メルセデスF1代表、アルボンとウイリアムズの契約には「知的財産を保護する条項」が含まれると明かす

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Sep 14, 2021 at 3:33 PM.

By Auto News on Sep 14, 2021 at 3:33 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     メルセデスのチーム代表であるトト・ウォルフは、アレクサンダー・アルボンのウイリアムズとの契約には、メルセデスエンジンの知的財産の機密性を保護する“非常に厳格な”条項が含まれていることを明かした。

     アルボンが2022年シーズンにウイリアムズからグリッド復帰するにあたって、アルボン、彼の現在の雇用者であるレッドブル、ウイリアムズ、エンジンサプライヤーであるメルセデスの4者による交渉が行われた。

     話し合いのなかでウォルフは、アルボンはウイリアムズと契約する前にレッドブルとの関係をすべて断つ必要があると示唆した。2022年からホンダのエンジンプログラムを引き継ぐレッドブルとの関係を保ったままのアルボンが、メルセデスのカスタマーチームでレースをすることで生まれる潜在的な利害の衝突を回避するためだ。

     アルボンが契約すると、レッドブルは将来のオプションは残したまま、彼を2022年に向けたすべての契約上の義務から解放することを発表した。

     ウォルフは、すべての関係者が到達した最終的な妥協案と、それに含まれるメルセデスのパワーユニットの知的財産を保護する一連の規定に満足していると述べた。

    「我々はチームがドライバーを選ぶ権限を常に尊重していた」とウォルフはモンツァで語った。

    「ドライバーの決定について誰かが干渉してくることは望まなかっただろう。同様に、我々には利用できるような契約上の権利は何もなかった。なぜならチームのドライバー決定に干渉するのが正しいことだとは考えていないからだ」

    「我々にとって重要だったのは、他のパワーユニットマニュファクチャラー所属のドライバーがチームに入る場合、厳格で明確な知的財産機密条項を持つことだった。その件については常にウイリアムズと一致していた。彼らは我々の立場と、守るべき重要な点について正確に理解している」

     ウォルフはアルボンの契約状況について言及するなかで次のように付け加えた。

    「彼は今後12カ月は基本的にウイリアムズのドライバーだ。その期間内に彼はレッドブルとはなんのつながりも持たない」
    .
    2022年のウイリアムズF1加入が発表されたアレクサンダー・アルボン

     来シーズン、ニコラス・ラティフィのチームメイトになるアルボンは、2022年にはF1で3シーズン目を迎えることになる。2019年にトロロッソからデビューしたアルボンは、そのシーズン途中でレッドブルに昇格した。だが残念ながらアルボンは、チームがセルジオ・ペレスを獲得したことにより、2020年末にシートを失った。

    「正直なところ、アレックス・アルボンについては私がかかわることではないが、私は完全に協力的だ」とウォルフは語った。

    「彼はF1にいるに値する。彼は素晴らしい人物だし、彼がF1にいることをうれしく思う」

    「彼はそこにいたが、アルファタウリにもレッドブルにも居場所を得られなかった。だが彼は今ではウイリアムズに所属しており、うまくいけば長期間留まることになるだろう」
    .
    ウイリアムズF1の2022年ラインアップ、ニコラス・ラティフィとアレクサンダー・アルボン

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Sep 14, 2021 at 3:33 PM.

Share This Page