新生GTワールドチャレンジ・アジアには25台がエントリー。ジャパンカップには15台超が参戦へ

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, May 18, 2022.

By Auto News on May 18, 2022 at 4:52 AM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     5月18日、ファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア・パワード・バイAWSを運営するSROモータースポーツ・グループは、5月20〜22日に開幕する第1戦セパンを前に、2022年のエントリーリストを発表した。第1戦セパンは8台というエントリーだが、7月15〜17日の第2戦鈴鹿には日本チーム/ドライバーが数多く参加し、24台以上がグリッドに揃うことになりそうだ。

     新型コロナウイルス感染拡大の影響にともなう渡航制限のため、2020年、2021年はシリーズが開催できなかったGTワールドチャレンジ・アジア。2022年に向けては、そのスタイルを変え、第1戦セパンの後は第2戦鈴鹿、第3戦富士、第4戦SUGO、第5戦岡山と4戦を日本で開催。この4レースに日本人ドライバー、もしくは日本のライセンスで2名が参戦するチームに“ジャパンカップ”の冠をかけた。最終戦はふたたびアジアに転じ、インドネシアのマンダリカで開催される。

     そんなシリーズの開幕を前に、SROは5月18日にシリーズのエントリーリストを発表した。第1戦セパンは8台がエントリーし、日本からは横溝直輝と密山祥吾のコンビで参戦するYogibo Racingのフェラーリが挑む。

     第2戦鈴鹿からは、第1戦に参戦した8台のうち、EBMのポルシェ1台をのぞく7台、そしてジャパンカップに参戦する15台、ジャパンカップではないものの、鈴鹿から登場する2台がエントリーし、24台がすでに名を連ねている。SROでは、このリストは暫定的なものであり、さらに増加する可能性があるとしている。

     ドライバーや車種の顔ぶれも非常に豊かで、海外から参戦するチームもポテンシャルはかなり高そう。60分のスプリントフォーマット、そして国内外のコンペティターが争うレースをひさびさに日本で楽しむことができそうだ。

    .


    .
    これまでもGTワールドチャレンジ・アジアへの挑戦の実績があるCarCuy Racing
    .
    2020年のスーパー耐久を走るD’station Racingのアストンマーティン・バンテージAMR GT3
    .
    Yogibo Racingのフェラーリ488 GT3エボ
    .
    GTワールドチャレンジ・アジアのジャパンカップに参戦することになったCOMET RACINGのメルセデスAMG GT4
    .
    GTワールドチャレンジ・アジアのジャパンカップに参戦することになったCOMET RACINGのホンダNSX GT3
    .
    スーパー耐久にも参戦しているPorsche Center Okazaki
    .
    ABSSA MOTORSPORTのマクラーレン720S GT3
    .
    Team Uematsuのマクラーレン720S GT3のカラーリング
    .
    GTワールドチャレンジ・アジアにフル参戦するアウディスポーツ・アジアのR8 LMS
    .
    アール・バンバー・モータースポーツがポルシェでGTワールドチャレンジ・アジアに挑戦する。

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, May 18, 2022.

Share This Page