を抜いて5番手へ。ファイナルラップに突入する際には3番手スタネ、4番手スモリヤー、そしてハウガーがパックとなる。

     そしてレースを制したのはナニーニで今季初優勝。フィッティパルディが2位に入りスタネは3位を死守。岩佐もアーサー・ルクレール(プレマ・レーシング)の猛攻をしのいで10位入賞を果たした。

     ポイントランキングはハウガーが127点で首位をガッチリキープ。2番手は82点のオリ・コルドウェル(プレマ・レーシング)、3番手には74点のジャック・ドゥーハン(トライデント)、岩佐は39点で10番手となっている。

     週末でもっとも大量にポイントを獲得できるレース3は日本時間8月1日(日)17時35分から行われる。

    ■FIA-F3第4戦ハンガリー レース2 暫定リザルト

    Pos. No. Driver Team Time/Gap
    1​
    14​
    M.ナニーニ HWAレースラボ
    22Laps
    2​
    30​
    E.フィッティパルディ チャロウズ・レーシング・システム
    2.519
    3​
    12​
    R.スタネ ハイテックGP
    3.836
    4​
    8​
    A.スモリヤー ARTグランプリ
    4.348
    5​
    1​
    D.ハウガー プレマ・レーシング
    4.622
    6​
    6​
    D.シューマッハー トライデント
    5.607
    7​
    21​
    L.コロンボ カンポス・レーシング
    7.013
    8​
    5​
    C.ノバラック トライデント
    8.900
    9​
    29​
    L.サージェント チャロウズ・レーシング・システム
    11.815
    10​
    11​
    岩佐歩夢 ハイテックGP
    12.632
    11​
    2​
    A.ルクレール プレマ・レーシング
    12.918
    12​
    18​
    C.コレ MPモータースポーツ
    13.706
    13​
    4​
    J.ドゥーハン トライデント
    17.611
    14​
    9​
    J.マヌエル-コレア ARTグランプリ
    18.039
    15​
    19​
    T.バン・デル・ヘルム MPモータースポーツ
    20.230
    16​
    7​
    F.ベスティ ARTグランプリ
    22.849
    17​
    24​
    J.ヒューズ カーリン
    25.634
    18​
    31​
    R.デ・ジェルス チャロウズ・レーシング・システム
    28.351
    19​
    27​
    J.ホガード イェンツァー・モータースポーツ
    30.084
    20​
    28​
    F.ウグラン イェンツァー・モータースポーツ
    32.100
    21​
    10​
    J.クロフォード ハイテックGP
    33.308
    22​
    16​
    R.ヴィラゴメス HWAレースラボ
    35.037
    23​
    20​
    L.トーチ カンポス・レーシング
    35.451
    24​
    26​
    C.ウィリアムズ イェンツァー・モータースポーツ
    36.564
    25​
    17​
    V.マルタンス MPモータースポーツ
    37.374
    26​
    25​
    J.エドガー カーリン
    44.223
    27​
    23​
    I.コーエン カーリン
    1’19.932
    28​
    15​
    O.ラスムッセン HWAレースラボ
    1’25.608
    29​
    3​
    O.コルドウェル プレマ・レーシング
    1Lap
    —​
    22​
    A.コルデール カンポス・レーシング
    DNF​


    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Jul 31, 2021.

Share This Page