BTCホンダのジョシュ・クック連勝。ポール獲得のBMWターキントンも今季初勝利/BTCC第2戦

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, May 18, 2022.

By Auto News on May 18, 2022 at 1:33 AM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     5月14~15日の週末にブランズハッチ、インディ・サーキットで争われた新時代のBTCCイギリス・ツーリングカー選手権第2戦は、今季より“ブラック&グラファイト”のカラースキームをまとうジョシュ・クック(リッチ・エナジーBTCレーシング/FK8型ホンダ・シビック・タイプR)が、雨混じりのトラックで快心の連勝劇。予選でキャリア通算25回目のポールポジションを獲得していた4冠王者コリン・ターキントン(チームBMW/BMW 330e M-Sport)も、最終ヒートで共通ハイブリッド搭載車での初勝利を飾っている。

     複数年計画で準備を進めて来たコスワース・エレクトロニクス社製のTOCAハイブリッド・システムを組み込み、ついに新時代の幕開けを迎えたBTCCは、全車横並び条件でエクストラパワーを採用した開幕戦を経て、実質的な“勢力図争い”の1戦を迎える。

     前戦の成績に応じて、このラウンドからハイブリッド導入に伴う新規則が適用され、昨季までのサクセスバラストに代わりランキング1位はラップあたり0秒、11番手以降は同15秒のエレクトリック・パワーの使用許可が出るなど、予選から未知の世界での勝負となった。

     さらに開幕戦のバランスを再検討したシリーズオーガナイザーのTOCAは、当初予定されていた15秒/ラップではなく、短いインディ・サーキットでの3ヒートを考慮し、週末を前に決勝でのハイブリッド使用秒数を1周あたり10秒に短縮する判断も下した。

     その最初のセッションとなるFP1では、開幕戦レース1を制覇してランク首位に立ったトム・イングラム(ブリストル・ストリート・モータース・ウィズ・エクセラー8トレードプライスカーズ・ドットコム/ヒョンデi30ファストバック Nパフォーマンス)がトップタイムをマーク。イングラムは予選ではハイブリッド使用不可、決勝では24周中9周のみとなるため「これまでの最大バラストを運ぶほどの影響はないと思うが、単純な事実に関して物事がどのように展開されるかわからない。少し冒険になるだろうね」と、その先を見据える言葉を残した。

     そのポイントリーダーの予言どおり、伏兵ステファン・ジェリー(チームBMW/BMW 330e M-Sport)が最速を記録したFP2を経て始まった予選では、そのBMW陣営がスピードを披露し、古豪WSRの3台が最前列からのグリッドを占拠。順当にポール確保のターキントンに続き、今季よりジョイントチームで参戦するジェイク・ヒル(MBモータースポーツ・パワード・バイ・ロキット/BMW 330e M-Sport)がフロントロウを奪取し、2列目3番手にジェリーが続く結果となった。

    「鋭い結果でセッションを終われるのは良いことだ。終始マシンバランスの改善に取り組み、クルマはとても快調に走ってくれた。スムースさを心掛け、オーバードライブしないように気をつけたし、アタックラップにはとても満足している」と振り返ったターキントン。
    .
    ドライで実施された土曜予選は、BMW陣営が1-2-3-4を占拠するなど、FR車両が抜群の速さを披露した
    .
    日曜雨混じりとなったレース1では、終盤に向けBMWのグリップが低下傾向となり、ジェイク・ヒル(MBモータースポーツ・パワード・バイ・ロキット/BMW 330e M-Sport)も順位を落とす結果に
    .
    「オフから大変な作業だったけど、この勝利とポイントスコアについては満足している」と連勝のジョシュ・クック(リッチ・エナジーBTCレーシング/FK8型ホンダ・シビック・タイプR)

    .


     しかし日曜決勝はスタート前の急な雨雲襲来で様相が一変し、4番手アダム・モーガン(カー・ゴッツ・ウィズ・シシリー・モータースポーツ/BMW 330e M-Sport)まで4台並んだBMW勢を出し抜き、FF勢最上位となる5番手発進だったクックが躍進。数台がスリックタイヤを選択する難しい路面コンディションのなか、オープニングラップで3番手に進出したBTCホンダだったが、1度は“サーティース”でワイドになり4番手へと逆戻り。

     そのままフロントタイヤ発動を待って7周目にジェリーを仕留めたクックは、13周目の“パドック・ヒル”で漆黒のBMWを、4周後にそのオーバーテイクを再現するかのような動きで4冠ターキントンをパスし、そのままトップチェッカー。BMW勢は終盤さらにグリップを失ってラインを外すことが増え、その隙を突き“ノン・ハイブリッド”のイングラムと、新生モーターベース・パフォーマンスから参戦のダン・カミッシュ(NAPAレーシングUK/フォード・フォーカスST)がポディウムを獲得する結果となった。

     続くレース2でも勢いを維持したホンダのクックは、小雨が降り続くなか全車ウエットを装着した勝負でも速さを披露し、2位カミッシュ、3位にロリー・ブッチャー(TOYOTA GAZOO Racing UK/トヨタ・カローラGR SPORT)が続く表彰台に。TGRカローラにとってはこれが今季初表彰台となり、レース1はスリック装着で最後尾付近まで沈みながら、レコードラインが乾いた終盤7位までカムバックした前戦ギャンブルの雪辱を晴らす結果となった。

     そして週末最終ヒートのレース3は、2度のセーフティカーが介入する荒れた展開となるなか、フルウエットと化した路面で息を吹き返したターキントンが冷静さを発揮して今季初優勝。2位に僚友のヒル、3位にはシリーズ復帰組のボビー・トンプソン(オートブライト・ダイレクト・ウィズ・ジャーニーヒーロー/セアト・クプラBTCC)が入った。

    「簡単な日曜ではなかったが、勝利で終われたのは何よりだ。とても気分が良いね(笑)」と満足げに語ったレース3勝者のターキントン。「昨日は完全にドライの状態でポールを獲得したが、今日は完全に濡れた状態で勝つことができた。BMWを充分に活用できないのはその中間の天候で、残念ながら今日のふたつのレースでそれが発生した」

     一方、この週末2勝と成功を収めたクックも「これを続ける必要がある」と、すでに選手権を見据えて気を引き締めた。「昨年は週末が悪かったために、チャンピオンシップ争いに敗れたと考えている。僕らは今後も大きなポイントを獲得し続ける必要があるし『太陽が輝いている間に干し草を作り』、チームを後押ししていくつもりさ」

     この週末の結果、イングラムが変わらずランキング首位を維持し、クックが8ポイント差の2位に浮上。続くBTCC第3戦は5月28~29日に高速スラクストンで争われる。
    .
    トム・イングラム(ブリストル・ストリート・モータース・ウィズ・エクセラー8トレードプライスカーズ・ドットコム/ヒョンデi30ファストバック N パフォーマンス)が選手権首位を維持。「つねにトラック状況が変化する難しい週末だった」
    .
    レース1でスリックを履くギャンブルに出たロリー・ブッチャー(TOYOTA GAZOO Racing UK/トヨタ・カローラGR SPORT)は、7-3-5位と全戦シングルを獲得
    .
    「簡単な日曜ではなかったが、勝利で終われたのは何よりだ。とても気分が良いね(笑)」と勝者コリン・ターキントン(チームBMW/BMW 330e M-Sport)

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, May 18, 2022.

Share This Page