フェラーリF1、スペインでの大型アップデートを前に、モンツァでフィルミングデー走行を実施

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, May 13, 2022 at 4:15 PM.

By Auto News on May 13, 2022 at 4:15 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     スクーデリア・フェラーリが、5月13日、イタリア・モンツァで、フィルミングデー走行を実施、シャルル・ルクレールがF1-75で走行した。

     第5戦終了時点でフェラーリとルクレールは、コンストラクターズ選手権とドライバーズ選手権でそれぞれ首位に立っている。しかしこの2戦、レッドブルのマックス・フェルスタッペンに敗北を喫し、リードは大幅に減ってしまった。
    .
    2022年F1第5戦マイアミGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)

     フェラーリは次戦スペインGPで、今シーズン初の大型空力アップデートを実施することを予定している。バルセロナ・サーキットは、プレシーズンテストの会場でもあり、すべてのチームがたくさんのデータを蓄積している場所だ。フェラーリはここで、CFDシミュレーションおよび風洞テストでの結果と比較し、新パーツが実際のコース上で期待している成果をもたらしているのかどうかを確認する。

     このアップグレード計画は、数カ月前から定められていた。フェラーリはバルセロナでのプレシーズンテストで走らせたマシンは非常に堅実なベースラインになると確信し、これまで基本的には大きな変更を加えずに戦ってきた。最初の大型アップグレードを実戦に投入する前に、フェラーリはモンツァで、レギュレーションにおいてプロモーションイベントとして許されている、いわゆる“フィルミングデー”としての走行を行った。規則によって走行距離は100kmに制限されており、これはモンツァでは約17周にあたる。

     当日、サーキットへの関係者以外の立ち入りを完全に禁止し、マシンの詳細を知られないよう対策した上でテストを行った後、フェラーリは、SNSを通して、モンツァでフィルミングデー走行を行ったことを明かしている。



    p>

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, May 13, 2022 at 4:15 PM.

Share This Page