アルピーヌF1離脱が囁かれるアロンソ、ベッテルの後任としてアストンマーティン加入の噂が再燃

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, May 18, 2022.

By Auto News on May 18, 2022 at 2:48 AM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     2022年限りでのBWTアルピーヌF1チーム離脱が囁かれるフェルナンド・アロンソが、セバスチャン・ベッテルの後任としてアストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チームに加入するとの噂が広まっている。

     2021年のF1復帰以来アルピーヌからの参戦を続けるアロンソだが、現在は彼の来シーズンの去就に注目が集まっている。アロンソは「.」の現役続行を望んでいるが、それがアルピーヌからの参戦になるかは不透明だ。

     理由はアルピーヌ育成ドライバーのオスカー・ピアストリの存在にある。ピアストリは2020年にFIA F3参戦1年目にしてチャンピオンを獲得すると、翌2021年にはFIA F2にステップアップしこれも制覇。現在はアルピーヌF1のリザーブドライバーに専念しているが、マネージャーを務めるマーク・ウェーバーを含め、この有望株のF1デビューを望む声は大きい。
    .
    2022年F1第5戦マイアミGP オスカー・ピアストリ(アルピーヌ)

     アルピーヌはエステバン・オコンとの契約を2024年まで残しているが、昨年アロンソと結んだ契約は単年のみ。そのため今季限りでアロンソがチームを離脱し、ピアストリが昇格するのではないかという憶測が広まっている。

     アロンソ自身もアルピーヌ以外からのF1参戦も視野に入れていることをすでに明言しており、ドイツの『F1-insider』はその移籍先としてアストンマーティンが有力だとの見方を示している。

     現在ベッテルとランス・ストロールというコンビで戦うアストンマーティンだが、ベッテルとの契約は今季で満了する。『F1-insider』によれば、アストンマーティンのオーナーであるローレンス・ストロールは、「お気に入り」ドライバーであるアロンソを、息子ランスのチームメイトとして迎え入れようとしているという。

     アロンソのアストンマーティン加入は2021年にも噂されており、それが再燃した形となる。ほかにもアロンソの去就についてはレッドブルへの移籍や、アロンソが残留しピアストリがウイリアムズからF1デビューを果たすとのシナリオも囁かれているが、どれも憶測の域を出ていない。アロンソはアルピーヌとの交渉を「夏ごろに始める」と語っている。
    .
    2022年F1第5戦マイアミGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
    .
    2022年F1第2戦サウジアラビアGP ローレンス・ストロールとフェルナンド・アロンソ

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, May 18, 2022.

Share This Page